薄毛の対策

はげたら植える!前頭・頭頂部の自毛植毛(薄毛手術)の効果・注意点

ハゲたら植える植毛手術
薄毛(ハゲ)になってから長い年月が経った…。毛根は死滅していて髪の毛が生えてこない!
このまま薄毛(ハゲ)でいるのは耐えられないし、カツラも被りたくない…。

そんな人には、植毛手術がオススメかもしれません。育毛シャンプー、育毛剤、サプリメント、薬など様々な薄毛対策を講じてきたけれども効果を感じられなかった人にとって、植毛手術は最後の希望。

「薄毛は手術で治す!はげたら植える時代」がやってきたといえます。そこで今回は、薄毛対策の最終兵器ともいえる植毛手術について、メリットやデメリットを紹介します。

薄毛治療に革命?植毛手術による薄毛改善効果とは

薄毛は植毛で治す

植毛手術を考えている人には、これまで育毛シャンプーや育毛剤などで薄毛対策を行ってきたけれども効果が感じられなかった人や、AGAクリニックで治療を進めてきたけれども効果が今ひとつだった人も多いはずです。

植毛手術で髪の毛の移植を行った部分は、半永久的に生え替わり続けるらしい!

という話を耳にして、歓喜している人もいるかと思います。それでは、薄毛治療において革命的な存在ともいわれる植毛治療の効果を紹介していきます。

人工毛植毛と自毛植毛の違い

人工毛植毛と自毛植毛の違い

そもそも植毛とは、薄毛が進行している部分に毛を植え込む外科手術を意味します。植毛には、「人工毛植毛」と「自毛植毛」の2種類があります。

どちらも、外科手術を伴う医療行為であり、頭皮に毛を植えるということでは共通していますが、最も大きな違いは「植える毛」にあります。

人工毛植毛とは、ポリエステルやナイロンといった合成繊維でつくられた人工的な毛を頭皮に植える方法です。

植える人工毛の量は、自分の好きな量を植えることができるため、理想の状態により早く近づけることが可能です。

自毛植毛とは、自分の髪の毛を薄毛が進行している部分に植える方法です。

例えば、薄毛が進行している部分が前頭部(生え際)や後頭部(つむじ)付近で、側頭部や後頭部はフサフサだったとします。

この場合、フサフサな後頭部の髪の毛を毛根ごと採取して、薄毛が進行している前頭部(生え際)や後頭部(つむじ)付近に植えます。

このように、自分の頭皮に生えている髪の毛を、自分が気にしている薄毛部分に植えるため自毛植毛と呼ばれています。

人工毛植毛の効果と注意点

人工毛植毛とは

現在では、人工毛植毛による移植手術は用いられなくなっています。アメリカでは人工毛植毛は禁止されています。

その最大の理由は、身体的なリスクにあります。人工毛はナイロンやポリエステルといった合成繊維でつくられているため、身体に拒絶反応がでる可能性が高くなります。

人工毛植毛のメリット

人工毛植毛は、自毛植毛に比べて費用を非常に安く抑えることができます。人工毛植毛の場合、クリニックによっては自毛植毛の1/10程度まで抑えることができるため、10万~20万円程度でも人工毛の植え付けができます。

人工毛植毛は、自分の髪の毛を使う必要がないため、何本でも植えることができます。

人工毛植毛は、増毛の効果を感じやすい傾向にあります。人工毛なので本当の髪の毛ではありませんが、1本1本植えていくことで確実に髪の毛が増えていると実感することができます。

後述しますが、人工毛植毛は精神的にも身体的にもリスクが高いため、当サイトでは推奨していません。

人工毛植毛のデメリット

人工毛による植毛のため抜け落ちた髪の毛が再び生えてくることはありません。

何らかの外的要因などで人工毛植毛により植えた髪の毛が引っ張られて抜け落ちてしまえば、その部分から新しい髪の毛が生えてくることはありません。

人工毛は合成繊維でつくられているため不自然な見た目になりがちです。人によっては、カツラに近いようなイメージを感じるかもしれません。

また、植毛した人工毛は伸びないため、自分の髪の毛が伸びると違和感があらわれます。散髪の際にも、人工毛を切らない工夫が必要です。

クリニックで定期的な診察が必要です。人工毛植毛では、手術後も定期的にクリニックに足を運び、定着状態の診察を行う必要があります。

また、人工毛は頭皮にとって異物であるため抜けやすく、人工毛の植え替えも定期的にしなければなりません。金銭的にも時間的にも相当な負担が掛かります。

人工毛植毛は身体の拒否反応が起こりやすく身体的なリスクが高い傾向にあります。人工毛は人間の身体からすると異物であり、人工毛植毛では頭皮が拒絶反応を起こしやすくなります。

頭皮が拒絶反応を起こした場合、炎症やかゆみといった頭皮トラブルを引き起こしてしまいます。

人工毛植毛の最大の問題点

人工毛植毛はリスクが高すぎる

人工毛植毛の最大の問題点は身体的なリスクの高さです。デメリットにも記載しましたが、人工毛は人間の身体にとって異物です。頭皮の炎症やかゆみだけならば良い方で、頭皮の化膿や感染症といった更に大きなリスクも潜んでいます。

クリニックで行う人工毛の定期的なメンテナンスは我慢できる
合成繊維でできた不自然な髪の毛でも耐えられる

という人でも、もし自分の頭皮が取り返しが付かないほどにダメージを負ってしまった場合を考えてみてください。きっと、安易に手を出してしまったことを後悔するはずです。

それでは、人工毛植毛がなぜ危険なのか見ていきましょう。

人工毛植毛ではポリエステルやナイロンといった合成繊維でつくられた人工毛を抜けにくいように頭皮の奥にしっかりと植えます。実は、この奥深くに植えることが非常に危険なのです。

通常の髪の毛はヘアサイクル(毛周期)というものがあり、十分に成長した後には、やがて自然に抜け落ちます。

そして、抜け落ちた髪の毛と同じ毛穴から新しい髪の毛が生えてくるのですが、その際に皮脂や汚れなどを押し出します。このようにして頭皮は自浄作用を働かせていますが、人工毛の場合では自浄作用を働かせることができません。

頭皮の奥深くに植えられた(刺さった)人工毛は、頭皮の化膿や感染症といった頭皮トラブルを引き起こす原因にもなります。自毛植毛と比べて安いからと安易に手を出すのは危険です。

人工毛手術は危険なため禁止されている国もあります。そのため、当サイトでは自毛植毛のみを推奨しており、人工毛植毛は推奨していません。

自毛植毛の効果と注意点

自毛植毛の効果と注意点とは

自毛植毛は、アメリカや韓国といった美容意識の高い国では、一般的な薄毛対策として知られています。イギリスのサッカー選手ルーニーさんも自毛植毛を告白しています。

そういえば最近、あの芸能人も髪の毛が復活してる!

最近では、日本でも芸能人が密かに自毛植毛を行っていたりして注目を浴びています。

抜け毛・薄毛対策では、AGA治療が広く世間では知られています。しかし、最近では植毛分野の医療技術が大幅に向上していることもあり、薄毛対策の最前線として非常に注目されています。

自毛植毛の種類

自毛植毛には何種類か方法があり、それぞれ特徴があります。自毛植毛の方法によって、髪の毛の定着率や頭皮の負担も大きく変わります。当サイトでは、ダイレクト法を用いた自毛植毛手術を推奨しています。

ニードル法:植毛手術に用いられる細い針を使用して髪の毛を植え込みます。傷が小さく頭皮への負担が少ないことが特徴です。

ダイレクト法:皮膚を切らない方法でメスは用いません。毛根ごとダイレクトに採取して移植するため、髪の毛の負担になる要素が少なく定着率も高い方法です。

この方法を取り入れた自毛植毛手術は、アイランドタワークリニックの「i-Direct」が有名です。

ストリップ法:後頭部の髪の毛を1cmの帯状に皮膚ごと切り取る方法です。皮膚ごと切り取るため、手術後の痛みが残りやすく、痛み止めが効かないほどに傷跡が痛むことがあります。

自毛植毛に必要な本数とは

自毛植毛では、「株(グラフト)」(1グラフト=1つの毛穴)という用語を使って、およその髪の毛の本数を把握します。1グラフトにつき2~4本程度の髪の毛が入っています。

薄毛部分に自毛植毛する場合、必要となるグラフト数の目安は以下のようになります。

前頭部(生え際)の薄毛(M字ハゲ) 500-1000グラフト
頭頂部(つむじ)の薄毛(O字ハゲ) 800-1500グラフト
生え際(生え際)と頭頂部(つむじ)の薄毛 1000-2000グラフト
生え際(生え際)から頭頂部(つむじ)の薄毛 3000~5000グラフト

自毛植毛は費用が高い?

自毛植毛の費用

自毛植毛の費用は、薄毛がどれだけ進行していて、どの程度回復させたいかによって差が出ます。以下は自毛植毛にかかる費用の目安になります。(植毛手術は保険適用外の自由診療のため全額自己負担となります。)

クリニックや移植する方法により値段が大きく異なる自毛植毛ですが、ざっくりした目安としては、以下の価格帯におさまるクリニックが多いです。

・100グラフトで、8万~12万円程度
・1000グラフトで、80万~100万円程度

自毛植毛手術を受けた人の費用総額としては、100万~150万円程度が多い傾向にあります。

自毛植毛は高額な費用が掛かる薄毛対策といえますが、植えた髪の毛は半永久的に生え替わる上、メンテナンスも基本的に不要です。自毛植毛で髪の毛が復活すれば、精神的な負担も、かなり軽減することができます。

一方で、育毛シャンプーや育毛剤を使い続けた場合でも費用は掛かります。生涯費用という考え方で、現状の薄毛対策と自毛植毛を比較して考えてみても良いかもしれません。

自毛植毛のメリット

自毛植毛の効果

自毛植毛の最大のメリットは、薄毛部分に移植した髪の毛が抜け落ちてしまった場合でも、抜け落ちた場所から新しい髪の毛が生えてくることにあります。

つまり、一度移植が成功すれば髪の毛が抜け落ちてしまっても、半永久的に何度も生えてくるのです。

そのため、自毛植毛では移植後のメンテナンスが基本的に必要ありません。これまで、辛く感じていた夏のプールや海水浴の他にも、汗をかくスポーツなども髪の毛を気にせず思いきり楽しむことができます。

自毛植毛で移植した髪の毛は自分の髪の毛なので、他の場所(前頭部や頭頂部など薄毛が進行している部分)にも馴染みやすく、自然な見た目になります。

自分の髪の毛を移植するため、拒絶反応が起こりにくいことも特徴です。人工毛植毛では頭皮が異物に拒絶反応を示すリスクが非常に高いですが、自毛植毛では自分の髪の毛を移植するため拒絶反応が起きません。

自毛植毛では、AGA(男性型脱毛症)の影響を受けにくい部分から、髪の毛を毛根ごと移植するため、移植された部分は半永久的に髪の毛が生え変わります。

そのため、AGAの影響を受けて脱毛している部分に植えたとしても、移植した髪の毛はAGAにより脱毛することはありません。

自毛植毛のデメリット

自毛植毛のデメリット

非常に効果が高く薄毛治療の革命的な存在ともいえる自毛植毛ですが、いくつかデメリットもあります。

自毛植毛は自分の髪の毛を使うために移植できる髪の毛には制限があります。

自毛植毛で移植する髪の毛は、フサフサな部分(後頭部や側頭部)から採取しますが、採取しすぎてしまうと今度は逆にフサフサな部分が薄くなってしまう可能性があります。

実際に、自毛植毛で髪の毛を移植しすぎてフサフサだった部分がスカスカになってしまったという例もあります。

髪の毛を採取する範囲や方法によっても異なりますが、髪の毛を採取した部分にわずかな傷が残ります。

ベリーショートや坊主にしたときには採取した後が見えてしまうことがあります。

自毛植毛は費用が高額になります。自毛植毛の費用は移植するグラフト数により変化します。つまり、多くの髪の毛を移植すればするほど治療費は高額になります。

植毛する範囲や方法、クリニックによっても値段が変わりますが、およそ100万~400万円程度が必要になります。

まずは、確かな技術を持ち、誠意ある値段を提示してくれるクリニックを選ぶことが大切です。

自毛植毛によって髪の毛を移植した部分は、何度も髪の毛が生え替わりますが、それ以外の部分は薄毛が進行していくため、”離れ小島”のようになってしまう可能性があります。

例えば、後頭部の正常な髪の毛を、薄毛が進行している前頭部に植えたとします。移植した時点では、前頭部が綺麗に生え揃っているように見えます。

しかし、AGA(男性型脱毛症)による抜け毛や薄毛は進行性の病気のため、AGA治療薬を服用していない場合、年月が経つと前頭部の生え際は後退していきます。

自毛植毛で後頭部から前頭部に移植した髪の毛は抜けずに生え続けるため、その部分だけ髪の毛が残り、”離れ小島”のようになってしまうのです。

そのため、自毛植毛をする場合でも生活習慣を整えることや、AGA治療(プロペシアやザガーロ)を併せて取り入れることが必要です。

移植した髪の毛が定着するまで一定の期間を要します。自毛植毛は人工毛植毛と異なり、植えた後に定着するまでの期間が必要です。

また、自毛植毛では一度で多くの髪の毛を移植することが難しく、広範囲にわたる移植は1回の手術で終わらないことがあります。

移植した髪の毛すべてが定着することはなく、定着までに何回かの移植手術を受ける場合もあります。そのため、発毛を実感するまでに数ヶ月〜半年程度必要になります。

クリニックの医師による技術力の差が、髪の毛を移植した後の見た目を大きく左右します。

自毛植毛による手術は、基本的にメスを使って髪の毛を移植する外科手術であり非常に高度な技術を要求されます。

もしも、移植手術を行う医師に技術力がない場合、髪の毛をうまく定着させられないだけではなく、頭皮に傷をつけたり、生え際が不自然になったり、髪の毛が変な方向を向いて生えたりと様々な問題が生じます。

おすすめの植毛クリニックとは

オススメの植毛クリニック

自毛植毛は高額な費用をかけて人生を変える薄毛対策の最終手段ともいえる方法です。自毛植毛を行う場合は、豊富な実績と高い技術力に加え、充実したアフターフォローサービスがあるクリニックを選びましょう。

アイランドタワークリニック

アイランドタワークリニックは、自毛植毛手術において国内シェアNo.1を誇ります。最先端の設備に加えて、2万人以上の豊富な実績と確かな技術力があります。また、メスを使わない「i-Direct」という方法を用いるため、痛みや傷跡の心配もほとんどありません。

「i-Direct」では、移植した髪の毛が移植された場所に定着する確率(定着率)も高く、手術後は比較的楽に日常生活に戻ることができます。メスで頭皮を切ったりしないため、日帰りで自毛植毛の手術を受けることができます。

アイランドタワークリニックは、新宿、大阪、名古屋、福岡にあります。まずは、無料相談で実際に植毛を体験したアドバイザーからアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか?

公式サイトはこちら

アイランドタワークリニックでは後頭部を刈り上げずに行える植毛手術の方法も用意されていて、周囲にバレてしまう可能性を低くすることもできます。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックでは、自毛植毛ロボット「ARTAS」を利用した自毛植毛手術を行っています。

自毛植毛では、これまで医師によって1本1本の髪の毛を採取して、薄毛が進行している部分に植えていたため、時間がかかっていました。

また、医師によって技術力に差が見られ、採取に失敗した髪の毛がムダになったり、メスで頭皮を傷つけられてしまうこともありました。

そういった問題点を解決するために開発されたのが、自毛植毛ロボット「ARTAS」です。

湘南美容クリニックでも無料相談を行っています。まずは、無料相談でアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか?

自毛植毛ロボット「ARTAS」は正確かつ迅速に髪の毛を採取して、植毛を行うことが可能です。4つのCCDカメラが、毎秒50回の撮影を行い髪の毛の密度や本数を正確に分析します。

前頭部・頭頂部の自毛植毛(薄毛手術)まとめ

抜け毛・薄毛対策まとめ

育毛シャンプー、育毛剤、サプリ、薬など様々な薄毛対策を行ってきたけれども効果を感じられなかった人にとって、自毛植毛は革命的な薄毛対策といえます。

自毛植毛は、アメリカや韓国といった美容意識の高い国でも、一般的な薄毛対策として知られています。そして最近は、植毛技術が非常に向上していることから日本でも最先端の薄毛対策として注目されています。

自毛植毛には、ニードル法、ダイレクト法、ストリップ法といった方法があります。当サイトでは、ダイレクト法を採用している、アイランドタワークリニックの「i-Direct」、あるいは湘南美容クリニックの自毛植毛ロボット「ARTAS」を利用した自毛植毛を推奨しています。

自毛植毛は非常に高い効果が見込める反面、費用も高額になります。そこでまずは、無料相談で専門のアドバイザーからアドバイスを受けてみることから始めてみてはいかがでしょうか?

AGAクリニックの無料カウンセリング予約はこちら

要点まとめ

・人工毛植毛は身体的なリスクが非常に高いため推奨できない。
・薄毛は自毛植毛手術で治す!はげたら植える時代がやってきた。
・自毛植毛は効果が非常に高い反面、費用も高額になる。
・自毛植毛は、アイランドタワークリニックの「i-Direct」がオススメ!
・自毛植毛ロボット「ARTAS」を利用した自毛植毛もオススメ!

【AGA治療おすすめクリニック】
AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック

【発毛実感率99.4%!全国51院(最寄駅3分以内)】AGAスキンクリニックはAGA治療・発毛専門に特化したクリニックです。全国に51院を展開する最大手のクリニックであり、治療実績や症例が豊富にあります。GACKTさんや篠崎愛さんを起用したTVコマーシャル、雑誌や電車内の広告でも知名度は抜群!月3400円から始められるリーズナブルな価格も人気です。

評価(星5個中)
オススメ理由① 発毛実感率99.4%という確かな実績
オススメ理由② 全国で発毛専門院を51院展開!すべて最寄り駅から徒歩3分
オススメ理由③ 最安値に挑戦!月3,400円(税抜き)から始める薄毛治療

詳細ページ公式ページ