【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

あなたは抜け毛や薄毛の本当の原因と正しい対策方法を知っていますか?

抜け毛や薄毛が進行する原因は頭皮の汚れでしょうか?育毛剤や育毛シャンプーを使用すれば治りますか?
抜け毛や薄毛が進行する本当の原因にはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる進行性の病気が関係しています。残念ながら、AGA(男性型脱毛症)は育毛剤や育毛シャンプーでは治すことはできません。

抜け毛や薄毛の原因や対策方法は非常に多くあります。そのため、どのような対策を行えば良いのか困り果ててしまう人も多いですよね。

当サイトでは抜け毛や薄毛の本当の原因と最も効果がある対策方法をご紹介しますので安心してください。

それでは、抜け毛や薄毛が進行する原因と正しい対策方法について徹底的にお伝えします!

Contents

【最重要!】薄毛の原因と対策のポイントはAGA(男性型脱毛症)治療

【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!まず始めに、抜け毛や薄毛に悩む人に最初に疑ってほしいのは『AGA(男性型脱毛症)』と呼ばれる進行性の病気です。

AGA(男性型脱毛症)は成人男性の3人に1人が発症する病気です。抜け毛や薄毛が進行する主な理由にはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる進行性の病気が関係しています。
  1. AGA(男性型脱毛症)は、成人男性の3人に1人が発症しています。
  2. AGA(男性型脱毛症)は、日本で約1200万人が発症している進行性の病気です。
  3. AGA(男性型脱毛症)は、抜け毛や薄毛で悩む成人男性の約90%が発症している病気です。
  4. 女性が発症する場合は、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれます。

AGA(男性型脱毛症)はジヒドロテストステロンという悪玉の男性ホルモンにより抜け毛や薄毛が進行する病気です。

AGA(男性型脱毛症)は遺伝や生活習慣の乱れにより症状が進行することが報告されています。

AGA(男性型脱毛症)は市販で販売されている育毛剤や育毛シャンプーでは治療できません。

AGA(男性型脱毛症)治療に効果的とされ、日本国内で育毛・発毛促進効果・脱毛抑制効果が認められているのは医薬成分のみです。

▼無料カウンセリング予約はこちら▼

AGAスキンクリニック公式サイト

抜け毛や薄毛の主な原因は『AGA』と『FAGA』

【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

抜け毛や薄毛に悩む人の場合、圧倒的に多い原因は『AGA(男性型脱毛症)』『FAGA(女性男性型脱毛症)』と呼ばれる進行性の病気です。

抜け毛や薄毛が進行する症状で、最も注意が必要なのは『AGA(男性型脱毛症)』や『FAGA(女性男性型脱毛症)』と呼ばれる進行性の病気です。

【男性の抜け毛や薄毛の原因】AGA(男性型脱毛症)

男性の前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛・薄毛が増える主な原因には、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる進行性の病気が深く関係しています。

AGA(男性型脱毛症)は成人男性の3人に1人が発症する病気で、思春期以降に前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛や薄毛が進行します。抜け毛や薄毛で悩む人の90%はAGAが原因といわれています。

AGA(男性型脱毛症)を治療するためには、「フィナステリド(プロペシア)」、「デュタステリド(ザガーロ)」、「ミノキシジル(ロゲイン)」といった内服薬や外用薬を使用します。

▼無料カウンセリング予約はこちら▼

AGAスキンクリニック公式サイト

AGA(男性型脱毛症)による抜け毛・薄毛は生活習慣やシャンプーを変えただけでは治すことが難しい疾患です。

生活習慣の見直しや頭皮ケアは、抜け毛・薄毛を予防する上で必要な対策になりますが、併せてAGA治療を行うことが重要です。

AGA(男性型脱毛症)は早期発見・早期解決により治せる疾患です。

AGA治療に効果のある内服薬や外用薬を継続して使うことにより、目に見えて抜け毛や薄毛の症状に変化が出ます。

個人差はありますが、半年程で抜け毛や薄毛に明らかな回復が見られるケースがあります。

まずは、AGA治療専門のクリニックに一度相談してみることをオススメします。

【女性の抜け毛や薄毛の原因】FAGA(女性男性型脱毛症)

悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」による抜け毛や薄毛の症状は、男性が発症した場合は、AGA(男性型脱毛症)と呼びますが、女性が発症した場合は、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれます。

FAGA(女性男性型脱毛症)は、加齢により女性ホルモンが減少することで、男性ホルモンを抑制する力が弱まり、男性ホルモンが優位になることが原因で発症します。

女性の抜け毛や薄毛に関しては、FAGA(女性男性型脱毛症)が主な原因として考えられます。

「なんだか最近、生え際や頭頂部が気になる…。」と感じ始めた女性の場合は、FAGA(女性男性型脱毛症)の初期症状である可能性があります。

▼無料カウンセリング予約はこちら▼
【女性向け】東京ビューティークリニック

FAGA(女性男性型脱毛症)の対策は、AGA(男性型脱毛症)と類似した対策を行いますが、女性は使用することが禁止されているAGA治療薬があります。

したがって、安易に自己判断するのではなく、まずはAGA治療の病院で専門の医師に相談することから始めましょう。

女性でも『悪玉男性ホルモン』は生成される?

AGA(男性型脱毛症)の原因となる悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の原料となる還元酵素「5αリダクターゼ」は90%以上が睾丸で生成されます。

そのため、女性の場合は悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」は生成されないと考える人がいますがそれは間違いです。

女性でも、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」は生成されます。

悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の原料となる還元酵素「5αリダクターゼ」は、腎臓の傍に位置する副腎と呼ばれる部分でも生成されます。

そのため、女性でも悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」による抜け毛や薄毛が起こることがあります。

抜け毛や薄毛の症状が分からない場合は?

もしも、自分が『AGA(男性型脱毛症)』や『FAGA(女性男性型脱毛症)』に該当するか分からないという場合でも安心してくださいね。

抜け毛や薄毛の症状は専門の医師に相談することにより症状を特定して解決することができます。

全国にクリニックを展開するAGAスキンクリニックや東京ビューティークリニックでは無料カウンセリングを行なっています。まずは薄毛の悩みを相談してみましょう。
▼無料カウンセリング予約はこちら▼

【男性向け】AGAスキンクリニック
【女性向け】東京ビューティークリニック

専門の医師によるカウンセリングは無料で行われています。まずは、抜け毛や薄毛の悩みを専門の医師に相談してご自身の薄毛の症状を把握することが大切です。

AGA(男性型脱毛症)の原因と対策を徹底解説!

【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

最近では、TVコマーシャルなどでも目にする機会が増えていることから、AGA(男性型脱毛症)という言葉を既に知っている、あるいは聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?

AGA(男性型脱毛症)による抜け毛や薄毛で悩む人は全国で約1200万人いるとされ、20〜69歳の成人男性の約3人に1人はAGA(男性型脱毛症)の症状が見られます。

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略称で「男性型脱毛症」を意味しています。

AGA(男性型脱毛症)は成人の男性に多く見られる抜け毛・薄毛の症状であり、思春期以降に頭頂部(O字ハゲ)や額の生え際(M字ハゲ)の髪が薄くなるといった症状が見られます。

また、抜け毛や薄毛で悩む人の約90%がAGA(男性型脱毛症)が原因とされます。

AGA(男性型脱毛症)による抜け毛や薄毛の特徴

【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!出典:AGA-news

AGA(男性型脱毛症)では、額の生え際から後退していくタイプ(M字ハゲ)や頭頂部から薄くなるタイプ(O字ハゲ)など複数の脱毛パターンがあります。

AGA(男性型脱毛症)は、20歳代後半から30歳代にかけて発症するケースが多く、特に40歳代になると髪型で隠せない程に抜け毛・薄毛が進行しているケースが見られます。

AGA(男性型脱毛症)の特徴として、前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)から抜け毛や薄毛が進行します。

前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛や薄毛は、AGA(男性型脱毛症)の初期症状を示すサインであり、放置していると抜け毛・薄毛の範囲は次第に拡大していきます。

AGA(男性型脱毛症)による抜け毛の仕組み

【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の薄毛の原因は、主にAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる病気によって引き起こされます。

AGA(男性型脱毛症)が進行する原因は、男性ホルモンであるテストステロンと還元酵素5αリダクターゼが結びつくことで生じる、悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」が深く関係しています。
AGA(男性型脱毛症)の仕組み
【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

髪の毛には「毛幹」と「毛根」と呼ばれる部分があります。

毛幹は頭皮から出ている部分で「髪の毛」と呼ばれます。毛根は頭皮の中の部分で、血管から運ばれてきた栄養分を毛根にある毛乳頭がキャッチします。

毛乳頭付近に存在する毛母細胞が血管から運ばれてきた栄養分をもとに細胞分裂を繰り返すことで髪の毛は成長します。

しかし、悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」が毛母細胞に入り込むと、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつき、毛母細胞の細胞分裂を抑制します。

その結果、毛母細胞の細胞分裂が止まったり、毛母細胞が死滅してしまい、毛髪は本来育つはずだった太さ・長さまで育つことなく脱毛してしまいます。

ヘアサイクルが乱れる原因は『ジヒドロテストステロン(DHT)』

【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

悪玉男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』は生え際や頭頂部で高濃度に見られる傾向があります。

そのため、ヘアサイクルの成長期が非常に短くなり、髪の毛は太く・長く育つ前に抜けてしまい、やがて毛母細胞の細胞分裂は活動を停止します。

悪玉男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』の働きにより、髪が生える→ 髪が成長する → 髪が抜ける、という一連のヘアサイクルが極端に短くなってしまいます。

悪玉男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』によって引き起こされる「ヘアサイクルの乱れ」が、AGA(男性型脱毛症)による抜け毛や薄毛の原因です。

還元酵素の働きで髪の毛の脱毛が進行

【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!出典:TOMクリニック

前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)から抜け毛や薄毛が進行する理由は、悪玉男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』の働きが関係しているとお伝えしました。

ジヒドロテストステロン(DHT)の原料となる、還元酵素『Ⅱ型5αリダクターゼ』という物質は、側頭部や後頭部と比べて前頭部や頭頂部に多く存在します。

そのため、AGA(男性型脱毛症)よる抜け毛や薄毛は、前頭部や頭頂部から進行しやすいのです。

抜け毛・薄毛の原因となるⅡ型5αリダクターゼの量は遺伝で大部分が決まります。これが、「ハゲは親から遺伝する」といわれる理由です。

還元酵素5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があります。

前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の薄毛を進行させる原因は「Ⅱ型5αリダクターゼ」の働きが関係しています。

悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」はテストステロンの10倍以上の作用を持つ性ホルモンです。

悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」は、髪の毛の脱毛と深く関わり、髪の抜け替わるサイクル(ヘアサイクル)を短くすることが確認されています。

悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」は脱毛ホルモンとも呼ばれ、前頭部や頭頂部の抜け毛・薄毛を促進する一方で、ヒゲや体毛を増加させる、皮脂の分泌量を増加させるといった働きをします。

ジヒドロテストステロン(DHT)が増加する原因5選

【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

AGA(男性型脱毛症)による髪の毛の脱毛には、男性ホルモンであるテストステロンと還元酵素5αリダクターゼが結びつくことで生じる、悪玉男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』が関係しています。

悪玉男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』が増加する原因を理解して対策を行うことにより、AGA(男性型脱毛症)による抜け毛や薄毛を抑制することができます。
ジヒドロテストステロンを解説
  • 悪玉男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』は、テストステロンという男性ホルモンが「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素と結合して変化したもの。
  • 悪玉の男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)は脱毛ホルモンとも呼ばれる。
  • ジヒドロテストステロン(DHT)はレセプターと結合することで、脱毛因子「TGβ−1」を生成する。
  • AGA(男性型脱毛症)の原因はジヒドロテストステロン(DHT)の働きが関係している。

DHTの増加原因①:活性が高い還元酵素『5αリダクターゼ』

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンと還元酵素5αリダクターゼが結びつく事により生じます。

還元酵素5αリダクターゼにはI型とII型があり、II型の5αリダクターゼはジヒドロテストステロンを多く生成します。

テストステロンと結びつきやすい還元酵素5αリダクターゼを、「還元酵素5αリダクターゼの活性が高い」と表現します。

活性の高い還元酵素5αリダクターゼは優性遺伝であり、父親や母親のどちらか一方でも活性が高い遺伝子を持っていれば子供にも遺伝します。

つまり、活性の高い還元酵素5αリダクターゼが遺伝することは、抜け毛・薄毛が遺伝することと言えます。

抜け毛や薄毛は遺伝するといわれる理由

抜け毛や薄毛の原因には、還元酵素5αリダクターゼの活性と、受容体(レセプター)の感受性の高さが関係しています。

母親からデンセイホルモン受容遺伝子と呼ばれる遺伝子を受継いでいたり、還元酵素5αリダクターゼを活性化させる遺伝子を受継いでいる場合、抜け毛や薄毛が進行する可能性が高くなります。

抜け毛や薄毛の原因とされる還元酵素5αリダクターゼの活性の高さと、受容体(レセプター)の感受性は遺伝により大部分が決定すると考えられています。

還元酵素5αリダクターゼの活性の高さを決定する遺伝子は優性遺伝で両親から受け継がれます。

また、受容体(レセプター)の感受性については母親から受け継がれます。

そのため、母親の父親(祖父)が薄毛である場合は、母親の子供も薄毛になりやすいと考えられています。

母型の父親(祖父)が薄毛であるか確認することで自分が薄毛になりやすいか判断する指標になります。

DHTの増加原因②:過度な飲酒によるアルコールの摂取

お酒に含まれるアルコールは、肝臓で分解されて水と二酸化炭素になる過程でアセトアルデヒドという有害な物質に変化します。

アセトアルデヒドはAGA(男性型脱毛症)と深い関係があり、抜け毛や薄毛を進行させる原因になります。

アセトアルデヒドには、男性ホルモン「テストステロン」から悪玉の男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」への変化を誘引する働きがあります。

お酒をたくさん飲むほど、AGA(男性型脱毛症)の原因となる悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」が生成され、抜け毛や薄毛が進行しやすくなります。

DHTの増加原因③:亜鉛の消費

喫煙、飲酒、射精、ストレスは、還元酵素5αリダクターゼの働きを阻害する「亜鉛」を必要以上に消費します。

また、ストレスは自律神経に作用して血液の流れを悪くしたり、男性ホルモンの分泌を増加させます。

亜鉛不足にならない為には、過度な喫煙・飲酒・射精は避け、適度にストレス発散をしましょう。

薄毛の人は性欲が強いって本当?抜け毛・ハゲとエロの関係性とは
【オナニーではげる?】抜け毛・薄毛(ハゲ)と性欲の関係を徹底調査!ハゲの人は性欲が強いイメージがありますよね。「性欲が強い=ハゲやすい」と思っていませんか?結論から述べると、性欲が強いからハゲるという科学的根拠はありません。そのため、オナニーやセックス(射精)の回数が原因で抜け毛や薄毛が進行することは直接的には無いといえます。...

DHTの増加原因④:毛根の炎症

頭皮環境の悪化や毛根の炎症により、ジヒドロテストステロンの働きが活発化することが確認されています。

紫外線、喫煙、ストレス、偏った食生活、アルコールの摂取、過剰な皮脂の分泌、間違ったシャンプー方法などは毛根の炎症を引き起こす原因になります。

生活習慣を見直して頭皮の環境を整えることで、ジヒドロテストステロンの働きを抑制する効果が期待できます。

DHTの増加原因⑤:過度な筋力トレーニング

過度な筋力トレーニングを行うとハゲるという都市伝説がありますが、あながち嘘ではありません。

過度な筋力トレーニングを行うと男性ホルモンであるテストステロンの分泌が盛んに行われる為、ジヒドロテストステロンが増加する要因になることがあります。

そのため、筋力トレーニングを過度に行うと抜け毛・薄毛が進行してしまうと言われています。

ジヒドロテストステロンを抑制する最も効果的な対策

【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

ジヒドロテストステロンの生成を強力に抑制するためには、テストステロンと還元酵素5αリダクターゼが結びつかない状態にする必要があります。

そのためには、プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)といったAGA治療薬を用います。

ジヒドロテストステロンを『医薬品』で徹底的に抑制

【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

還元酵素5αリダクターゼにはI型とII型があります。プロペシア(フィナステリド)はII型に対して効果があり、ザガーロ(デュタステリド)はI型とII型に効果があります。

どちらも厚生労働省が認可する医薬品であるため、医師による処方が必要です。
還元酵素
(5αリダクターゼ)
I型 II型
プロペシア
(フィナステリド)
×
ザガーロ
(デュタステリド)
▼無料カウンセリング予約はこちら▼

【男性向け】AGAスキンクリニック
【女性向け】東京ビューティークリニック

プロペシアやザガーロはジヒドロテストステロンを抑制する為のAGA治療薬であり、発毛効果はありません。

したがって、プロペシアやザガーロで抜け毛・薄毛の進行を防ぎ、ミノキシジルなどを併用して育毛・発毛促進をする必要があります。

【ジヒドロテストステロンは汗と尿で抑制・排出】薄毛の原因と対策まとめ
【ジヒドロテストステロンは汗と尿で抑制・排出】薄毛の原因と対策まとめ抜け毛や薄毛の原因となる悪玉男性ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』は、生活習慣の改善で抑制・排出できるという噂を聞いたことがあ...

AGA(男性型脱毛症)の治療薬

【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版では、薄毛・AGA治療の効果が科学的に証明されている治療薬は以下の3種類です。

AGA治療の効果が科学的に証明されている治療薬は以下の3種類です。
  1. プロペシア(フィナステリド)
  2. ザガーロ(デュタステリド)
  3. ミノキシジル
効果 成分 製品
発毛促進 ・ミノキシジル ・リアップX5プラス

・スカルプD メディカルミノキ5

・その他(ミノキシジル配合製剤)

脱毛抑制 ・フィナステリド

・デュタステリド

・プロペシア

・ザガーロ

これら3種類の中でも、厚生労働省によって認可されているのは、内服薬としては、プロペシア(フィナステリド)とザガーロ(デュタステリド)、外用薬としてはミノキシジルです。

日本皮膚科学会による男性脱毛症診療ガイドラインでは、「フィナステリド」、「デュタステリド」、「ミノキシジル」は推奨度がAランクに位置付けられます。

推奨度Aランクとして「行うよう強く進められる」と記載されていることからも効果の高さが証明されています。

女性や未成年の男性が、フィナステリドやデュタステリドを使用することは危険なため禁じられています。

また、内服タイプのミノキシジルは厚生労働省に認可されていないので注意が必要です。

本当に効果がある治療薬とは

日本皮膚科学会のガイドラインによれば、AGA治療に用いられる有効成分で推奨度Aランク(行うよう強く勧める)とされるのは、フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルの3種類のみです。

現時点では、プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)といった医薬品により、ジヒドロテストステロンの生成を抑制することが最も効果的な抜け毛・薄毛対策であることは間違いありません。

市販されている育毛剤や育毛シャンプーにはこれら3種類の成分は含まれません。有効成分が含まれてない効果の薄い対策を続けていても、抜け毛や薄毛が改善される可能性は低いです。

フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジル以外の成分は次のように記載されています。

  1. 「C1:行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない」
  2. 「C2:根拠がないので勧められない治療法」

あるいは、日本皮膚科学会のガイドラインに記載がないものです。効果の薄い薄毛対策商品には注意が必要です。

プロペシア(フィナステリド)の効果

【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

プロペシアは、世界で初めてAGA治療薬として製品化された最も有名なAGA治療薬です。

日本では2005年に厚生労働省に認可されています。プロペシアに含まれる有効成分がフィナステリドです。

フィナステリドには、還元酵素Ⅱ型5αリダクターゼの分泌を阻害することで、AGA(男性型脱毛症)の原因となる脱毛ホルモン(DHT)の生成を抑制する働きがあります。

プロペシア(フィナステリド)を3年間継続して服用した場合、約8割の人がAGAを改善したという報告があります。

日本皮膚科学会による男性脱毛症診療ガイドラインでは、フィナステリドはAランクに位置付けられ「行うよう強く進められる」と記載されていることからも効果の高さが証明されています。

現在では、プロペシア(フィナステリド)のジェネリック医薬品も販売されています。

プロペシア(フィナステリド)の注意点

AGA治療に用いられるプロペシアを服用した人の中には体重が増加するケースが見られます。

また、副作用として初期脱毛、痒み、発疹、性機能障害、肝機能障害、鬱症状が出る場合があります。

未成年の服用に対しては安全が保証されていないため、使用が禁止されています。

特に、妊娠中の女性に対しては、服用はもちろん触れることも厳禁です。フィナステリドを摂取すると男子胎児の生殖器に影響を及ぼすことがあります。

フィナステリドは皮膚からも吸収されるため、服用中の男性は女性や子供が触ることが無いように気をつけなければなりません。

ザガーロ(デュタステリド)の効果

【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

ザガーロは2015年9月に厚生労働省から認可され、2016年6月に販売が開始されたAGA治療薬です。ザガーロに含まれる有効成分がデュタステリドです。

元々、デュタステリドは前立腺肥大症の治療薬として100ヶ国以上で認可されていた薬ですが、AGA(男性型脱毛症)の進行を遅らせる効果が認められたため、現在ではAGA治療薬としても用いられています。

デュタステリドには、還元酵素Ⅰ型5αリダクターゼと還元酵素Ⅱ型5αリダクターゼの両方の分泌を阻害することで、AGAの原因となる脱毛ホルモン(DHT)の生成を抑制する働きがあります。

デュタステリドは還元酵素Ⅱ型5αリダクターゼを、フィナステリドの3倍抑制するという報告もあります。

海外の臨床結果では、デュタステリドを服用した場合、フィナステリドに比べて、1.6倍の発毛効果が認められたという報告があります。

ザガーロ(デュタステリド)の注意点

ザガーロ(デュタステリド)の副作用として、性機能障害、鬱症状、血液循環の悪化などが出る場合があります。

プロペシア(フィナステリド)と同様に女性や子供が触れることは厳禁とされています。

デュタステリドはフィナステリドよりも高い効果が期待されていますが、その分、副作用が身体に与える影響も大きくなることが懸念されます。

2016年に販売が開始されたばかりの治療薬ということもあり、未だ発見されていない副作用があらわれる可能性もあります。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルには血管の拡張作用があるため、血行を促進することにより毛母細胞を活性化して細胞分裂を加速させる働きがあります。

髪の毛は毛母細胞が血管から運ばれてきた栄養分をもとに細胞分裂を繰り返すことで成長します。

発毛成分『ミノキシジル』を配合した製剤には、『リアップ』や『メディカルミノキ5』があります。詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

アンファーの発毛剤【スカルプD メディカルミノキ5】の成分・価格を徹底調査!
アンファーの発毛剤【スカルプD メディカルミノキ5】の成分・価格を徹底調査!スカルプDで知られる予防医学のアンファーから、新たに発売された発毛剤「スカルプD メディカルミノキ5」が注目を浴びていますね。 元...

ミノキシジルには、休止期毛包から成長期(初期)毛包への移行を促進する作用があります。

髪の毛が抜け始める休止期に入った毛包を活性化させることで、新しい髪の毛の発毛を促す効果があります。

ミノキシジルには外用薬(塗り薬)と内服薬(錠剤)がありますが、内服薬(錠剤)は高血圧症の血圧降下剤として開発された経緯があります。

ミノキシジルの注意点

直接、体内に取り込むミノキシジル内服薬(錠剤)はミノキシジル外用薬(塗り薬)に比べて高い効果を期待できますが、副作用が身体へもたらす悪影響の懸念も高まります。

そのため、ミノキシジル内服薬(錠剤)を使用する場合は、自己判断せず、必ずAGA治療専門の医師に相談することをオススメします。

日本皮膚科学会ガイドラインでは、ミノキシジルの内服について次のように記されています。

CQ14:ミノキシジルの内服は有用か?

推奨度:D 推薦文:ミノキシジルの内服を行うべきではない。

解説:ミノキシジル内服の有用性に関して臨床試験は実施されていない。 ミノキシジルは降圧剤として開発されたが本邦では認可されていない。また、男性型脱毛症に対する治療薬としても認可されている国はない。

出典:日本皮膚科学会ガイドライン

ミノキシジルの副作用としては次のような症状があります。

  1. 多毛症
  2. 痒み、かぶれ、発疹
  3. 動悸や目眩
  4. 倦怠感や疲労感など

AGA治療に用いられるミノキシジル錠剤は、もともと高血圧を改善するために開発された薬です。血圧を下げる副作用として発毛効果が認められ、現在は育毛(発毛)剤として注目されています。

ミノキシジルには副作用の心配もあります。安心・安全に使用するためには、AGA治療専門の病院にまずは相談に行くことが大切です。

薄毛・AGA治療ができるクリニック・病院を比較

AGAクリニック・病院の選び方!薄毛治療の口コミ・評判を徹底調査

ここからは、薄毛・AGA治療を行うためのクリニック・病院の選び方やポイントについてお伝えします。

薄毛・AGA治療は長期治療になるため、正しい病院選びの視点を持ち、どこで治療を行うかを選択することが非常に重要になります。

それでは、薄毛・AGA治療におけるクリニック・病院の特徴、違い、メリット、デメリットをお伝えします。

薄毛・AGA治療を行なっている病院は、『一般病院の皮膚科や内科』『美容皮膚科』『AGA治療専門クリニック』など数多くあります。

最初に結論をお伝えすると、薄毛・AGA治療を行うならばAGA治療専門クリニックを選ぶことを間違いなくオススメします。

【薄毛・AGA治療の病院①】一般病院の皮膚科・内科

一般病院の皮膚科や内科でも薄毛・AGA治療は可能です。

一般病院の皮膚科や内科で行われる治療内容としては、主にプロペシアといったAGA治療薬を処方する投薬治療が用いられます。

一般病院の皮膚科や内科で行われる薄毛・AGA治療では、簡単な診察、問診のあとにAGA治療薬を処方されます。風邪をひいて病院に行く時に近いイメージです。

一般病院の皮膚科や内科で治療を行う際には、通院予定の病院で過去にどれくらいAGA治療の実績があるか、医療設備は整えられているか、医師の経歴などを必ず確かめましょう。

皮膚科や内科のメリット
  1. 自宅から近い距離で病院を探すことができる
  2. 比較的低コストでAGA治療薬を入手することができる
皮膚科や内科のデメリット
  1. 医師のAGA治療に関する知識や実績にバラツキがある
  2. 詳しい説明や検査が行われないことが多い
  3. 処方される薬が主にプロペシアに限られている
  4. 既にAGAが進行している場合には効果が低い

皮膚科や内科で行われる治療は、主にプロペシアを用いた抜け毛の抑制であり、発毛を促進するための対策としては十分ではありません。

また、一般病院の皮膚科や内科では、AGA(男性型脱毛症)の進行度合いや詳細を知るための血液検査やDNA検査などを行わずに、処方薬を渡してしまうこともあります。

ミノキシジルには発毛効果が実証されていますが、副作用があることから使用するには十分な注意が必要です。

そのため、専門医師のもと経過観察を行いながら使用することをオススメします。

一般病院の皮膚科や内科では、ミノキシジルを処方しても副作用について何も説明されなかったというケースもあります。

こういった対応は患者さんのことを何も考えていないと言わざるを得ません。

【薄毛・AGA治療の病院②】美容皮膚科

薄毛・AGA治療は美容や整形の分野と近いためか美容皮膚科でも行われています。

最近では、全国的にも有名な美容皮膚科でもAGA治療を行なっています。

一般病院の皮膚科や内科と異なる点は、AGA(男性型脱毛症)の初期検査を行い、抜け毛や薄毛の原因や特徴を明確にしたうえで治療を行うことです。

美容皮膚科のメリット
  1. 一般病院の皮膚科や内科より専門知識がある医師が在籍している
  2. AGAの検査・診断、専門的な治療が望める
美容皮膚科のデメリット
  1. 一般病院の皮膚科や内科より治療費用が高い
  2. AGA治療専門クリニックと比較すると実績、症例、治療法が少ない場合がある

薄毛・AGA治療において評判や実績が高い美容クリニックは全国各地にあります。まずは通院前に、事前に口コミや実績などを確認すると良いでしょう。

美容皮膚科は、一般病院の皮膚科や内科と比較すると、治療設備や治療方法が多くなります。そのため、より効果的な治療をできるといえます。

美容皮膚科や整形外科の薄毛・AGA治療では、診察や問診に加えてAGA検査を行い薄毛の原因と特徴を明確にした上で、その人に合わせた治療ができる病院もあります。

デメリットとしては、一般病院の皮膚科や内科と比較すると治療費用が高くなる傾向があります。

【薄毛・AGA治療の病院③】AGA治療専門クリニック

美容皮膚科や整形外科といった美容クリニックで、薄毛・AGA治療に特化させたものがAGA治療専門クリニックです。

AGA治療専門クリニックでは、詳細なAGA検査に基づいた投薬治療を行います。

また、プロペシアやミノキシジルといった基本的となるAGA治療薬に加えて、患者さんの症状に合わせた複数の治療薬、育毛剤、サプリなども併用して処方してくれます。

特に、AGA治療専門クリニックの中でも有名なのは、GACKTさんを起用したTV・雑誌広告で有名なAGAスキンクリニックです。
AGA治療専門クリニックのメリット
  1. AGA治療の専門医師から検査や説明が受けられる
  2. 多くの治療法から自分の薄毛に最適な治療を選択できる
  3. 専門のカウンセラーや医師から生活習慣などのアドバイスが受けられる
  4. 無料カウンセリングで治療内容、クリニックの雰囲気、医師の対応を知ることができる
AGA治療専門クリニックのデメリット
  1. 治療プランの選択によっては費用が高額になる
  2. 症例や治療実績の多いクリニックが一部に限られる

AGA治療専門クリニックでは、患者さんの薄毛の症状に合わせた治療を行うため無料カウンセリングを行なっています。

まずは3つ以上のAGA治療専門クリニックで無料カウンセリングを受けてみて、ご自身の薄毛の特徴や掛かる費用を知っておくことが大切です。

薄毛・AGA治療に不安を抱えている人は、どんな治療方法が最適なのか、今後どのような対策を行えば良いのか、相談だけでも無料カウンセリングを利用してみることをオススメします。

▼無料カウンセリング予約はこちら▼AGAスキンクリニック公式サイト

AGA治療は長期治療なこともあり、AGA治療専門クリニックでは治療中のカウンセリングやアフターフォローにも力を入れている傾向にあります。

また、AGA治療専門クリニックでは患者さんのプライバシーに配慮していたり、通院がしやすいようにアクセスや立地が良いのも特徴です。

AGA治療専門クリニックでは症例数が豊富にあり、AGA治療に精通した専門の医師が在籍しています。

そのため、一人一人の患者さんに合わせた薄毛・AGA治療を行うことが可能です。

AGA治療専門クリニックは、薄毛・AGA治療のために最適な治療環境を整えていることが最大の特徴といえます。

確実に薄毛を治療したいならAGA治療専門クリニック

AGA治療専門クリニックには、一般病院の皮膚科・内科よりも詳しい知識を備えた専門医がいます。

また、AGA治療における基本的な内服薬・外用薬はもちろん、クリニック独自の治療薬や専用の機器を使用した治療を行うことも出来ます。

AGA(男性型脱毛症)の進行が極度に進行している場合は、自毛植毛などの治療を選択することも可能です。

自毛植毛治療は高い効果が期待できますが、デメリットとして費用が高額になってしまうことがあります。

AGA治療専門クリニックならどこでも良い?

薄毛の悩みにつけこんで高額な治療を強引に勧めてくるようなクリニック・病院が意外と多く存在しています。

こういったところには絶対に通院しないようにしましょう。

AGA(男性型脱毛症)の進行には、食事、運動、睡眠、ストレスといった生活習慣も深く関わります。

そのため、AGA治療薬の処方だけでなく、AGA(男性型脱毛症)の進行を抑制するための様々なアドバイスをしてくれるところは、患者思いのクリニック・病院といえます。

【薄毛・AGA治療の病院④】FAGA治療専門クリニック

女性の薄毛・AGA治療専門クリニックに関してもご紹介します。

女性の薄毛・FAGA(女性男性型脱毛症)治療の場合、女性ホルモンのバランスを正常に戻すことが治療の目的になります。

ホルモンバランスが乱れる要因は多くあり、これまで女性の薄毛・FAGAの原因を特定して治療を行うことは非常に難しいこととされていました。

しかし現在では、東京ビューティークリニックやAGAルネッサンスクリニックなど、女性の薄毛・FAGA治療を専門としたクリニックがあります。

また、AGA治療専門クリニックの中でも女性の薄毛・FAGAに対応した治療を行えるクリニックもあります。

FAGA治療の主な治療方法としては『投薬治療』と『外的治療』の2種類があります。

  1. 投薬治療では、内服薬タイプのミノキシジルや女性用内服薬のパントガールを処方する治療があります。
  2. 外的治療では、頭皮に直接育毛成分を注入する育毛メソセラピーや毛髪再生療法と呼ばれるHARG治療を行うクリニックもあります。
FAGA治療専門クリニックのメリット
  1. FAGA治療の専門医師から検査や説明が受けられる
  2. 多くの治療法から自分の薄毛に最適な治療を選択できる
  3. 専門のカウンセラーや医師から生活習慣などのアドバイスが受けられる
  4. 無料カウンセリングで治療内容、クリニックの雰囲気、医師の対応を知ることができる
FAGA治療専門クリニックのデメリット
  1. 治療を行なっている病院が限られている
  2. 治療プランの選択によっては費用が高額になる

女性の薄毛・FAGA治療クリニックの特徴は?

女性の薄毛・FAGA治療クリニックの特徴としては次のようなものがあります。

  • 女性の医師が多い
  • プライバシーに配慮した構造
  • 内観がお洒落で落ち着いた雰囲気

女性の薄毛・AGA治療に関してもカウンセリングは無料で行われていますので、薄毛に悩まれている女性は相談に行ってみてはいかがでしょうか。

▼無料カウンセリング予約はこちら▼

東京ビューティークリニック公式サイト

女性の薄毛・FAGA治療の場合は、AGA治療で用いられるプロペシアやザガーロといったAGA治療薬を使用することはできません。

プロペシアやザガーロに含まれる成分はホルモンバランスに強い影響を与えるため、女性や未成年が使用することは禁止されています。

【薄毛・AGA治療の病院④】自毛植毛治療クリニック

イングランド代表の元サッカー選手(ウェイン・ルーニー選手)は、2011年・2013年に2度にわたり自毛植毛手術を行っています。

ルーニー選手が自毛植毛を初めて行なったのは25歳のときです。

ルーニー選手のように費用が高額になっても短期間で治療を行いたい場合、自毛植毛治療で薄毛・AGAを克服することも可能です。

AGAクリニック・病院の選び方!薄毛治療の口コミ・評判を徹底調査

アイランドタワークリニックは、自毛植毛手術において国内シェアNo.1を誇ります。また、最先端の設備に加えて、2万人以上の豊富な実績と確かな技術力があります。

アイランドタワークリニックでは、メスを使わない「i-Direct」という方法を用いるため、痛みや傷跡の心配もほとんどありません。

「i-Direct」では、移植した髪の毛が移植された場所に定着する確率(定着率)も高く、手術後は比較的楽に日常生活に戻ることができます。メスで頭皮を切ったりしないため、日帰りで自毛植毛の手術を受けることができます。

アイランドタワークリニックは、新宿、大阪、名古屋、福岡にあります。

まずは、無料カウンセリングで実際に植毛を体験したアドバイザーからアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

アイランドタワークリニック公式サイト

アイランドタワークリニックでは後頭部を刈り上げずに行える植毛手術の方法も用意されていて、周囲にバレてしまう可能性を低くすることもできます。

AGA治療専門クリニックをオススメする理由

AGAクリニック・病院の選び方!薄毛治療の口コミ・評判を徹底調査

薄毛・AGA治療を始めるならば、AGA治療専門クリニックに通院することをおすすめしますとお伝えしました。

ここでは、なぜ一般病院よりもAGA治療専門クリニックをオススメするのか、もう少し詳しくご紹介したいと思います。

AGA治療専門クリニックをオススメする理由を、一般病院の内科や皮膚科と比較しながらご紹介します。

【一般病院との違い①】治療内容と処方薬

一般病院の皮膚科や内科で行われる薄毛・AGA治療は主にプロペシア(フィナステリド)を使用した内服治療になります。

薄毛治療専門クリニックと一般病院では、治療方法や処方薬に大きな違いがあります。薄毛・AGAを治療ではAGA治療専門クリニックで治療を行うことをオススメします。
治療方法
AGA治療専門クリニック 一般病院の内科や皮膚科
プロペシア(フィナステリド) プロペシア(フィナステリド)
ザガーロ(デュタステリド)
ミノキシジル(外用)
ミノキシジルタブレット(内服)
オリジナル治療薬(ビタミン剤、ミネラル剤など)
HARG療法
育毛メソセラピー
植毛(自毛植毛)

一般病院の内科や皮膚科の場合、処方される医薬品は主にプロペシア(フィナステリド)に限定されてしまいます。

プロペシアだけでは薄毛・AGA治療の改善効果が得られにくいため、一般病院の皮膚科や内科の治療内容はAGA(男性型脱毛症)の進行を遅らせる程度と考えて良いでしょう。

また、AGA療専門クリニックと比較すると実績や医師の経験などが少ない傾向にあります。

【一般病院との違い②】検査内容や種類

AGA治療専門クリニックでは薄毛の原因を特定するために各種検査を実施していますが、一般病院の皮膚科や内科では詳しい検査は行われない傾向にあります。

AGA治療専門クリニックで行われる遺伝子検査を実施することによりAGA(男性型脱毛症)かどうか知ることができます。
検査方法
AGA治療専門クリニック 一般病院の内科や皮膚科
目視検査 目視検査
血液検査 血液検査
*実施されない場合もある
遺伝子検査
マイクロスコープ検査
頭皮撮影

プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)といった医薬品は、AGA(男性型脱毛症)による薄毛に対してのみ効果があります。

AGA(男性型脱毛症)以外の薄毛には効果がないため、治療を始める前に検査をしておくと良いでしょう。

【一般病院との違い③】症例・治療実績

薄毛・AGA治療を数多く行なっているクリニック・病院であれば様々な症例が蓄積されています。

医院数の差は症例数の差とも関係しています。医院数が多いほど患者さんも集まりやすい傾向にあります。

一般病院の内科や皮膚科と比較して、薄毛治療専門クリニックの方が症例数や治療実績が多くある傾向にあります。

AGA治療専門クリニックの選び方と5つのポイント

AGAクリニック・病院の選び方!薄毛治療の口コミ・評判を徹底調査

薄毛・AGA治療のクリニック・病院で失敗しないための5つのポイントをご紹介しますので参考にしてみてください。

これら5つの条件を満たしているかどうか、病院やクリニックで治療を開始する前に確認を行いましょう。
  1. 運営歴・治療実績・患者の評価
  2. 診療・検査・治療等の費用
  3. 通院のアクセス・診察可能日時
  4. 医師やカウンセラーの患者に対する対応
  5. 治療の種類や内容が充実しているか

これらの条件が、あなたの薄毛・AGA治療に対するイメージと合致したクリニック・病院で治療を始めることをオススメします。

薄毛・AGA治療でクリニック・病院を選ぶ際に最も大切なことは、自分自身が患者として通院することをイメージできるかだと思います。

薄毛・AGA治療は長期的に行う治療になるため、自分に合わないクリニック・病院を選んでしまうと時間とお金を無駄にしてしまいます。

そして、その間にも薄毛・AGA(男性型脱毛症)は進行してしまいます。

【AGAクリニックの選び方①】運営歴・治療実績・患者の評価

薄毛・AGA治療でクリニック・病院を選ぶにあたり最も大切な点は、『運営歴』、『治療実績』、『患者の評価』です。

クリニック・病院の運営歴を調べるためには、ホームページに公表されている開院年を確認しましょう。

運営年数が長ければ施術経験(治療実績)も多くなり、様々な症例が治療してきたことが分かります。

治療実績が多いということは、専門の医師が様々な症例から、あなたに合った最適な治療法を用意してくれるということです。あなたの薄毛・AGA治療において非常に心強い存在になるでしょう。

薄毛・AGA治療では、実績があって患者さんから評価が高いクリニック・病院に更に患者さんが集まります。

その結果、クリニック・病院にAGA治療の症例が豊富に集まるため、患者さんの症状に合わせた治療が受けやすくなります。

クリニック・病院のホームページにはクリニックの実績だけではなく、医師個人の経歴が載せているところもあるので確認してみましょう。

薄毛・AGA治療を受けられるクリニック・病院は数多くありますが、運営歴、治療実績、患者の評価はピンからキリまで様々です。

実績を公表していないようなクリニック・病院は選ばない方が良いでしょう。

クリニックの症例写真には注意が必要?

クリニックによっては、公式ホームページに載せているAGA(男性型脱毛症)の症例写真が、軽度な症例ばかりのところもあります。

例えば、つむじ(頭頂部)部分の改善事例ばかりで、生え際(前頭部)の症例がないケースもあります。

クリニックの症例・治療実績を確認する際には以下を目安にしましょう。

  • 症例写真(Before・After)の数や種類を確認する
  • 症例写真に治療の日付や期間が書いてあると良い
  • 公式ホームページに実績が数字で出ている
  • AGAの進行度合いが異なる症例が幅広く載っている

インターネット上の口コミ・評判には注意が必要?

薄毛・AGA治療でクリニック・病院に行く前には、評判や口コミを必ずチェックするようにしましょう。

治療実績や患者の評価を知るためには、SNSやインターネット上の評判、口コミといった利用者の生の声を調べてみるのも良いでしょう。

実体験に基づいた生の声を知ることにより、自分が治療を行うために理想の治療環境かどうか判断材料にすることができます。

インターネット上の書き込みには業者が行う意図的な悪い書き込みなども存在します。

そのため、気になる病院には無料カウンセリングに行って、自分の目で確かめてみるのが良いでしょう。

実際に無料カウンセリングで、クリニックの雰囲気、医師の対応、治療のプラン、などを聞いて見て、ご自身のイメージと合うかどうかを基準に最終的に判断しましょう。

【AGAクリニックの選び方②】診療・検査・治療等の費用

薄毛・AGA治療は長期治療になるため、診察、検査、治療などに掛かる費用は非常に重要です。

どれだけ治療内容が良くても、費用が高すぎるようでは現実的に治療を続けることができません。
おすすめできるクリニック・病院
  1. 公式ホームページに費用の詳細が載っている
  2. 初診・再診・検査の費用が明確に記されている
  3. 症例には治療内容と費用が記載されている
避けた方が良いクリニック・病院
  1. 治療費用は10,000円から
  2. 治療費用(目安)100,000円〜250,000円
  3. 治療費用は応相談
  4. 料金に関してはカウンセリング時にお伝えします

薄毛・AGA治療は長期治療であるため一時的に効果が出たとしても、治療を継続できなければ、これまでの苦労や費用が報われない結果になってしまいます。

無理をして治療を始めたとしても、経済的にムリがあれば治療を途中で断念してしまうかもしれません。

高額な治療プランを強引に勧めるクリニック・病院は要注意!

薄毛・AGA治療は短期的な視点でクリニック・病院を選んでしまうと失敗します。