薄毛のコラム

薬用シャンプーで薄毛は治らない!発毛・育毛に効く本当の成分とは?

薬用シャンプーは薄毛に効果あり

最近では、雑誌やTVコマーシャルでも様々な薬用シャンプーを目にする機会が増えました。しかし、実際にドラッグストアーに行ってみると、あまりの種類の多さに何を選べば良いか分からなくなってしまう人も多くいます。

薬用シャンプーの種類は多いし、どれが効果があるのか結局分からない…。
そもそも薬用シャンプーで抜け毛や薄毛は改善できるの?

また、薬用シャンプーにどのような効果があるか分からず、疑問を抱いてしまうかもしれません。そこで今回は、薬用シャンプーの効果と育毛・発毛成分についてご紹介します。

薬用シャンプーの効果

薬用シャンプーとは
薬用シャンプーって、なんとなく抜け毛や薄毛の予防や改善に効果がありそうな気がするけど、本当のところは良く分からない…。
薬用シャンプーを長年使用しているけれども、髪の毛がフサフサになるどころか、むしろ減ってきてハゲが目立ってきた

ドラッグストアーでも良く見かける薬用シャンプー。そもそも薬用シャンプーには、どのような効果があるのでしょうか。

また、薬用シャンプーを継続して使用しているけれども、抜け毛や薄毛の症状が改善されないという声もあります。

まずは、薬用シャンプーの効果を理解することで自分が使用するべき薬用シャンプーが見えてきます。

薬用シャンプーとは?

薬用シャンプーの効果とは

薬用シャンプーとは、「医薬部外品」のシャンプーを意味します。日常の頭皮ケアで頭皮環境の改善を目指す場合は、医薬部外品である薬用シャンプーを使用すると良いでしょう。

医薬部外品とは、厚生労働省が認可していて、効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているものを指します。「薬」は医薬品ですが、「薬用」は、医薬部外品になります。

薬用シャンプーは抜け毛や薄毛の治療よりも、頭皮トラブルの予防や改善が目的です。頭皮トラブルを抑えることで、髪の毛が抜けにくく、育ちやすい頭皮環境をつくります。頭皮環境を整えることで育毛剤の浸透が促進されるというデータもあります。

薬用シャンプーに認められている主な効果は以下の通りです。

  • フケやかゆみを防ぐ
  • 髪の毛や頭皮の臭いを防ぐ
  • 髪の毛や頭皮を清潔にする。
  • 髪の毛や頭皮を健康に保つ。
  • 髪の毛をしなやかにする。

薬用シャンプーの有効成分

薬用シャンプーの成分

薬用シャンプーの有効成分は、主に「頭皮のフケを抑える成分」と「頭皮の炎症を抑える成分」に分かれます。

フケを抑える成分としては、ピロクトンオラミン、ジンクピリチオン、サリチル酸があります。これらの成分は、フケの原因となる細菌を予防します。

特に、サリチル酸は皮脂を分解する効果があり、頭皮の皮脂に悩んでいる人にはオススメの成分です。

頭皮の炎症を抑える成分としては、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)があります。

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)は漢方薬(天草)にも含まれる成分であり抗炎症作用に働き雑菌の繁殖を防ぎます。

薬用シャンプーと育毛シャンプーの違い

薬用シャンプーと育毛シャンプーの違い
育毛シャンプーと薬用シャンプーはどう違うの?

育毛シャンプーには、薬用のものと薬用ではないものがあります。多種多様あるシャンプーの中で「医薬部外品」の認定を受けたものを薬用シャンプーと呼びます。

つまり、育毛シャンプーの中で、厚生労働省が薬事法で認めた効果・効能に有効な成分が一定以上配合されているものを薬用シャンプーと呼びます。

医薬部外品という言葉から「薬」を連想しますが、医薬品とは異なります。医薬部外品を簡単に説明すると、「医薬品と化粧品の中間にあるもの」です。

つまり、医薬品ほどに効果は高くないものの化粧品よりは効果は期待できるものです。

通常のシャンプーは、髪の毛にハリやコシを出したり潤いを出すことを目的にしています。一方、育毛シャンプーや薬用シャンプーは、血流改善や抗炎症など頭皮環境を整える成分が多く含まれます。

育毛シャンプーや薬用シャンプーでは、頭皮のきつい臭い、我慢できないかゆみ、目立つフケ、頭皮のべたつき、頭皮湿疹などを改善することで頭皮環境を整えることを目的としています。

育毛・発毛効果なし?薬用シャンプーの役割

薬用シャンプーに育毛効果は無い
薬用シャンプーって抜け毛や薄毛の症状に効くよね?
薬用シャンプーを使用すれば髪の毛がフサフサになる気がする…。
薬用シャンプーと聞くと、髪の毛がフサフサになるイメージがあります。しかし残念ながら、薬用シャンプーを使用すれば直ぐに抜け毛や薄毛の症状を抑制したり髪の毛をフサフサにできるという訳ではありません。

スカルプDを発売しているアンファー株式会社が運営するアンファーストアでも記載されている内容です。

シャンプーだけで抜け毛や薄毛が改善したという機関での「実験・実証結果」はありません。

引用:シャンプーだけで抜け毛を改善できますか?

医薬部外品である薬用シャンプーには、直接的に抜け毛や薄毛を改善する効果はありません。

あくまで頭皮ケアの一つとして日常生活に取り入れることで、健康的な頭皮環境を保つ効果が期待できます。

薬用シャンプーは、お湯で洗い流すというシャンプーの性質もあり、抜け毛や薄毛に効果がある有効成分を頭皮に留めることが難しいといえます。

そのため、薬用シャンプーには、直接的に髪の毛の抜け毛や薄毛の原因に作用して脱毛を改善したりする効果は期待できません。

薬用シャンプーが効果的なのはどんな人?

肌にトラブルを抱えやすい人は頭皮にもトラブルを抱えやすい傾向があります。薬用シャンプーには、脂性肌用や乾燥肌用があります。自分の頭皮環境に合った薬用シャンプーを使用しましょう。

以下の項目に当てはまる人は薬用シャンプーを使うことで、症状の改善に期待ができます。

  • もともと肌が弱くて皮膚炎がある。
  • 敏感肌で頭皮にかゆみや炎症が出る。
  • 頭皮や髪の毛がベタつき臭うことがある。
  • 頭皮にかゆみを感じる。
  • 頭皮からフケが出る。
  • 頭皮環境を整え薄毛を防ぎたい。

症状が治らない場合は医療機関へ相談する

薬用シャンプーで治らなければ病院へ
薬用シャンプーを使っているけど頭皮のフケが止まらない
薬用シャンプーを使う前よりも、むしろ酷くなった

薬用シャンプーは日常の頭皮ケアのために使用するのであり、重度なトラブルが出ている場合は「薬」を処方してもらいましょう。薬用シャンプーはあくまで「医薬部外品」であり、気になる症状が必ず回復するとは限りません。

頭皮トラブルが続く場合は、なるべく早く皮膚科を受診し、専門の医師に相談することが大切です。

薬用シャンプーの選び方

薬用シャンプーの選び方

薬用シャンプーを選ぶ際には注意が必要です。薬用シャンプーの選び方を間違えると頭皮環境を整えるどころか、逆に頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまうことがあります。

具体的に、どのような薬用シャンプーを選べば良いのか順番に見ていきましょう。

洗浄力が強すぎるシャンプーは、皮脂や水分を過剰に取り除き頭皮の乾燥を引き起こします。頭皮は急激に乾燥すると、乾燥を補おうと、過剰に皮脂を分泌させてしまいます。

また、皮脂や水分が奪われた結果、頭皮が乾燥するとフケやかゆみの原因にもなります。

良い薬用シャンプーのポイント

洗浄成分 メリット デメリット
石油系シャンプー ・泡立ちが良い
・安価
・過度な洗浄力
石鹸系シャンプー ・泡立ちが良い
・皮脂を落としやすい
・過度な洗浄力
・すすいでも残りやすい
アミノ酸系シャンプー ・洗浄力がやさしく頭皮や髪の毛に負担が少ない
・しっとりとした洗い上がり
・泡立ちが遅い
・洗うのに時間がかかる

シャンプーに配合されている洗浄成分を大きく分けると、「石油系」「石鹸系」「アミノ酸系」の3種類になります。

石油系シャンプーと石鹸系シャンプーは洗浄力が強いことが特徴で、頭皮や髪の毛の皮脂を取りすぎてしまうことがあります。

アミノ酸系シャンプーは、洗浄力がやさしく頭皮や髪の毛の余分な皮脂や汚れだけを取り除いてくれます。

本来、皮脂は頭皮を守るためにあり、皮脂を過剰に取り除くと頭皮が乾燥してしまい、フケや炎症といった頭皮トラブルを引き起こすことがあります。

ドラッグストアーやスーパーなどで多く扱われているシャンプーは「石油系」が多いです。また、「敏感肌向け」や「自然派志向」のシャンプーは「石鹸系」のシャンプーが多いです。

アミノ酸系シャンプーは、洗浄力がやさしいため、頭皮への刺激が少なく余分な皮脂や汚れを取り除いてくれます。

アミノ酸系のシャンプーかどうかを判断するためには、成分表を見ましょう。「ラウロイル〜」「ココイル〜」と表記されているものがアミノ酸系シャンプーです。

髪の毛の95%はケラチンというタンパク質で構成されています。また、ケラチンは18種類のアミノ酸で成り立っています。

シャンプーを選ぶときは皮膚や髪の毛と同じ成分のアミノ酸系シャンプーを選びましょう。

頭皮の状態からシャンプーを選ぶ

頭皮の状態からシャンプーを選ぶ

頭皮には人間の肌と同じように、「普通肌」「乾燥肌」「脂性肌」「敏感肌」といった種類があります。まずは、自分の頭皮のタイプを知ることで、状態に合わせた薬用シャンプーを使用しましょう。

簡単な見分け方として、入浴後に髪の毛を乾かしてから、30分以内に頭皮の皮脂がベタっとするようならば「脂性肌」、1時間以内ならば「普通肌」、1時間半以内ならば「乾燥肌」に分類されます。

「チャップアップシャンプー」は、頭皮に負担が掛かる石油系の成分は一切含まれてなく、低刺激のアミノ酸系シャンプーです。

チャップアップシャンプーは、10種類のオーガニックエキスが配合されていて、シャンプーしながら頭皮ケアもできます。

美容師や毛髪診断士といった頭皮や髪の毛の専門家によって開発され「美容師が使ってほしいシャンプーNo.1」にも選ばれています。

頭皮や髪の毛に効く有効成分をチェック

頭皮に効く有効成分

まずは、アミノ酸系シャンプーを選ぶことが大切です。その他のポイントとしては、有効成分、保湿成分、添加物を調べましょう。

薬用シャンプーには、目的に合わせて様々な種類があります。特に多いのは、頭皮の「血行促進」「消炎作用」「栄養補給」を目的としたものです。

こういった頭皮環境の改善に効果がある有効成分は、センブリエキス、オウゴンエキス、海藻成分があります。

有効成分を確認する際には、ビタミンやミネラルが多く含まれるものがオススメです。ビタミンやミネラルは、植物エキスや海藻エキスといった名称で表記されていることが多い傾向にあります。

特に、生薬が多く配合されている育毛シャンプーは効果が高いといわれます。

頭皮を乾燥から守るためには、保湿成分が大切です。頭皮の乾燥はフケや血行不良の原因になり抜け毛や薄毛を進行させてしまうことがあります。

薬用シャンプーに使われる保湿成分は、ヒアルロン酸、プロセンタ、植物エキスがあります。

敏感肌の人は無添加シャンプーを選ぶことをオススメします。無添加シャンプーは保存料が使われていないため、保管方法や保存期間には注意しましょう。

脂性肌の人でも適度な保湿は必要です。皮脂が出るからと洗浄力の強いシャンプーで過剰に皮脂を取り除いてしまうと、さらに過剰に皮脂が分泌される状態になってしまいます。

正しいシャンプー方法で頭皮環境を改善

シャンプー方法を確認

間違ったシャンプー方法を行っていると、頭皮にダメージを与える要因になります。薬用シャンプーの効果を発揮するためにも正しいシャンプー方法を確認しましょう。

水道水の塩素によって頭皮や髪の毛に影響が出る人もいます。気になるようであれば、シャワーヘッドを塩素除去タイプに変えることをオススメします。

シャンプー前にブラッシング

シャンプー前にブラッシング

シャンプー前にブラッシングを行うことで髪の毛に付着したホコリや汚れを落とすことができます。また、髪の毛のもつれを解消することでシャンプー中の切れ毛を減らすことができます。

ブラッシングをすることで頭皮の毛細血管が刺激され、血行促進効果も期待できます。ブラッシングで力を入れると頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまうので注意しましょう。

シャンプー前に予洗い

頭皮や髪の毛に汚れが多い状態では、シャンプーの泡立ちが悪くなり上手に洗うことができません。シャンプー前にお湯で予洗いすることで、ホコリや汚れの大部分を落とすことができます。

予洗いでは、髪の毛を濡らすだけではなく、指の腹で頭皮や髪の毛を軽くマッサージするようにします。

理想は2~3分ほどかけて予洗いできると効果が高まります。お湯の効果で頭皮の毛穴が開き、シャンプー時の効果を高めることができます。

熱いお湯で洗うと、皮脂や水分を過度に落としてしまうため、お湯の温度は38℃ぐらいがオススメです。

シャンプーを手で泡立て揉み込むように洗う

シャンプーは泡立てる

シャンプー剤は良く泡立ててから頭皮に乗せるようにします。直接、シャンプー剤を頭皮につけてしまうと、洗いムラができてしまったり、人によっては炎症を起こす場合もありますので注意しましょう。

シャンプーは指の腹で頭皮をマッサージするように洗います。爪を立てると頭皮に傷がついてしまうので注意しましょう。

すすぎ残しがないようしっかりと洗い流す

頭皮汚れは抜け毛の原因

シャンプー剤のすすぎ残しは、頭皮の毛穴につまり炎症などの頭皮トラブルにつながります。しっかりと洗い流しましょう。

しっかりと髪の毛を乾かす

髪の毛の乾かし不足は薄毛の原因

頭皮や髪の毛を十分にすすいだ後は、タオルでしっかりと水分をとり、ドライヤーで乾かします。乾かし方が不十分で、頭皮が蒸れると雑菌の繁殖を促してしまいます。

ドライヤーの熱は120℃近くあるため頭皮に近づけすぎないようにします。

頭皮や髪の毛を乾かす際には、ドライヤーはできるだけ頭皮から離して、熱すぎない風で乾かすことで頭皮を乾燥から防げます。

可能ならば低温のドライヤーを使用しましょう。もしも時間的に難しい場合は、最初は熱風を使用して髪の毛の70%ぐらいが乾いたら冷風に切り替え仕上げましょう。

薬用シャンプーのおすすめ

薬用シャンプーオススメ
薬用シャンプーは色々ありすぎて分からない!
結局、どれがいいの?

薬用シャンプーは色々とありすぎて分からないという人にはチャップアップシャンプーがオススメです。

「チャップアップシャンプー」は、頭皮に負担が掛かる石油系の成分は一切含まれてなく、低刺激のアミノ酸系シャンプーです。

10種類のオーガニックエキスが配合されていて、シャンプーしながら頭皮ケアもできます。

美容師や毛髪診断士といった頭皮や髪の毛の専門家によって開発され「美容師が使ってほしいシャンプーNo.1」にも選ばれています。

普通肌や脂性肌は「さっぱりタイプ」

普通肌や脂性肌の人は、アミノ酸シャンプーの中でも頭皮の余分な皮脂や汚れをキチンと落とせる洗浄力をもったシャンプーを選ぶことが重要です。

洗浄力がやさしすぎると皮脂や汚れが落としにきれず、頭皮の毛穴に詰まってしまい抜け毛や薄毛の原因になります。

敏感肌や乾燥肌は「低刺激タイプ」

敏感肌や乾燥肌であれば、低刺激なシャンプーがオススメです。洗浄力がやさしいアミノ酸系シャンプーの中でも、香料や着色料といった添加物が含まれていないシャンプーを選びましょう。

殺菌作用があるアルコールはシャンプーに含まれることが多いですが、頭皮の過度な乾燥を引き起こす原因にもなるのでアルコールフリーを選びましょう。

頭皮の臭い対策のために配合されているメントールも頭皮に刺激を与えてしまう場合があります。

敏感肌や乾燥肌で頭皮の状態が気になる人は、なるべく頭皮に与える刺激は避けた方が良いでしょう。

抜け毛や薄毛の原因はAGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)クリニックに相談
薬用シャンプーを継続して使用しているけど薄毛が治らない
もう諦めてハゲになるのを待つしかないのか…。

薬用シャンプーで頭皮環境を整えることは大切ですが、それ以上に大切なことがあります。それは、AGA(男性型脱毛症対策)です。

前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛・薄毛が増える主な原因はAGA(男性型脱毛症)によるものです。AGAは早期発見・早期解決により治せる症状です。

AGAは成人男性の3人に1人が発症する病気で、思春期以降に前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛や薄毛が進行します。抜け毛や薄毛で悩む人の90%はAGAが原因といわれています。

薬用シャンプーで、前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛・薄毛が改善されないようならば、AGA治療専門のクリニックに一度相談してみることをオススメします。

▼無料カウンセリング予約はこちら▼

AGAスキンクリニック公式サイト

抜け毛や薄毛の本当の原因と発毛実感率99%以上の対策方法に興味がある人はこちらの記事もご覧ください。 【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

AGAによる抜け毛・薄毛は薬用シャンプーを使用しただけでは治すことが難しい疾患です。

薬用シャンプーを使用した頭皮ケアは、抜け毛・薄毛を予防する上で重要な対策になりますが、併せてAGA治療を行うことをオススメしています。

AGA治療では「フィナステリド(プロペシア)」、「デュタステリド(ザガーロ)」、「ミノキシジル(ロゲイン)」といった内服薬や外用薬を使用します。

こういった、AGA治療に効果のある内服薬や外用薬を継続して使うことにより、目に見えて抜け毛・薄毛の症状に変化が出ます。個人差はありますが、半年程で抜け毛や薄毛に明らかな回復が見られるケースがあります。

【まとめ】薬用シャンプーの効果と薄毛対策

抜け毛・薄毛対策まとめ

薬用シャンプーの効果は、「頭皮環境を整えて、髪の毛が育ちやすくする」ことです。

そのため、シャンプーだけで抜け毛や薄毛が改善したという機関での「実験・実証結果」はありません。このことはスカルプDを販売しているアンファー株式会社が運営するアンファーストアでも公式に記載されています。

もちろん、頭皮環境を整えて抜け毛や薄毛が進行し難い状態をつくることは大切です。しかし、それ以上に重要なことは、抜け毛や薄毛を進行させている原因を理解して、直接的な対策を行うことです。

抜け毛や薄毛の悩みの90%はAGA(男性型脱毛症)が原因です。AGA治療では「フィナステリド(プロペシア)」、「デュタステリド(ザガーロ)」、「ミノキシジル(ロゲイン)」といった内服薬や外用薬を使用します。

これが、抜け毛や薄毛を抑制して、育毛・発毛促進する本当の成分です。

AGAは早期発見・早期解決により治せる症状です。AGA治療専門のクリニックでは無料相談を行なっていますので、まずは抜け毛や薄毛の悩みを相談してみてください。あなたのストレスや悩みを解消する抜け毛・薄毛対策が見つかるはずです。
▼無料カウンセリング予約はこちら▼

AGAスキンクリニック公式サイト

抜け毛や薄毛の本当の原因と発毛実感率99%以上の対策方法に興味がある人はこちらの記事もご覧ください。 【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

要点まとめ
  1. 薬用シャンプーの効果は、頭皮環境を整えること。
  2. 薬用シャンプーは日常の頭皮ケアにオススメ。
  3. 薬用シャンプーではアミノ酸系シャンプーがオススメ。
  4. 薬用シャンプーには直接的な育毛・発毛促進効果は無い。
  5. 薬用シャンプーの使用と併せて、AGA専門の病院に相談する。
【厳選!】おすすめAGAクリニック
AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック

発毛実感率99.4%!全国51院(最寄駅3分以内)】AGAスキンクリニックは、全国に51院を展開する最大手のクリニックであり、治療実績や症例が豊富にあります。
GACKTさんや篠崎愛さんを起用したTVコマーシャル、雑誌や電車内の広告でも知名度は抜群!月3400円から始められるリーズナブルな価格も人気です。

評価(星5個中)
オススメ理由① 発毛実感率99.4%という確かな治療実績
オススメ理由② 全国で発毛専門院を51院展開!すべて最寄り駅から徒歩3分
オススメ理由③ 最安値に挑戦!月3,400円(税抜き)から始める薄毛治療

詳細ページ公式ページ

ヘアメディカルグループ
ヘアメディカル

日本初の発毛治療専門の医療機関『ヘアメディカルグループ』には、19年間で薄毛・AGA190万人の治療実績があります。その豊富な治療実績から一人ひとりの症状に合わせた最新の頭髪治療を行なっています。
また、治療費が明確で高額なローンを組む必要がないのも魅力の一つです。

評価(星5つ)
オススメ理由① 【日本一の発毛治療実績】19年間で190万人の実績は業界NO.1
オススメ理由② 【安心の明朗会計】月32,000円(税別)以上掛からない
オススメ理由③ 【最寄駅徒歩5分以内】東京・名古屋・大阪・福岡の4つのクリニック

詳細ページ公式ページ

銀座総合美容クリニック
銀クリAGA.com(gincli-aga.com)

【単院では東京でNo.1の患者数を誇る人気・安心のクリニック】銀座総合美容クリニックは、関東近郊にお住いの方に最もオススメできるAGAクリニックです。
AGA治療専門のクリニックとして常に患者さんの目線に立った運営をされています。また、患者さんの負担を理解し安心して通える治療費設定を行なっている点も魅力の一つです。

評価(星5個中)
オススメ理由① 単院では東京でNo.1の患者数を誇る人気のクリニック
オススメ理由② スタッフや医師の対応が非常によいため相談・通院しやすい。
オススメ理由③ 患者さんの負担を理解した安心の治療費設定も魅力の一つ

詳細ページ公式ページ