薄毛のコラム

食べ過ぎ(過食)は抜け毛・薄毛の原因?食事と抜け毛の関係とは

食べ過ぎ(過食)は抜け毛・薄毛の原因?食事と抜け毛の関係とは
食べ過ぎ(過食)はハゲるって本当?
結論から述べると、抜け毛や薄毛の直接的な原因は食べ過ぎ(過食)ではなくAGA(男性型脱毛症)が原因である可能性が高いといえます。

食べ過ぎ(過食)は抜け毛や薄毛の原因になると聞いたことがありませんか?今回は、食べ過ぎ(過食)と抜け毛や薄毛の関係についてご紹介します。それでは順番に見ていきましょう。

食べ過ぎ(過食)は抜け毛や薄毛の原因ではない?

食べ過ぎ(過食)は抜け毛・薄毛の原因?食事と抜け毛の関係とは
一般的に、食べ過ぎ(過食)は抜け毛や薄毛の進行を早めるといわれますが、成人男性の抜け毛や薄毛の悩みに関する約90%はAGA(男性型脱毛症)が原因です。そのため、食べ過ぎ(過食)が抜け毛や薄毛を進行させている可能性は低いといえます。

食べ過ぎ(過食)ではなくAGA(男性型脱毛症)が薄毛の原因

食べ過ぎ(過食)は抜け毛・薄毛の原因?食事と抜け毛の関係とは

成人男性の前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛や薄毛が進行する理由にはAGA(男性型脱毛症)が深く関係しています。

そのため、食べ過ぎ(過食)が原因で抜け毛や薄毛が進行しているというケースは少ないといえます。

AGA(男性型脱毛症)の原因は、「悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)」の働きによる髪の毛の脱毛です。食べ過ぎ(過食)が原因の頭皮トラブルなどによる髪の毛の脱毛とは切り離して考える必要があります。
▼無料カウンセリング予約はこちら▼

AGAスキンクリニック公式サイト

抜け毛や薄毛の本当の原因と発毛実感率99%以上の対策方法に興味がある人はこちらの記事もご覧ください。 【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

AGA(男性型脱毛症)による抜け毛や薄毛の進行を抑制するためには、脱毛を促進する物質「悪玉男性ホルモンDHT(ジロドロテストステロン)」の生成を阻害することが重要です。

「悪玉男性ホルモンDHT(ジロドロテストステロン)」の生成を阻害するためには、プロペシアやザガーロといったAGA治療薬の服用が最も効果的です。

食べ過ぎ(過食)でハゲるという根拠とは

食べ過ぎ(過食)は抜け毛・薄毛の原因?食事と抜け毛の関係とは
なぜ「食べ過ぎ(過食)はハゲる」といわれるのでしょうか?
食べ過ぎ(過食)により抜け毛や薄毛が進行するといわれる背景には主に5つの根拠があります。それでは順番にご紹介します。

①食べ過ぎ(過食)による脂質の過剰摂取

食べ過ぎ(過食)は抜け毛・薄毛の原因?食事と抜け毛の関係とは

食べ過ぎ(過食)により抜け毛や薄毛が進行するといわれる理由の一つは、「脂質(脂肪)」の過剰摂取が関係しています。

脂質の過剰摂取は皮脂の過剰分泌と血流の悪化を引き起こします。適量の脂質ならば体内の働きにより燃焼されますが、食べ過ぎ(過食)により脂質を過剰に摂取していると消化しきれず脂肪となって体内に蓄積されてしまいます。

体内に蓄積された脂肪が原因となり頭皮の皮脂が過剰に分泌されるようになると、毛穴詰まりや炎症といった頭皮トラブルを引き起こすことがあります。

頭皮の毛穴が皮脂詰まりを起こすと髪の毛の成長に欠かせない栄養素が届き難くなります。そうなると、髪の毛は次第に細く弱くなり最後には抜け落ちてしまうことがあります。
  • 食べ過ぎ(過食)により脂質を取り過ぎている場合、過剰に皮脂が分泌され頭皮トラブルを引き起こす原因となります。
  • 特に、身体の皮膚の中でも頭皮には皮脂腺が多く存在しているため皮脂が盛んに分泌されやすい傾向にあります。
  • 食べ過ぎ(過食)とAGA(男性型脱毛症)の進行には直接的な関係はありませんが、食べ過ぎ(過食)により引き起こされる頭皮の毛穴詰まりは、育毛・発毛に悪影響を及ぼします。

②食べ過ぎ(過食)による糖質の過剰摂取

食べ過ぎ(過食)は抜け毛・薄毛の原因?食事と抜け毛の関係とは

甘い物など糖質が多く含まれる食品を食べ過ぎると糖質が体内に過剰に蓄積されます。

糖を分解するためには髪の毛の生成に必要なビタミンB群が大量に消費します。人間は生命を維持するために必要な部分(内臓など)から栄養を消費するため、髪の毛の生成に使われる栄養は不足しがちです。

また、食べ過ぎ(過食)により血糖値が上昇すると、体内では血糖値の上昇を抑えるためにインスリンが分泌されるようになります。

血糖値の上昇や低下を繰り返すことで、倦怠感、情緒不安定、ストレスといった症状を感じやすくなります。ストレスは抜け毛や薄毛を進行する要因になるため注意が必要です。

食物繊維が多く含まれる食べ物は糖質の吸収を穏やかにする働きがあります。糖質が多く含まれるものを食べる前に、食物繊維を摂取することで血糖値の上昇を防ぎ糖化予防になります。

ストレスと抜け毛や薄毛の関係!ハゲを予防・改善する方法を徹底解説
【ストレスと抜け毛や薄毛の関係】ハゲを予防・改善する方法を徹底解説 最近、ストレスによる抜け毛や薄毛が気になっていませんか?ストレス社会とも呼ばれる現代では、仕事、人間関係、家事、育児など...

食べ過ぎ(過食)により生成される老化物質「AGE」

体内に蓄積した糖質はたんぱく質と結合して「糖化現象」を引き起こします。糖化現象は体内に老化物質「AGE」を生成します。

AGEとは終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)、すなわち「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」のこと。強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。老化というとすぐに思い浮かぶのはお肌のシミ・シワや認知症などかもしれませんが、それだけではありません。AGEが血管に蓄積すると心筋梗塞や脳梗塞、骨に蓄積すると骨粗しょう症、目に蓄積すると白内障の一因となり、AGEは美容のみならず、全身の健康に影響を及ぼしていると言えます。体のあちらこちらで深刻な疾病を引き起こすリスクとなるAGEを体内に溜めない生活・減らす生活を送ることが大切です。

体内に溜まるほど老化が進むAGE|AGE測定推進協会

老化物質「AGE」は頭皮の真皮層にあるコラーゲンやエスラチンを硬くするため頭皮の柔軟性が失われます。また、血管を硬くする働きがあり、頭皮の毛細血管に十分な栄養が行き渡らなくなります。

食べ過ぎ(過食)は抜け毛・薄毛の原因?食事と抜け毛の関係とは

頭皮に栄養が行き渡らなくなると毛母細胞の活動が低下するようなります。そして、徐々に髪の毛の成長も衰えるようになり抜け毛や薄毛が目立つようになります。

なお、老化物質「AGE」が髪の毛の色素をつくりだすメラノサイトに蓄積すると、髪の毛に必要なメラニン色素が不足して白髪が目立つようになります。

③食べ過ぎ(過食)による塩分の過剰摂取

食べ過ぎ(過食)は抜け毛・薄毛の原因?食事と抜け毛の関係とは

食べ過ぎ(過食)により塩分を過剰に摂取すると血液の塩分濃度が高まります。塩分濃度の高い血液は血管の老化を進行させる原因になります。

血管が老化して血流が悪化すると頭皮の毛根にも栄養が十分に行き渡らなくなり抜け毛や薄毛が進行すると考えられています。

塩分の過剰摂取により発毛促成因子「IGF-1」が減少する傾向にあるといわれます。高血圧になると発毛促成因子「IGF-1」が減少するというデータもあるため塩分の過剰摂取には注意が必要です。

④食べ過ぎ(過食)による内臓機能の低下

食べ過ぎ(過食)は抜け毛・薄毛の原因?食事と抜け毛の関係とは

美味しい料理が振舞われる飲み会、忘年会、新年会といったイベントでは、ついつい食べ過ぎてしまうことがありますよね。身体に良い食べ物も食べ過ぎることにより身体に悪影響を及ぼすことがあります。

特に、食べ物を消化する内臓には負担がかかりやすく内臓機能の低下を引き起こすことがあります。内臓機能が低下すると栄養の吸収率が悪くなり、頭皮や髪の毛に必要な栄養が不足するようになります。

食べ過ぎてお腹を壊したり胃が痛くなった経験はありませんか?このような症状は内臓機能の低下が関係しています。栄養を十分に吸収する前に体外に排出されてしますので食べ過ぎ(過食)には注意が必要です。

早食いにも注意が必要です。早食いをすると満足感を得られにくいため、ついつい食べ過ぎしてしまう傾向にあります。

また、噛む回数が減ることにより消化不良を引き起こしやすくなり、消化器官や内臓に大きな負担をかける原因にもなります。

噛む回数が多いと満腹中枢が刺激され比較的少ない量の食事でも満足度が高くなる傾向にあります。

⑤食べ過ぎ(過食)による悪玉ホルモンの増加

食べ過ぎ(過食)は抜け毛・薄毛の原因?食事と抜け毛の関係とは

食べ過ぎ(過食)により内臓脂肪が増えると悪玉ホルモン「PAI-1」の働きが活性化する傾向にあります。

PAI-1(プラスミノゲンアクチベーターインヒビター-1):PAI-1(パイワン)は、血栓と呼ばれる血管内の血液の塊を溶かす働きを調節しています。血液中のPAI-1の量が増加しすぎると血栓ができやすくなります。内臓脂肪の蓄積が過剰になると、血液中のPAI-1の量が増加します。すると、血栓は溶けにくい状態に傾き、心筋梗塞や脳梗塞(のうこうそく)の危険性が高くなると考えられます。

必見!脂肪組織の働き|大塚製薬

内臓脂肪は体内のエネルギーを蓄える働きがあり生命維持には欠かせない働きをします。しかし、内臓脂肪が増え過ぎてしまうと善玉ホルモンの働きが鈍くなり、悪玉ホルモンの働きが活性化するようになります。

悪玉ホルモンが増加することにより、血圧が高くなったり血行が悪くなったりします。このような要因により頭皮に十分な栄養が行き渡らなくなり抜け毛や薄毛が進行しやすくなります。

アルコールの過剰摂取にも注意

食べ過ぎ(過食)は抜け毛・薄毛の原因?食事と抜け毛の関係とは

アルコールは適量であれば血行促進作用があります。しかし、過剰なアルコール摂取は睡眠の質の低下、肝臓への負担といった様々な害をもたらします。

日常的にアルコールを摂取している場合、髪の毛の生成に欠かせないタンパク質の合成が阻害されるようになります。

また、アルコール分解時に発生するアセトアルデヒドの働きにより体内の「悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)」が増加するため、AGAの進行が早まる可能性があります。

タンパク質は髪の毛の大部分を構成する重要な栄養素です。タンパク質には、肉、魚、卵に含まれる「動物性タンパク質」と、豆腐や納豆に含まれる「植物性タンパク質」があります。

どちらもバランスよく摂取することが大切ですが、動物性タンパク質の過剰摂取は内臓脂肪の過剰な蓄積につながりやすいので注意しましょう。

抜け毛や薄毛の抑制に効果がある食事(食べ物)

食べ過ぎ(過食)は抜け毛・薄毛の原因?食事と抜け毛の関係とは

AGA(男性型脱毛症)を抑制するためには、AGA治療薬(プロペシアやザガーロ)を用いるのが最も基本的な対策となります。

しかし、食品に含まれる成分にも抜け毛や薄毛を抑制する成分が確認されているものがあります。

AGA治療薬と比べると抜け毛や薄毛を抑制する効果や育毛・発毛促進する効果は減少しますが、食品なので副作用がなく日常の生活習慣に簡単に取り入れられるのが魅力です。以下に纏めましたので参考にしてください。
  1. イソフラボン:大豆製品(豆乳)などに多く含まれる「イソフラボン」は女性ホルモンと似た働きをするといわれます。また、AGAの原因となる還元酵素5αリダクターゼの働きを阻害するため、AGA(男性型脱毛症)で悩まれる人には必須の栄養素といわれます。
  2. 亜鉛:育毛サプリにも含まれる成分でも有名な亜鉛には、髪の毛の生成には欠かせないミネラルです。
  3. ノコギリヤシ:ノコギリヤシから抽出したエキスは、還元酵素5αリダクターゼの活性を抑制することにより、AGA(男性型脱毛症)の原因となるドロテストステロンの生成を抑えます。そのため、抜け毛や薄毛にも効果的であるといわれます。

【まとめ】食べ過ぎ(過食)が育毛・発毛に与える影響

食べ過ぎ(過食)は抜け毛・薄毛の原因?食事と抜け毛の関係とは

抜け毛や薄毛で悩まれている人の中には、「食べ過ぎ(過食)」が抜け毛や薄毛の原因になっているかもしれないと心配をしている人も多いと思います。

しかし、あなたの抜け毛や薄毛の悩みは、食べ過ぎ(過食)が原因になっている可能性は低いといえます。最も可能性が高い抜け毛や薄毛の原因はAGA(男性型脱毛症)です。

もちろん、食べ過ぎ(過食)による脂質、糖質、塩分などの過剰な摂取は頭皮や髪の毛の生育に良い影響は与えません。乱れた食生活を続けていると、頭皮の環境は悪化してフケや悪臭を放つようになります。そのため、食生活の見直しは大切です。

AGA(男性型脱毛症)は成人男性の約3人に1人、日本では約1200万人が発症している病気ですが、早期発見・早期治療により治すことが可能です。

AGAクリニックでは薄毛治療専門の医師やカウンセラーが、あなたの抜け毛や薄毛の悩みに対して丁寧に答えてくれます。まずは一度、無料カウンセリングで専門の医師に頭皮の状態を確認してもらい、抜け毛や薄毛の悩みを相談してみましょう。

▼無料カウンセリング予約はこちら▼

AGAスキンクリニック公式サイト

抜け毛や薄毛の本当の原因と発毛実感率99%以上の対策方法に興味がある人はこちらの記事もご覧ください。 【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

要点まとめ
  • 食べ過ぎ(過食)は頭皮トラブルを引き起こす可能性を高める。
  • 頭皮トラブルにより抜け毛や薄毛が進行するケースもある。
  • 抜け毛や薄毛に関する悩みの約90%はAGA(男性型脱毛症)。
  • AGA治療が抜け毛や薄毛の対策を行う上で最も基本的な取り組み。
  • まずはAGA(男性型脱毛症)の進行状態をクリニックで確認する。
【厳選!】おすすめAGAクリニック
AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック

発毛実感率99.4%!全国51院(最寄駅3分以内)】AGAスキンクリニックは、全国に51院を展開する最大手のクリニックであり、治療実績や症例が豊富にあります。
GACKTさんや篠崎愛さんを起用したTVコマーシャル、雑誌や電車内の広告でも知名度は抜群!月3400円から始められるリーズナブルな価格も人気です。

評価(星5個中)
オススメ理由① 発毛実感率99.4%という確かな治療実績
オススメ理由② 全国で発毛専門院を51院展開!すべて最寄り駅から徒歩3分
オススメ理由③ 最安値に挑戦!月3,400円(税抜き)から始める薄毛治療

詳細ページ公式ページ

ヘアメディカルグループ
ヘアメディカル

日本初の発毛治療専門の医療機関『ヘアメディカルグループ』には、19年間で薄毛・AGA190万人の治療実績があります。その豊富な治療実績から一人ひとりの症状に合わせた最新の頭髪治療を行なっています。
また、治療費が明確で高額なローンを組む必要がないのも魅力の一つです。

評価(星5つ)
オススメ理由① 【日本一の発毛治療実績】19年間で190万人の実績は業界NO.1
オススメ理由② 【安心の明朗会計】月32,000円(税別)以上掛からない
オススメ理由③ 【最寄駅徒歩5分以内】東京・名古屋・大阪・福岡の4つのクリニック

詳細ページ公式ページ

銀座総合美容クリニック
銀クリAGA.com(gincli-aga.com)

【単院では東京でNo.1の患者数を誇る人気・安心のクリニック】銀座総合美容クリニックは、関東近郊にお住いの方に最もオススメできるAGAクリニックです。
AGA治療専門のクリニックとして常に患者さんの目線に立った運営をされています。また、患者さんの負担を理解し安心して通える治療費設定を行なっている点も魅力の一つです。

評価(星5個中)
オススメ理由① 単院では東京でNo.1の患者数を誇る人気のクリニック
オススメ理由② スタッフや医師の対応が非常によいため相談・通院しやすい。
オススメ理由③ 患者さんの負担を理解した安心の治療費設定も魅力の一つ

詳細ページ公式ページ