薄毛の原因

抜け毛の多い時期は9月~10月!季節で変わる薄毛・ハゲ事情

秋は抜け毛・薄毛の季節

「9月・10月に入ってから、なんか最近、抜け毛が増えてきたような..。」と感じる人はいませんか?実は、抜け毛・薄毛の状態は季節によって変化します。秋(特に9月~10月)に多くなる抜け毛・薄毛の原因について理解を深めて、薄毛対策に取り組みましょう。

抜け毛・薄毛は時期や季節で変わるの?

抜け毛や薄毛で悩む人が増える季節や時期には特徴があります。特に、年間を通して最も抜け毛が増える秋(9月~10月頃)の季節は、病院に抜け毛や薄毛で相談する人が増加する傾向にあります。

季節で変化する抜け毛の本数とは?

抜け毛を気にする男性

個人差はありますが、人の毛髪はおよそ10万本あり、平均すると1日に約60本前後が抜け落ちます。平均なので、抜け毛が少ない人では10本前後であったり、抜け毛が多い人では100本前後の毛髪が抜け落ちます。

また、抜け毛の本数は季節によっても大きく変化します。他の季節と比べて毛髪が最も抜けやすい季節である秋(特に9月~10月)には、抜け毛の量が3倍程度も増加する傾向にあります。

例えば、春には1日に約50本前後の毛髪が抜け落ちる人の場合、秋(特に9月~10月)になると1日に約150本前後の毛髪が抜け落ちることになります。

秋(特に9月~10月)に抜け毛が増える理由とは

抜け毛の原因を説明します

秋(特に9月~10月)に抜け毛や薄毛の相談が増える要因には様々な理由があります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

感覚的にも秋(特に9月~10月)は薄毛を感じやすい

毛髪の成長速度は4月頃から徐々に速くなり、夏頃に最も成長が早くなります。そして、9月頃から徐々に成長の速度が遅くなります。こういった成長速度が遅くなることも一因となり、秋(特に9月~10月)は薄毛を感じやすくなります。

特に、「成長期毛」と呼ばれる頭皮から外に出ている部分(普段、私たちが髪の毛と呼んでいる部分)は加齢により減少します。したがって、年齢が上の人ほど、毛髪の入れ替わりや成長速度の変化は感じやすい傾向にあります。

急激な気温・気候変化と抜け毛に関係あり

蒸し暑い夏の季節を終え、9月の残暑を迎える頃には気温が徐々に低下、10月には更に気温が低下します。こういった季節の変わり目には、自律神経やホルモンバランスが乱れやすく、毛髪の新陳代謝にトラブルが出やすくなります。

特に、9月~10月は気候が不安定なことに加え、朝晩の気温変化も大きいため、自律神経やホルモンバランスが乱れやすく、抜け毛や薄毛で悩む人が増加する傾向にあります。

また、9月~10月は頭皮の乾燥によるトラブルが増え出す時期でもあります。頭皮の乾燥はフケや毛周期(ヘアサイクル)の乱れを招き、抜け毛・薄毛を引き起こす原因となります。

秋も深まると気温がグッと下がるため、頭皮の活動が低下して毛穴が詰まりやすくなります。身体が冷えると血流不全や新陳代謝の低下を引き起こします。

20分程度を目安にお風呂に浸ったり、30分程度を目安にウォーキングやジョギングといった有酸素運動を行うことで、血流の改善が期待できます。

秋(9月~10月)は「毛替わり」の時期

薄毛で悩む人

毛髪は毛母細胞の細胞分裂によって生成されますが、夏の終わりから秋(特に9月~10月)にかけて毛母細胞の入れ替りが活発化します。

毛母細胞の入れ替わりが夏の終わりから秋にかけて活発化する理由は、冬の寒い時期に備えるとためといわれています。

毛髪は一定の周期で生え替わりを繰り返していますが、生え変わりの季節といわれる秋では、通常の3倍程度の毛髪が抜け落ちる人もいます。

個人差があるので一概にはいえませんが、抜け毛が多い人では秋になると1日に200本近くも毛髪が抜ける場合があります。

秋(9月~10月)の抜け毛・薄毛は夏のダメージが原因?!

秋の抜け毛は夏に蓄積したダメージに関係あり

秋に抜け毛が増える最も大きな原因は、夏に蓄積したダメージによるものです。頭皮が受けたダメージの影響は、2~3ヶ月程度遅れて表面化するといわれています。

つまり、秋(特に9月~10月)の抜け毛・薄毛の原因となっているダメージは、夏の間(7月~8月)に受けたダメージが表面化してきたことが原因です。

夏のダメージの代表例を列挙してみます。

・夏は高温多湿なため、頭皮が蒸れて雑菌が繁殖する。
・夏の強い紫外線やエアコンの使用により、頭皮の乾燥や炎症が起きる。
・夏バテや過度なダイエットにより、頭皮の栄養が不足する。
・夏の間の生活習慣が乱れたことで、頭皮の血流不全が起きる。

秋(特に9月~10月)の抜け毛・薄毛は夏のダメージが原因!

薄毛の原因は夏のダメージ

秋(9月~10月)の抜け毛・薄毛につながりやすい夏のNG行動として、夏バテや過剰なダイエットによる栄養不足、睡眠不足、紫外線、エアコンの使用による頭皮の乾燥といったことが挙げられます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

頭皮が蒸れて雑菌が繁殖

高温多湿な夏の間は、汗や皮脂の分泌量が増加しているため、頭皮環境が悪化しやすくなります。頭皮の汗や皮脂の分泌が増加すると、頭皮の毛穴に皮脂が詰まり雑菌も繁殖しやすくなります。頭皮の皮脂詰まりや雑菌の繁殖は、頭皮の炎症を引き起こす原因となり、抜け毛や薄毛が増加します。

また、毛穴に残った皮脂は、悪臭やフケといった頭皮トラブルの原因にもつながります。頭皮環境の悪化による炎症やフケといった頭皮トラブルは、9月~10月の抜け毛や薄毛につながります。

夏の紫外線と頭皮の日焼け

夏の紫外線は頭皮にダメージを与えます

夏の強い紫外線は、頭皮の過剰な乾燥を引き起こし頭皮環境を悪くします。紫外線による日焼けで赤くなった頭皮は乾燥しやすくなっていて、フケやかゆみといった様々な頭皮トラブルを招きます。

また、乾燥した頭皮は、頭皮を保護する役割をもつ皮脂が異常に少なくなっているため、外部からの刺激に対してデリケートな状態になっています。

さらに、紫外線は毛髪内部のタンパク質のバランスを崩し、水分保有率を下げるというデータがあります。毛髪の水分や栄養分が減少すると毛髪はダメージを受けやすくなります。

紫外線は老いの原因となる活性酸素も生み出します。毛髪の大部分はタンパク質から成り、タンパク質は複数のアミノ酸の結合で構成されています。活性酸素はアミノ酸を酸化させる働きがあり、毛髪の大部分をつくるタンパク質にもダメージを与えます。

頭皮に活性酸素が多く発生した場合、頭皮の毛母細胞が老化してしまい抜け毛や薄毛の問題を引き起こす可能性が高まります。

一般的に、顔や腕などの目につきやすく露出している部分を重点的に日焼け対策を行なっている人が多いですが、頭皮についても、しっかり日焼け対策を行いましょう。

・頭皮の乾燥や炎症は頭皮トラブルを引き起こす。
・紫外線はタンパク質のバランスを崩し、毛髪にダメージを与える。
・紫外線により発生した活性酸素が毛母細胞を老化させる。

夏バテやダイエットによる栄養不足

ダイエットにより頭皮と毛髪が栄養不足

日本の夏は蒸し暑く、夏バテによる食欲不振に陥りがちです。また、夏の間は水着を着るために過剰なダイエットでムリな食事制限をする人が増えます。

しかし、夏バテによる食欲不振や過剰なダイエットは、全身の血流不全や頭皮の栄養不足状態を引き起こし、抜け毛や薄毛の原因につながります。

特に、頭皮や毛髪の環境を健康に保つために重要となる栄養素「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン」が不足することで様々な頭皮トラブルが発生します。

毛髪は頭皮の毛細血管から栄養を取り入れることにより生成・発育します。頭皮の毛細血管は毛髪の1/10程度の細さしかなく、血流が悪くなると十分に栄養を運ぶことができなくなります。

こうした結果、9月~10月の抜け毛・薄毛に繋がる可能性を高めてしまいます。

夏にお酒を飲み過ぎた..(アルコールの過剰摂取)

お酒(アルコール)は抜け毛の原因

蒸し暑い夏は、ビールやワインなど、お酒を飲む量が増える人が多くなる季節。適量のお酒は血流をよくしますが、アルコールの分解には毛髪にとって必須のアミノ酸を大量に消費します。

お酒を多く飲む場合、毛髪に十分なアミノ酸が行き届かなくなり、ハリやコシがなくなり細くなる原因となります。

アルコールの摂取によって作られた有害な物質を分解するために、毛髪にとって必須のシスチンという栄養素を消費します。シスチンを大量に消費することで毛髪を作る材料が不足する状態を引き起こしてしまいます。

また、アルコールに含まれる糖分は体内で脂肪に変わります。その結果、過剰な皮脂の分泌を引き起こしたり、皮脂が頭皮の毛穴に詰まる原因となります。皮脂が毛穴に溜まると抜け毛・薄毛の原因にもつながりますので注意しましょう。

夏の暑さによる運動不足

蒸し暑い夏は外に出るのが億劫になりがちです。しかし、運動不足は頭皮の新陳代謝を悪化させる上、心肺機能の低下は血流によって頭皮に運ばれる酸素の量を減少させてしまいます。

太陽が沈む夕方頃は、日中に比べて気温が下がり紫外線も減ります。30分程度のウォーキング・ジョギング・サイクリング・水泳といった有酸素運動を行うことで血流が良くなる効果があります。

血流を良くすることで、頭皮の毛細血管に栄養が行き渡ります。また、体を動かすことにより体内の老廃物を外に出す効果(デトックス効果)も期待できます。

熱帯夜が続き睡眠不足

薄毛と睡眠不足の関係

夏は夜の間も暑い日が続くため、睡眠不足になりがちです。睡眠不足が原因となり自律神経やホルモンバランスが乱れ、抜け毛・薄毛につながります。

毛髪は頭皮にある毛母細胞の細胞分裂によって生み出されます。毛母細胞の働きは成長ホルモンによって促進されることが確認されていますが、この成長ホルモンは睡眠中に最も分泌されます。つまり、睡眠の時間が短いと成長ホルモンの分泌も少なくなり、毛母細胞の活性化が妨げられる原因となります。

また睡眠には、心身のメンテナンス・体温調整・免疫機能の維持といった様々な役割があります。しかし、睡眠の質が下がり、成長ホルモンの分泌量が減少すると血流や新陳代謝の悪化を引き起こし、頭皮にも悪影響が及ぼされます。

睡眠中は生命維持に必要な部分(内臓など)から修復される為、頭皮や毛髪の修復・回復は後回しになります。その為、特に頭皮や毛髪は睡眠の影響を受けやすいのです。

夏の暑さで自律神経の働きが低下

夏の暑さは自律神経の乱れを引き起こします。人間の体温は常に一定に保たれていますが、夏は他の季節よりも一定に維持するためにエネルギーを多く消費します。この状態が続くと、体に負荷がかかり自律神経のバランスが乱れてしまいます。

自律神経には、緊張状態をつくりだす交感神経とリラックス状態をつくりだす副交感神経があります。副交感神経は夜間や睡眠中に、頭皮や毛髪を修復・回復する働きをする成長ホルモンを多く分泌します。

自律神経が乱れると、成長ホルモンの分泌が減少するため、抜け毛や薄毛につながりやすくなります。

冷房の使用で頭皮が乾燥状態

冷房は薄毛の原因

乾燥した頭皮は、頭皮を保護する役割をもつ皮脂が異常に少なくなります。フケや炎症といった頭皮トラブルの他にも、外部からの刺激に対してデリケートな状態になっています。

部屋が乾燥しすぎやすいように、エアコンの温度設定を見直したり加湿器を利用して湿度を調整するなど注意する必要があります。

秋(特に9月~10月)の抜け毛・薄毛を予防する方法は?

9月~10月の抜け毛・薄毛を予防する方法としては、夏の間の生活習慣の質を高めることに加えて、頭皮ケアにも取り組むことが大切です。

一般的に、9月~10月の抜け毛・薄毛は、夏の間に蓄積したダメージが原因となっていることが多いため、夏の間の頭皮や毛髪のダメージをどれだけ抑えられるかが重要になります。

紫外線、乾燥、乱れた食生活、睡眠不足、運動不足などは頭皮環境に深刻な悪影響を与えるので注意する必要があります。

汗や皮脂による頭皮環境の悪化を防ぐ

シャンプーで頭皮ケア

夏の日中は、汗や皮脂の分泌が他の季節よりも多くなるため、1日1回シャンプーで皮脂や汗をキチンと洗い落とす必要があります。洗髪が不足すると、細菌が増加してしまい頭皮の環境は悪化します。

シャンプーの際には、毛髪よりも頭皮を洗うことを意識して、爪立てずに指の腹で洗います。洗髪後は細菌の繁殖を防ぐため、ドライヤーで十分に乾かします。

一方で、洗浄力の強すぎるシャンプーは過剰に皮脂を取り除いてしまいます。本来、頭皮を守る役割がある皮脂を過剰に取り除いてしまうと、フケやかゆみといった頭皮トラブルを引き起こす可能性を高めるため、オススメできません。

アミノ酸系のシャンプーは、洗浄力が強すぎることもなく頭皮にも優しいです。特に、乾燥肌の人にはアミノ酸系のシャンプーはオススメです。

頭皮の大敵!紫外線は徹底的に防ぐ

紫外線を防いで薄毛予防

9月~10月の抜け毛・薄毛を予防する方法として、頭皮の紫外線対策を行いましょう。紫外線は夏に強くなるイメージがありますが、実は4月頃から増えていきます。

特に、夏至を迎える6月~9月初旬頃までは、紫外線の量が非常に多くなります。したがって、春から紫外線対策を行うことで頭皮のトラブルを予防する必要があります。

夏の頭皮ケア

・帽子(頭皮の蒸れには注意)
・日傘
・UVスプレー
・化粧水で保湿。
・保湿性の高いシャンプーを使用。
・枕カバーはこまめに取り替える。

生活習慣(睡眠・運動・食事)の質を高める

夏の間に限らず、生活習慣(睡眠・運動・食事など)を改善することは、抜け毛・薄毛の進行を防ぐためには非常に大切なことです。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

頭皮環境の改善にオススメの育毛剤

頭皮環境の改善には育毛剤の使用もオススメです。育毛剤には、育毛・発毛促進の他にも、かゆみ・フケ・脱毛予防に効く様々な成分が含まれています。

また、育毛剤には植物や海藻エキスなどの成分が含まれていて、乾燥を防ぎ保湿効果を高めてくれるものもあります。

頭皮環境の改善にオススメのシャンプー選び

薄毛予防はシャンプー選びが大切

市販のシャンプーの中には、アルコール系の界面活性剤が含まれているものがありますが、洗浄力が強すぎるため使用は避けた方が無難です。

アルコール系の界面活性剤の成分には、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸塩があります。頭皮への負担が強いので、肌の弱い人や敏感肌の人が使用すると抜け毛の原因になることがあります。

無添加シャンプーなど、頭皮に負担がかからないアミノ酸系のシャンプーを選びましょう。

抜け毛・薄毛はAGA(男性型脱毛症)の可能性あり!

抜け毛・薄毛の原因はAGA(男性型脱毛症)?

抜け毛・薄毛は様々な要因で発生しますが、季節による一時的な抜け毛ではない場合、AGA(男性型脱毛症)による抜け毛・薄毛の可能性が高いです。

AGAによる抜け毛・薄毛の特徴として、毛周期(ヘアサイクル)が非常に短くなります。通常、毛髪の毛周期は成長期(4~6年)→ 退行期(2~3週間)→ 休止期(数ヶ月)で構成されています。

・成長期は4~6年、毛髪が成長する。
・退行期は2~3週間、毛髪の成長が止まる。
・休止期は数ヶ月、新しく生まれた毛髪に押し出されて抜け落ちます。

通常の場合であれば、成長期には2~6年程かけて毛髪が育ちます。しかし、AGAの症状が見られる人の場合は、成長期が数カ月〜1年程と極端に短く、毛髪が十分に育たないまま抜け落ちてしまいます。

AGAの症状が見られる人は、毛髪の成長期が短いために十分に生育しておらず「ハリやコシのない、細くて短い毛髪が多い」ことが特徴として挙げられます。

本来ならば、2年から6年程かけて成長するはずの毛髪が、数ヶ月から1年程で抜けてしまうために、ハリやコシがなく、細くて短い毛髪になってしまうのです。

まとめ

まとめ

秋(特に9月~10月)に抜け毛・薄毛が増える原因は、夏の間に蓄積したダメージによるものが最も大きな要因です。秋(特に9月~10月)の抜け毛・薄毛は、夏の間に対策を行うことで、頭皮環境の悪化を防ぐことができます。

頭皮や毛髪のトラブルが治らない場合は、AGA治療専門のヘアクリニックで相談することをオススメします。抜け毛・薄毛治療は早期発見、早期発見がとても大切です。薄毛も早い段階ならば治療によって改善する見込みがあります。

AGA治療専門のヘアクリニックで相談すれば、専門の医師による頭皮ケアや生活習慣のアドバイス、毛髪の状態について客観的な評価をしてもらえます。

一方で、抜け毛・薄毛が進行し年数が経ち過ぎてしまうと、期待したほどの改善が見込めないケースが増えてしまいます。抜け毛・薄毛の治療は、できるだけ早めに行動しましょう。

AGAクリニックの無料カウンセリング予約はこちら

要点まとめ

・秋(特に9月~10月)は、抜け毛の量が3倍程に増加することがある。
・秋(特に9月~10月)は、毛替わりの季節といわれ薄毛を感じやすい。
・秋は、毛髪の成長が遅くなり薄毛を感じやすい。
・秋の抜け毛・薄毛は、夏のダメージが主な原因。
・秋の抜け毛・薄毛予防には、夏の生活習慣とヘアケアが大切。
・頭皮トラブルが治らず抜け毛が不安な場合は、AGAの病院へ相談する。

【AGA治療おすすめクリニック】
AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック

【発毛実感率99.4%!全国51院(最寄駅3分以内)】AGAスキンクリニックはAGA治療・発毛専門に特化したクリニックです。全国に51院を展開する最大手のクリニックであり、治療実績や症例が豊富にあります。GACKTさんや篠崎愛さんを起用したTVコマーシャル、雑誌や電車内の広告でも知名度は抜群!月3400円から始められるリーズナブルな価格も人気です。

評価(星5個中)
オススメ理由① 発毛実感率99.4%という確かな実績
オススメ理由② 全国で発毛専門院を51院展開!すべて最寄り駅から徒歩3分
オススメ理由③ 最安値に挑戦!月3,400円(税抜き)から始める薄毛治療

詳細ページ公式ページ