薄毛の原因

梅雨時期(6月~7月)は抜け毛・薄毛が悪化する?ハゲ予防法を解説

梅雨の時期は抜け毛・薄毛に注意

梅雨時期(6月~7月)に抜け毛・薄毛が進行してきた..

梅雨の抜け毛が気になる

梅雨の時期はジメジメと蒸し暑く頭皮環境が悪化しがちです。特に、梅雨の時期(6月~7月)は、一年の中でも抜け毛が増える時期といわれています。

梅雨に髪が抜けるのは、あなただけじゃない

実は、梅雨の時期になると、抜け毛や薄毛で悩む人は多くいます。

なぜか洗髪やブラッシングの度に髪の毛がたくさん抜ける、どうしてだろう…?

抜け毛・薄毛の原因は様々ですが、特に梅雨の時期に抜け毛が進行する原因としては、湿気による頭皮環境の悪化やホルモンバランスの乱れによるものが挙げられます。

蒸し暑い梅雨の時期になると、頭皮は汗や皮脂でベタベタになりやすく頭皮環境が悪化して抜け毛・薄毛が進行します。

また、季節の変わり目にあたる梅雨は、自律神経やホルモンのバランスが乱れやすく、血流不全による抜け毛・薄毛が進行する傾向にあります。

季節の変わり目(梅雨)は抜け毛が増えやすい

季節の変わり目は抜け毛が増える?

季節の変わり目には、「気象病」と呼ばれる体調不良が目立ちます。気象病は、気温・気圧・湿度などの変化が原因となり、自律神経のバランスが乱れることで、目眩、頭痛、倦怠感や疲労感など様々な症状を引き起こします。

特に、梅雨の時期は低気圧の影響により酸素濃度が低下する傾向があり、自律神経のバランスが乱れやすくなります。自律神経の乱れによって、引き起こされる様々な症状はストレスの要因にもなります。

ストレスは頭皮の血流不全を引き起こす以外にも、老化を促進させる活性酸素を生み出すため、結果的に抜け毛や薄毛につながりやすくなります。

梅雨時期(6月~7月)に抜け毛・薄毛が悪化する理由

薄毛の原因は?

頭皮や毛髪がベタベタしがちな梅雨の季節は抜け毛や薄毛で悩む人が増えます。特に、梅雨の季節に多くなる抜け毛・薄毛の悩みは湿気による頭皮環境の悪化です。梅雨の季節にみられる抜け毛や薄毛の原因をみてみましょう。

雨にはチリやホコリなどの異物が含まれる

雨に濡れるとハゲる?

雨には大気中のチリやホコリに加え、微量ながら窒素酸化物などの有毒物質も含まれています。そのため、雨を浴びて放置していると、雨に含まれる細かな汚れが毛穴に詰まり、頭皮の炎症や抜け毛を引き起こします。

特に、髪の毛のスタイリングがまとまり難い梅雨の時期には、ワックスやムースなどの整髪料を使いがちになります。整髪料は雨に濡れると頭皮に流れるため、頭皮トラブルを引き起こすことがあります。

また、濡れた毛髪はキューティクルが開いているためダメージを受けやすく、少しのことでも大きな刺激になりがちなので注意が必要です。

一方、日本の雨はpH(ペーハー)4~6程度の酸性雨といわれ、抜け毛や薄毛の症状を進行させる原因とはなりません。

酸性雨とは?

・日本の雨はpH4~6程度の酸性雨。
・人間の身体(皮膚)のpH値は4.5~6程度。
・酸性雨が原因で抜け毛・薄毛は進行しない。

ちなみに、日本の有名な温泉郷には、強酸性泉(pH2未満)や酸性泉(pH2以上pH3未満)が多くありますが、温泉に浸って抜け毛・薄毛が進行したという話は聞いたことがありません。

梅雨時期は雑菌やカビが繁殖しやすい

梅雨の時期は雑菌による頭皮環境の悪化に注意

梅雨は食品が腐りやすい時期です。つまり、梅雨の時期は雑菌やカビが非常に繁殖しやすいのです。人間の場合、梅雨の時期になると気温や湿度が上がり頭皮の汗や皮脂の分泌が多くなります。

頭皮には20~30種類の皮膚常在菌がいますが、梅雨の時期には過剰に繁殖しやすくなります。過剰な皮膚常在菌は悪玉菌となり頭皮のかゆみや炎症といった頭皮トラブルを引き起こします。

汗や皮脂が多くなった頭皮の環境は、皮脂を餌とする雑菌にとって絶好の繁殖環境となりやすく、頭皮の炎症やニキビといった頭皮トラブルを引き起こし抜け毛・薄毛にもつながります。

濡れたままの布巾や雑巾をイメージして頂くと分かりやすいのですが、濡れたままのものを放置すると雑菌が繁殖して悪臭を放ちます。この状態は濡れたままの頭皮にも当てはまるので注意が必要です。

頭皮トラブルを放置し続けると、頭皮のフケや悪臭の他にも脂漏性脱毛症の可能性も高めますので、梅雨の時期には念入りな頭皮ケアが大切です。

湿気は頭皮の皮脂沈着を引き起こす

雑菌は頭皮の皮脂汚れの原因

梅雨の時期は、湿度が高くなり蒸し暑いため、頭皮から汗や皮脂が分泌されやすい状態になります。そのため、皮脂が毛穴に詰まりやすく抜け毛や薄毛の原因につながります。

蒸し暑い梅雨の時期は、汗や皮脂の分泌量が増加しているため、頭皮環境が悪化しやすくなります。頭皮の汗や皮脂の分泌が増加すると、頭皮の毛穴に皮脂が詰まり雑菌も繁殖しやすくなります。

頭皮の皮脂詰まりや雑菌の繁殖は、頭皮の炎症を引き起こす原因となり、抜け毛や薄毛が増加します。

また、毛穴に残った皮脂は、悪臭やフケといった頭皮トラブルの原因にもつながります。頭皮環境の悪化による炎症やフケといった頭皮トラブルは、抜け毛や薄毛の原因となります。

自律神経やホルモンバランスが乱れやすい

 

季節の変わり目は自律神経が乱れやすい
梅雨に入ってから身体がダルい気がする…。

季節の変わり目は、「気象病」と呼ばれる体調不良が目立ちます。気象病は、気温・気圧・湿度などの変化が原因となり、自律神経のバランスが乱れることで、目眩、頭痛、倦怠感や疲労感など様々な症状を引き起こします。

さらに、梅雨の時期は低気圧が原因で大気中の酸素濃度が低下します。酸素濃度が低下した状態は身体にストレスがかかるため、自律神経やホルモンバランスを崩しやすくなります。

こういった自律神経やホルモンバランスの乱れによる身体的・心理的ダメージはストレスの原因となり血流不全を引き起こします。血流不全になると頭皮の毛細血管に必要な栄養素が充分に運ばれなくなり、抜け毛や薄毛につながるので注意が必要です。

紫外線と蒸し暑さによる頭皮ダメージが抜け毛を増やす

紫外線による頭皮トラブルに注意

紫外線は、梅雨明けの夏(7月~8月)に強まるイメージがあります。実は、春先の4月頃から徐々に紫外線の量は増えています。特に、梅雨の時期の晴れた日は日差しが強く、頭皮の紫外線トラブルを引き起こしがちです。

特に、頭皮は顔の3倍の紫外線を浴びているといわれます。紫外線を浴びると、頭皮を守っている皮脂が酸化することで毛穴に炎症が起きることがあります。また、紫外線は頭皮を硬くしたり、頭皮の老化を引き起こしたりもします。

紫外線の量は曇りの日でも、晴れの日と比べて50~80%程度ありますので日焼け対策は必要です。

エアコンの過剰使用により頭皮が荒れる

エアコンの過剰使用は頭皮トラブルの原因

ジメジメと蒸し暑い梅雨の時期は、エアコンを使用して室内の湿度を調整することが頭皮環境を保つためにも必要です。しかし、過度なエアコンの使用は、頭皮の乾燥状態を引き起こします。

頭皮が乾燥している状態では、本来は頭皮を守る役割を果たす皮脂が過剰に少なくなっているため、外部からの刺激にデリケートになっています。

頭皮の乾燥状態が続くと、フケや炎症といった頭皮環境の悪化につながる他にも、細菌などによるダメージを受けやすくなるので注意が必要です。

蒸し暑い夜が続いて睡眠不足

薄毛と睡眠不足の関係

梅雨の時期は夜の間も蒸し暑い日が続くため、睡眠不足になりがちです。睡眠不足は自律神経やホルモンバランスの乱れを引き起こすため、抜け毛・薄毛の原因にもつながります。

毛髪は頭皮にある毛母細胞の細胞分裂によって生み出されます。毛母細胞の働きは成長ホルモンによって促進されることが確認されていますが、この成長ホルモンは睡眠中に最も分泌されます。

つまり、睡眠の時間が短いと成長ホルモンの分泌も少なくなり、毛母細胞の活性化が妨げられる原因となります。

睡眠には、心身のメンテナンス・体温調整・免疫機能の維持といった様々な役割があります。しかし、睡眠の質が下がり、成長ホルモンの分泌量が減少すると血流や新陳代謝の悪化を引き起こし、頭皮にも悪影響が及ぼされます。

睡眠中は生命維持に必要な部分(内臓など)から修復される為、頭皮や毛髪の修復・回復は後回しになります。その為、特に頭皮や毛髪は睡眠の影響を受けやすいのです。

梅雨の長雨で運動不足気味

梅雨は運動不足に陥りやすい

梅雨の時期になると連日のように雨が降るため運動不足に陥りがちです。しかし、運動不足は頭皮の新陳代謝を悪化させる上、心肺機能の低下は血流によって頭皮に運ばれる酸素の量を減少させてしまいます。

ジムやプールなどで適度に身体を動かすことをオススメします。30分程度の有酸素運動(ウォーキング・ジョギング・水泳)でも血流の改善効果が見込めます。

また、血流を良くすることで、頭皮の毛細血管に栄養が行き渡ります。さらに、体を動かすことにより体内の老廃物を外に出す効果(デトックス効果)も期待できます。

梅雨時期(6月~7月)の抜け毛・薄毛予防と対策

梅雨時期の薄毛予防と対策

梅雨の時期(6月~7月)の抜け毛・薄毛予防には、湿気による雑菌の繁殖を防ぎ、頭皮の汗や皮脂の沈着を防ぐことが重要です。また、生活習慣を整えることも自律神経やホルモンバランスが乱れやすい梅雨の時期には大切です。

何はともあれ、なるべく雨に濡れない

当たり前のことかもしれませんが、まずは汚れが含まれている雨から頭皮を守ることが大切です。濡れたままの頭皮を放置していると、毛穴に汚れが詰まったり雑菌が繁殖したりと様々な頭皮トラブルの原因になります。

梅雨の時期は折り畳み傘を持ち歩くなどして、頭皮を雨に濡れさせないように努めましょう。

湿度に注意して雑菌対策

梅雨の湿気は頭皮に悪影響

梅雨の湿度により雑菌は非常に繁殖しやすい状態にあります。頭皮はもちろんですが、汗をかいた身体や湿った服などにも注意して、できるだけ清潔な環境を保ちましょう。

特に、枕カバーやシーツなどの寝具は汚れやすく湿気やすいので、清潔に保つように注意が必要です。

また、除湿機を活用して部屋の湿度を調整することも雑菌対策には有効です。ただし、エアコンの過剰な使用は頭皮の乾燥状態を引き起こすため注意が必要です。

帽子や日傘を使い紫外線を避ける

紫外線は頭皮に悪影響

日差しで日焼けした頭皮は過剰に乾燥しているために、フケや炎症といったトラブルを引き起こしやすくします。通気性の高い帽子を被ったり、UVスプレーで頭皮を守るなど、頭皮の紫外線対策をバッチリ行いましょう。

生活習慣(睡眠・運動・食事など)の見直し

薄毛対策は生活習慣の見直しから

梅雨の時期に限らず、生活習慣(睡眠・運動・食事など)を改善することは、抜け毛・薄毛の進行を防ぐためには非常に大切なことです。

特に、自律神経やホルモンバランスは生活習慣によって変化しやすいため、規則正しい睡眠、適度な運動、バランスの良い食事を取ることは非常に大切です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

頭皮環境を整えることが大切

薄毛対策は頭皮環境を整えることが大切

梅雨の時期は、汗や皮脂の分泌が他の季節よりも多くなるため、1日1回シャンプーで皮脂や汗をキチンと洗い落とす必要があります。洗髪が不足すると、細菌が増加してしまい頭皮の環境は悪化します。

20分程、湯船に浸かると頭皮が柔らかくなり毛穴に詰まった皮脂やヘアワックスの汚れなどが落ちやすくなります。さらに、頭皮の血流改善効果も期待できる上、育毛剤などを使用している場合であれば頭皮への浸透効果も高まります。

シャンプーの際には、毛髪よりも頭皮を洗うことを意識して、爪を立てずに指の腹で洗います。シャンプー後はすすぎ残しが無いように丁寧に洗い流します。また、洗髪後は細菌の繁殖を防ぐため、ドライヤーで十分に乾かします。

アミノ酸系のシャンプーは、洗浄力が強すぎることもなく頭皮にも優しいです。特に、乾燥肌の人にはアミノ酸系のシャンプーはオススメです。頭皮に負担がかからないアミノ酸系のシャンプーを選びましょう。

アルコール系の界面活性剤が含まれているシャンプーは洗浄力が強すぎるため、過剰に皮脂を取り除いてしまいます。本来、頭皮を守る役割がある皮脂を過剰に取り除いてしまうと、フケやかゆみといった頭皮トラブルを引き起こす可能性を高めるため、オススメできません。

アルコール系の界面活性剤の成分には、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸塩があります。頭皮への負担が強いので、肌の弱い人や敏感肌の人が使用すると抜け毛の原因になることがあります。

梅雨の抜け毛・薄毛予防アイテム

頭皮環境の改善には育毛剤の使用もオススメです。育毛剤には、育毛・発毛促進の他にも、かゆみ・フケ・脱毛予防に効く様々な成分が含まれています。また、育毛剤には植物や海藻エキスなどの成分が含まれていて、保湿効果を高めてくれるものもあります。

抜け毛・薄毛の原因はAGA(男性型脱毛症)かも?

抜け毛・薄毛の原因はAGA(男性型脱毛症)?

抜け毛・薄毛は様々な要因で発生しますが、季節による一時的な抜け毛ではない場合、AGA(男性型脱毛症)による抜け毛・薄毛の可能性が高いです。

AGAによる抜け毛・薄毛の特徴として、毛周期(ヘアサイクル)が非常に短くなります。毛周期は成長期(4~6年)→ 退行期(2~3週間)→ 休止期(数ヶ月)で構成されています。

毛周期(ヘアサイクル)とは?
・成長期は4~6年で、毛髪が成長します。
・退行期は2~3週間で、毛髪の成長が止まります。
・休止期は数ヶ月で、新しく生まれた毛髪に押し出されて抜け落ちます。

通常の場合であれば、成長期には2~6年程かけて毛髪が育ちます。しかし、AGAの症状が見られる人の場合は、成長期が数カ月〜1年程と非常に短く、毛髪が十分に育たないまま抜け落ちてしまいます。

AGAの症状が見られる人は、毛髪の成長期が短いために十分に生育しておらず「ハリやコシのない、細くて短い毛髪が多い」ことが特徴として挙げられます。

本来ならば、2年から6年程かけて成長するはずの毛髪が、数ヶ月から1年程で抜けてしまうために、ハリやコシがなく、細くて短い毛髪になってしまうのです。

▼無料カウンセリング予約はこちら▼

AGAスキンクリニック公式サイト

抜け毛や薄毛の本当の原因と発毛実感率99%以上の対策方法に興味がある人はこちらの記事をご覧ください。 【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

まとめ

抜け毛・薄毛対策まとめ

いかがでしたでしょうか。ジメジメと蒸し暑い梅雨の時期になると、抜け毛や薄毛で悩む人が増加する傾向にあります。

まずは、梅雨の時期に抜け毛・薄毛が進行する理由を理解して、抜け毛や薄毛の原因に合わせた対策をすることが大切です。

また、今までは梅雨の時期の頭皮ケアに関心がなかった人も、今後の抜け毛や薄毛予防に役立てて頂ければ幸いです。

頭皮環境のトラブルが治らない場合は、AGA治療専門のクリニックで相談することをオススメします。抜け毛・薄毛治療は早期発見、早期発見がとても大切です。薄毛も早い段階ならば治療によって改善する見込みがあります。

AGA治療専門のクリニックで相談した場合、専門の医師による頭皮ケアや生活習慣のアドバイス、毛髪の状態について客観的な評価をしてもらえます。

抜け毛・薄毛が進行し年数が経ち過ぎてしまうと、期待したほどの改善が見込めないケースが増えてしまいます。抜け毛・薄毛の治療は、できるだけ早めに行動しましょう。

▼無料カウンセリング予約はこちら▼

AGAスキンクリニック公式サイト

抜け毛や薄毛の本当の原因と発毛実感率99%以上の対策方法に興味がある人はこちらの記事をご覧ください。 【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

要点まとめ

・梅雨は季節の変わり目で、自律神経やホルモンバランスが乱れやすい。
・雨は大気中の汚れを含むため、頭皮を雨で濡らしたまま放置しない。
・梅雨の時期は雑菌が繁殖しやすく頭皮のトラブルが起きやすい。
・梅雨の時期の紫外線やエアコンの過剰使用による頭皮の乾燥に注意。
・頭皮環境のトラブルが治らない場合は、AGA治療専門の病院で相談する。

【厳選!】おすすめAGAクリニック
AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック

発毛実感率99.4%!全国51院(最寄駅3分以内)】AGAスキンクリニックは、全国に51院を展開する最大手のクリニックであり、治療実績や症例が豊富にあります。
GACKTさんや篠崎愛さんを起用したTVコマーシャル、雑誌や電車内の広告でも知名度は抜群!月3400円から始められるリーズナブルな価格も人気です。

評価(星5個中)
オススメ理由① 発毛実感率99.4%という確かな治療実績
オススメ理由② 全国で発毛専門院を51院展開!すべて最寄り駅から徒歩3分
オススメ理由③ 最安値に挑戦!月3,400円(税抜き)から始める薄毛治療

詳細ページ公式ページ

ヘアメディカルグループ
ヘアメディカル

日本初の発毛治療専門の医療機関『ヘアメディカルグループ』には、19年間で薄毛・AGA190万人の治療実績があります。その豊富な治療実績から一人ひとりの症状に合わせた最新の頭髪治療を行なっています。
また、治療費が明確で高額なローンを組む必要がないのも魅力の一つです。

評価(星5つ)
オススメ理由① 【日本一の発毛治療実績】19年間で190万人の実績は業界NO.1
オススメ理由② 【安心の明朗会計】月32,000円(税別)以上掛からない
オススメ理由③ 【最寄駅徒歩5分以内】東京・名古屋・大阪・福岡の4つのクリニック

詳細ページ公式ページ

銀座総合美容クリニック
銀クリAGA.com(gincli-aga.com)

【単院では東京でNo.1の患者数を誇る人気・安心のクリニック】銀座総合美容クリニックは、関東近郊にお住いの方に最もオススメできるAGAクリニックです。
AGA治療専門のクリニックとして常に患者さんの目線に立った運営をされています。また、患者さんの負担を理解し安心して通える治療費設定を行なっている点も魅力の一つです。

評価(星5個中)
オススメ理由① 単院では東京でNo.1の患者数を誇る人気のクリニック
オススメ理由② スタッフや医師の対応が非常によいため相談・通院しやすい。
オススメ理由③ 患者さんの負担を理解した安心の治療費設定も魅力の一つ

詳細ページ公式ページ