薄毛の原因

薄毛・ハゲはプールや海で目立つ?夏の脱毛症予防・対策方法まとめ

夏のプールや海は薄毛の原因

薄毛(ハゲ)の人に夏のプールや海はつらい…

夏の薄毛に悩む男性

抜け毛や薄毛の気になる人にとって、夏のプールや海はつらいですよね。それでも、恋人や友達から誘われたら断れない時もあります。

今回は、夏のプールや海に誘われたときの対処法や、抜け毛・薄毛の対策方法を紹介します。

プールや海で薄毛(ハゲ)が気になる

プールや海は薄毛がバレる
プールに誘われたけど、髪が濡れるのがイヤだ…
薄毛(ハゲ)が友達にバレるのは絶対イヤ!

夏は抜け毛や薄毛が気になる人にとって最もつらい季節です。なぜなら、プールや海に入り髪の毛が濡れると、普段以上に薄毛(ハゲ)が目立ってしまうから…。

濡れた髪の毛は頭皮にペタった張り付き、ボリュームの無さが露呈されてしまいます。そもそも、プールや海に行かないという選択が出来れば良いのですが、なかなかそうはいきません。

それでも、恋人や友達から誘われた時には、断りきれない時もあります。そして、プールや海に行って、薄毛(ハゲ)がバレてしまったら…。そんな機会に備えて万全の準備を整え、少しでも精神的な負担を減らしましょう。

薄毛(ハゲ)の人にプールが危険な理由

プールには薄毛のリスクが多い

抜け毛・薄毛の気になる人にとっては、プールは非常に危険な場所です。もちろん、薄毛がバレること自体も問題ですが、それ以外にも「塩素」や「雑菌」など薄毛を進行させる様々なリスクがあります。

塩素が頭皮や髪の毛にダメージを与える

塩素による頭皮の乾燥は薄毛の原因

雑菌を消毒するためにプールには塩素を入れていますが、塩素は皮脂を分解する働きがあり頭皮や髪の毛の水分を奪い乾燥状態を引き起こします。

頭皮は、本来ならば皮脂によって守られていますが、乾燥した状態では皮脂が過剰に少なくなっているため、フケや炎症を引き起こしやすくなっています。

頭皮環境のトラブルは抜け毛や薄毛を進行させるため、プールに入った後はシャンプーで塩素をしっかり落としましょう。

プールで被るキャップにはメッシュタイプとシリコンタイプがあります。塩素による髪の毛のダメージを少しでも減らしたい場合は、シリコンキャップを被りましょう。

雑菌が頭皮や髪の毛にダメージを与える

プールの雑菌は頭皮に悪影響

塩素で消毒されているとはいえ、プールには雑菌が多く繁殖しています。特に、温度管理されて温かくなっているプールでは雑菌が繁殖するための絶好の条件が整っています。

濡れたままの頭皮や髪の毛を放置しておけば、頭皮のニキビや炎症などにもつながります。

長時間のプールは体温が下がり血流が悪化する

人間の体温は35~36℃程度ですが、プールの水温は27~30℃程度に管理されています。そのため、長時間プールに浸かっていると体温が低下して血流が悪くなりがちです。

血流が悪くなると頭皮に十分な栄養を運ぶことができなくなり、抜け毛や薄毛の原因にもつながります。

人によっては長時間プールに入っていると低体温症になることがあります。低体温症になった場合、血流不全の他にも免疫不全といったリスクも高めます。

また、自律神経のバランスが乱れることで抜け毛や薄毛が進行するので、身体を冷やし過ぎないように注意しましょう。

薄毛(ハゲ)の人に海が危険な理由

抜け毛・薄毛の気になる人にとっては、海も非常に危険な場所です。薄毛がバレること自体も問題ですが、それ以外にも「紫外線」や「海水」など様々な薄毛を進行させるリスクがあります。

紫外線が頭皮や髪の毛にダメージを与える

紫外線による頭皮トラブルに注意

紫外線には、毛母細胞の働きを促進するビタミンDを活性化させる働きがあります。しかし、過度に頭皮を紫外線にさらして日焼けしてしまうと炎症を引き起こし脱毛につながります。

日差しで日焼けした頭皮は過剰に乾燥しているために、フケや炎症といったトラブルを引き起こしやすくします。

紫外線の量は曇りの日でも、晴れの日と比べて50~80%程度ありますので日焼け対策は必要です。

海水が頭皮や髪の毛の水分を奪い乾燥する

塩素による頭皮の乾燥は薄毛の原因

海水は頭皮や髪の毛の水分を奪い乾燥状態を引き起こします。これは、浸透圧による現象で、水分は塩素濃度が低いところから高いところへ移動する性質があります。そのため、塩分濃度が高い海では頭皮や髪の毛が乾燥しやすいのです。

頭皮は、本来ならば皮脂によって守られていますが、乾燥した状態では皮脂が過剰に少なくなっているため、フケや炎症を引き起こしやすくなっています。

頭皮環境のトラブルは抜け毛や薄毛を進行させるため、海に入った後はシャンプーで塩素をしっかり落としましょう。

海水の塩分には、髪の毛を構成するタンパク質の一種であるケラチンを溶かす作用があります。

サーファーの中には毛染めをしていないのに髪の毛が茶色い人がいます。これは、ケラチンが溶けた状態で髪の毛がダメージを受けていることが原因です。

薄毛(ハゲ)の人がプールや海に誘われた時の対策

「君子危うきに近寄らず」という諺にもあるように、まずはプールや海に近づかないことがベストです。できるだけ、自然かつ気持ちよくプールや海の誘いを断りましょう。

もしも断れない場合には、当日に水着を忘れるのも一つの方法です。

予定や都合を理由に誘いを断る

薄毛の人はプールや海の誘いを断る

上手に断ることができれば余計な心配をせず、プールや海で精神的な負担を強いられることもありません。以下、断り方の例を挙げてみます。

・肌が弱いため、紫外線を浴びるのは控えるように医者に言われた。
・肌が弱いため、プール(塩素)は控えるように医者に言われた。
・実家や祖父祖母の家に帰省しているため、都合が合わない。
・体調不良(夏バテ)なので、家でゆっくり休むことにする。
・(女性の場合は)生理が来そうだから。

また、泳げないことを事前に伝えておけば、無理に誘われる機会も少なくなるはずです。

当日にわざと水着を忘れる

恋人や友達の誘いは断りにくいもので、断り切れずについつい誘いに乗ってしまう場合もあります。そんな時は、当日にわざと水着を忘れてしまうのも一つの方法です。

アッ、水着忘れた!

プールや海についてから、「水着忘れた!」と告白して、見学に徹したり、寝転んで日焼けを楽しんだりするのです。

なるべく自然に、忘れたことを伝えましょう。

水着を忘れたことを伝えるタイミングが早すぎると、気の利いた恋人や友達が、GoogleやYahooで「水着 忘れた 対処法」などと検索して、対応策を考えてしまうかもしれないので注意しましょう。

薄毛(ハゲ)を告白する

薄毛で悩む人

精神的に厳しくハードルが高く感じるかも知れませんが、意外と有効な手段です。薄毛の人がハゲを気にしていて、つらい気持ちになっていることは周囲の人も理解しています。

実は結構、薄くなってきちゃって…!
もしかしたら気づいてるかも知れないけど、実は…

また、本人は気づかれていないと思っていても、周りの人は気づいている可能性もあります。この機会にカミングアウトしてしまえば、相手にとっても自分にとっても、その後の精神的な負担が減る場合があります。

もしかすると自分が悩んでいる程には、薄毛だと周囲から思われていない場合もあります。

額の広さや毛量は個人差があるため、平均よりちょっと髪の毛が少ないだけだったということも考えられます。

注意しなければならないのは、カミングアウトする相手を選ぶということです。なかには、心無い人もいて、薄毛をネタにイジリ続けてくるかもしれません。

その様な人に薄毛の悩みをカミングアウトしてしまった場合、精神的な負担が増えるので注意が必要です。

薄毛(ハゲ)の人がプールや海に行く時の対策

頭頂部(つむじ)の薄毛に悩む男性

そもそも、プールや海に行かないという選択が出来れば良いのですが、なかなかそうはいきません。

プールや海の誘いも断れないし、ハゲの告白なんて絶対無理!

誘いを断れない場合もあります。そんな時は、何としても薄毛(ハゲ)がバレない様にしなければなりません。万全の準備を整え、少しでも精神的な負担を減らしましょう。

髪の毛を絶対に濡らさない

プールや海に行ったからといっても、水に浸からなければいけない訳ではありません。プールなら本を読みながらノンビリしたり、海ならビーチでお城を作ったりスイカ割りしたりと楽しめます。

とは言えど、やはりプールや海で全く水に浸からないのも不自然になってしまいます。

そこで、もしもプールや海に入る場合は、顔から上は絶対に濡らさない様にします。水の中に顔をつけない理由を聞かれたら、

目の粘膜が弱くて、海水や塩素には気をつける様にしている

と答えて、その場を回避します。

タオルを巻いて完全に隠す

髪の毛を濡らさないことは重要ですが、プールや海ではいつの間にか髪の毛が濡れていることも想定されます。例えば、髪の毛を濡らさない様に平泳ぎをしていても、突然、友達から水をかけられたり…。

そんな時に備えて、頭にタオルを巻いて完全に隠しておけば髪の毛の心配が減ります。

白いタオルは水に濡れると頭皮が透けて見えることがあるので注意が必要です。

帽子や水泳キャップを被って薄毛(ハゲ)を隠す

プールでは水泳キャップの着用を義務付けているところもあるので、その場合は水泳キャップを被ります。しかし、義務付けられていない屋外プールや海の場合は、水泳キャップを被るのは不自然です。

そんな時には、サーファー向けにつくられたサーフキャップやサーフハットを被るのがオススメです。

薄毛にはサーフキャップ

出典: AQROS ダイビング&スノーケリング

普通のキャップの様に被れる上、水の中で使う様に設計されているため速乾性があり、紐もついているので泳いでいても脱げにくいのが特徴です。さらに、頭皮の紫外線対策にもなるため、持っていて損はありません。

水泳キャップにしてもサーフキャップ(ハット)にしても、脱ぐ瞬間は注意が必要です。

周囲に薄毛がバレない様、一瞬で髪の毛を整えられる様に練習しておく必要があります。

薄毛(ハゲ)の人は長髪より短髪が良い理由

抜け毛や薄毛の気になる人には、長髪よりも短髪の方が薄毛(ハゲ)が目立たないためオススメです。長髪の場合、水に濡れると髪がまとまり、重みで引っ張られるため地肌がクッキリと見えてしまいます。

短髪の場合は、長髪ほどには髪がまとまって地肌が見えることはないです。しかし、これは長髪と短髪を比較した場合の話であり、根本的な薄毛の問題を解決できる訳ではないので、あくまで応急処置といえます。

プールや海で遊ぶ場合は頭皮ケア

プールや海には、頭皮にダメージを与える様々な要因があります。プールでは塩素や雑菌、海では海水に注意しなければなりません。また、プールと海の両方に共通していることは紫外線対策です。

頭皮や髪の毛の日焼け対策は入念に

紫外線は頭皮に悪影響

特に、紫外線による頭皮のダメージは抜け毛や薄毛を進行させてしまいます。通気性の高い帽子を被ったり、UVスプレーで頭皮を守るなど、頭皮の紫外線対策をバッチリ行いましょう。

シャンプーで頭皮ケア

シャンプーで頭皮ケア

プールや海で遊び終わったら、シャンプーで塩素や海水をキチンと洗い落とす必要があります。シャンプーの際には、毛髪よりも頭皮を洗うことを意識して、爪を立てずに指の腹で洗います。

シャンプー後はすすぎ残しが無いように丁寧に洗い流します。また、洗髪後は細菌の繁殖を防ぐため、ドライヤーで十分に乾かします。

アミノ酸系のシャンプーは、洗浄力が強すぎることもなく頭皮にも優しいです。特に、乾燥肌の人にはアミノ酸系のシャンプーはオススメです。頭皮に負担がかからないアミノ酸系のシャンプーを選びましょう。

アミノ酸系のシャンプーの成分には、 ココイルグルタミン酸、ココイルアラニンが含まれているので選ぶ際の目安としましょう。

アルコール系の界面活性剤が含まれているシャンプーは洗浄力が強すぎるため、過剰に皮脂を取り除いてしまいます。

本来、頭皮を守る役割がある皮脂を過剰に取り除いてしまうと、フケやかゆみといった頭皮トラブルを引き起こす可能性を高めるため、オススメできません。

アルコール系の界面活性剤の成分には、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸塩があります。

頭皮への負担が強いので、肌の弱い人や敏感肌の人が使用すると抜け毛の原因になることがあります。

また20分程、湯船に浸かると頭皮が柔らかくなり毛穴に詰まった皮脂やヘアワックスの汚れなどが落ちやすくなります。

さらに、頭皮の血流改善効果も期待できる上、育毛剤などを使用している場合であれば頭皮への浸透効果も高まります。

生活習慣を改善して抜け毛・薄毛(ハゲ)を治す!

生活習慣は抜け毛・薄毛を進行させる原因となります。特に、「バランスの取れた食事」「質の高い睡眠」「適度な運動」を心がけ、生活習慣を改善することが大切です。

また、「お酒の飲み過ぎ」「喫煙」「頭皮を紫外線に晒す」といった行動は頭皮環境を悪化させるため、抜け毛や薄毛を進行させてしまいます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

AGAが原因の抜け毛・薄毛の症状は治せます!

AGA治療で薄毛対策

夏のプールや海をなんとか乗り切っても、急な雨による濡れや温泉旅行など不安は拭いきれません。

なんで、こんなにもハゲに悩まされなければいけないのか!?

と真剣に悩むようならば、本格的に薄毛を治療することをオススメします。

抜け毛や薄毛の症状には様々ありますが、特に多いのはAGA(男性型脱毛症)が原因となり抜け毛・薄毛が進行するものです。

日本では、20歳~69歳までの成人男性の約3人に1人がAGAを発症しているといわれます。

また、女性にもAGA(男性型脱毛症)が原因となり抜け毛・薄毛の症状がみられることがありますが、この場合は、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。

近年、AGAによる抜け毛・薄毛の対策は非常に進歩していて、AGA治療を行うことで高い確率で頭皮や髪の毛の状態を回復することができます。

個人差はあるもの、半年程度でかなり効果を実感できるまでに抜け毛や薄毛の症状が回復するケースも多くあります。

抜け毛や薄毛の治療は早期発見と早期解決がとても大切です。抜け毛や薄毛が進行したまま放置していると毛根が死滅してしまい、AGA治療では治せなくなってしまいます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

毛根が死滅した場合でも「自毛植毛」という手段で、薄毛の状態を回避することができます。

しかし、自毛植毛による治療には、100~200万円といった高額な費用が掛かるため、まずは早期の段階でAGA治療専門の病院に相談することをオススメしています。

まとめ

抜け毛・薄毛対策まとめ

抜け毛や薄毛で悩む人にとって、プールや海に行くことは精神的な負担が大きいため夏はつらい季節です。

プールや海の誘いを断り続けるのも難しいですが、水に濡れた髪の毛のことを考えると、どうしても周りの目が気になってしまいます。

さらに、夏になると頭皮の汗や皮脂の分泌量が増える上、紫外線は非常に強く頭皮にダメージが掛かりやすい状況です。その結果、夏が終わった後の9月~10月の抜け毛や薄毛を進行させる要因ともなります。

これ以上、抜け毛や薄毛で悩むのは絶対にイヤだ!!

という人は、AGA治療を検討してみてください。6ヶ月間で驚くほどに頭皮や毛髪の変化が見られる可能性があります。

AGAクリニックの無料カウンセリング予約はこちら

要点まとめ

・プールや海の誘いは上手く断る。
・誘いを断れない場合は、髪を濡らさない工夫をする。
・プールや海は頭皮にダメージを与える要素が多いためケアは入念に。
・抜け毛や薄毛を真剣に悩むなら、まずはAGA専門の医師に相談する。

【AGA治療おすすめクリニック】
AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック

【発毛実感率99.4%!全国51院(最寄駅3分以内)】AGAスキンクリニックはAGA治療・発毛専門に特化したクリニックです。全国に51院を展開する最大手のクリニックであり、治療実績や症例が豊富にあります。GACKTさんや篠崎愛さんを起用したTVコマーシャル、雑誌や電車内の広告でも知名度は抜群!月3400円から始められるリーズナブルな価格も人気です。

評価(星5個中)
オススメ理由① 発毛実感率99.4%という確かな実績
オススメ理由② 全国で発毛専門院を51院展開!すべて最寄り駅から徒歩3分
オススメ理由③ 最安値に挑戦!月3,400円(税抜き)から始める薄毛治療

詳細ページ公式ページ