薄毛の原因

薄毛・はげを治して鬱(うつ)解消!抜け毛の原因と治療方法を解説!

ハゲが原因で鬱病
鬱(うつ)病になると、抜け毛や薄毛が進行するって本当?
そもそも、薄毛(ハゲ)が鬱(うつ)の原因!!

鬱病と抜け毛・薄毛にはどのような関係があるか詳しく知らない人も多いかと思います。

また、現在抜け毛や薄毛で悩まれている場合は、薄毛(ハゲ)の状態こそが鬱病の原因となっている人も多いかもしれません。

そこで、今回は鬱病と抜け毛・薄毛の関係や、薄毛(ハゲ)の解消法について紹介します。

鬱(うつ)病の症状と特徴

鬱病とハゲの関係

そもそも鬱病はどのような状態でしょうか。鬱病は、精神的なストレスや身体的なストレスが原因となり発症する「心の風邪」ともいわれる病気で、私達にとって身近な病気です。

平成14年に厚生労働省が行った調査では、うつ病の有病率6.5%であり、15人に1人が生涯に1度はうつ病にかかる可能性があると報告されています。うつ病患者さんは年々増加しており、2008年にはうつ病と躁うつ病(双極性障害)とあわせて100万人以上になったといわれています。

出典:こころの陽だまり

鬱病になりやすい人は「真面目」「几帳面」といった特徴があります。些細な変化にも気付きやすく、抜け毛や薄毛の症状に対して敏感に反応する傾向があります。

鬱病の症状は様々あります。

・憂鬱な気分
・とにかく眠い
・考えがまとまらなくなる
・食欲不振
・目眩
・疲労感
・倦怠感

鬱病の症状や治療法には個人差がありますが、鬱病になってしまった場合は、身体と心を休め、鬱病を発症した原因を正確に把握した上で対策を行うことが重要です。

また、一人で抱え込んでしまうことは避けて、周囲の親しい人や専門のカウンセラーに相談することを意識する必要があります。

そもそも、鬱(うつ)病になった原因は薄毛(ハゲ)

ハゲが原因で鬱病

鬱病になった原因は人それぞれですが、抜け毛・薄毛が進行して周囲の目が気になり始めたからではないでしょうか?

薄毛(ハゲ)が本当にストレスで、鬱病になってしまった…

その場合、まずは薄毛のメカニズムについて知ることが大切です。

前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛・薄毛が増える原因

生え際やつむじの薄毛の原因

前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛・薄毛の原因は、AGA(男性型脱毛症)や不規則な生活習慣によって引き起こされます。

特に、前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛・薄毛で悩む人の中で最も多い原因は、AGA(男性型脱毛症)の症状によるものです。

そういえば、AGA(男性型脱毛症)のテレビCMを見た気がする!

最近では、TVコマーシャルなどでも目にする機会が増えていることから、AGA(男性型脱毛症)という言葉を既に知っている、あるいは聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?

AGAの特徴として、いくつか脱毛の進行パターンがあります。以下はその例になりますが、額の生え際から後退していくタイプ(M字ハゲ)や頭頂部から薄くなるタイプ(O字ハゲ)など複数の脱毛パターンがあります。

AGAの進行パターンとは?ハミルトン・ノーウッド分類

出典:AGA-news

AGAによる抜け毛・薄毛の人は全国で約1200万人(!)もいると言われ、20〜69歳の成人男性の約3人に1人はAGAの症状が見られるといわれています。

AGAは、20歳代後半から30歳代にかけて発症するケースが多く、特に40歳代になると髪型で隠せない程に抜け毛・薄毛が進行しているケースが見られます。

AGA(男性型脱毛症)による抜け毛の仕組み

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略称で「男性型脱毛症」を意味しています。AGAは成人の男性に多く見られる抜け毛・薄毛の症状であり、思春期以降に頭頂部(O字ハゲ)や額の生え際(M字ハゲ)の髪が薄くなるといった症状が見られます。

AGAによる髪の毛の脱毛には、男性ホルモンであるテストステロンと還元酵素5αリダクターゼが結びつくことで生じる、悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」が大きく関係しています。

DHTはテストステロンの10倍以上の作用を持つ性ホルモンであり、毛髪の脱毛と深く関わり、髪の抜け替わるサイクル(ヘアサイクル)を短くすることが確認されています。

また、DHTは脱毛ホルモンとも呼ばれ、前頭部や頭頂部の抜け毛・薄毛を促進する一方で、ヒゲや体毛を増加させる、皮脂の分泌量を増加させるといった働きをします。

毛母細胞の変化
出典:薄毛治療の基礎知識 | 女性のための薄毛治療専門クリニック TOMクリニック

DHTが毛母細胞に入り込むと、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつき、毛母細胞の細胞分裂を抑制します。

その結果、毛母細胞の細胞分裂が止まったり、毛母細胞が死滅してしまい、毛髪は本来育つはずだった太さ・長さまで育つことなく脱毛してしまいます。

正常なヘアサイクル異常なヘアサイクル

出典:花王株式会社 ヘアケアサイト 薄毛になるメカニズム 髪の成長とヘアサイクル

DHTが高濃度に見られる部分(生え際や頭頂部)では、ヘアサイクルの成長期が非常に短くなり、毛髪は太く・長く育つ前に抜けてしまい、やがて毛母細胞の細胞分裂は活動を停止します。

髪が生える→ 髪が育つ → 髪が抜ける、という一連のヘアサイクルが、悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」の働きにより極端に短くなります。

これが、悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」によって引き起こされる「ヘアサイクルの乱れ」であり、AGA(男性型脱毛症)による抜け毛や薄毛のメカニズムです。

鬱(うつ)病と薄毛(ハゲ)の関係

鬱病とハゲの関係

鬱(うつ)病と抜け毛・薄毛が関係している理由は、両方に共通している要因が多く存在していることが挙げられます。特に、鬱病が抜け毛・薄毛の進行を早める主な要因は、ストレスとの関係にあります。

鬱病になると「死にたい」と感じる程の極度なストレス状態に陥り、睡眠障害・食欲減退・暴飲暴食といった髪の毛の生育に良くない様々な問題を引き起こします。

鬱(うつ)病は重要な栄養素「亜鉛」を消費する

薄毛の原因は亜鉛不足?

鬱病の症状として、食欲不振に陥ることがあります。食欲不振による栄養不足は、ホルモンバランスの乱れを引き起こし、男性ホルモンの分泌を高めたり、休止期脱毛症を引き起こす要因にもなり、大量の脱毛を発生させてしまう可能性があります。

また、食欲不振は、髪の毛にとって必須の3大栄養素「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」の欠乏を引き起こします。

髪の毛の大部分(約99%)はタンパク質の一種で爪の成分と同じ「ケラチン」から構成されています。

タンパク質を効果的に体内に吸収するためには、鉄分や亜鉛といったミネラルが必要になります。特に、ケラチンを合成するにはミネラルの一種である亜鉛が必須です。

亜鉛には髪の毛を構成するタンパク質を合成する働きの他にも、悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」の生成を抑制する働きがあります。

また、ストレスが原因となって生み出される活性酸素の分解には亜鉛を消費するため、過度なストレスは体内に亜鉛不足を引き起こします。

さらに、ストレスによる「過度な飲酒」や「喫煙」も亜鉛を必要以上に消費し、体内の欠乏状態を引き起こします。

鬱(うつ)病による血流不全と新陳代謝の乱れ

鬱病により新陳代謝が乱れる

鬱(うつ)病の症状として、暴飲暴食や過剰なアルコールの摂取が挙げられます。暴飲暴食を行い、脂質を取りすぎると血管の中の血液がドロドロになり血流が悪く、必要な栄養素が頭皮に行き渡らなくなります。

また、鬱病の原因となる、ストレスは自律神経のバランスを乱し血管の収縮を引き起こします。血流が悪くなると頭皮に十分な栄養を運ぶことができなくなり抜け毛や薄毛の原因にもつながります。

そして、血流不全は新陳代謝のサイクルを乱します。新陳代謝が活発に行われなくなると頭皮は硬くなくなったりフケが出たりするようになり、髪の毛の成長が阻害されるようになります。

ストレスは頭皮の血流不全を引き起こす以外にも、老化を促進させる活性酸素を生み出すため、結果的に抜け毛や薄毛につながりやすくなります。

心身にストレスが溜まった状態が慢性化すると血流は悪化する傾向にあります。血流が悪くなると頭皮の毛細血管にビタミン類などの栄養素が十分に運ばれなくなり栄養不足の毛髪は徐々に弱り、最終的には抜け毛・薄毛の状態につながります。

抗鬱(うつ)剤による副作用として、髪の毛の生え変わりの周期(成長期→退行期→休止期)の乱れを引き起こし、脱毛の促進や発毛を阻害する可能性があります。

鬱(うつ)病により自律神経が乱れる

鬱病は自律神経が乱れる原因

過度のストレスは自律神経やホルモンバランスを乱す原因となり、その結果、抜け毛・薄毛が増加してしまいます。

自立神経の乱れにより、ホルモンのバランス状態も崩してしまう可能性があります。ホルモンバランスの乱れは、男性ホルモンを増加させることにつながります。

男性ホルモンの増加は皮脂の量を増加させ、頭皮の毛穴詰まりを引き起こし、抜け毛や薄毛を進行させる原因となります。

自律神経は、緊張状態をつくりだす交感神経と、リラックス状態をつくりだす副交感神経があります。交感神経が優位に働いている緊張状態では、血管は収縮して心拍数は早くなります。

一方、副交感神経が優位に働いているリラックス状態では、体内の臓器や髪の毛の発育に欠かせない成長ホルモンが多く分泌されます。

鬱(うつ)病による運動不足

鬱病に夜運動不足で薄毛が進行

鬱病になると、周囲に対する興味がなくなり、「何をしていても楽しい気持ちになれない」「体がだるい、重い」ことがあります。こういった場合は、身体を動かす機会も減り運動不足に陥ってしまいがちです。

慢性的な運動不足は頭皮の新陳代謝を悪化させる上、心肺機能の低下は血流によって頭皮に運ばれる酸素の量を減少させてしまいます。

過度な運動や筋力トレーニングは男性ホルモンであるテストステロンの分泌を高めます。テストステロンは還元酵素と結びつくことで、AGAの原因となる悪玉のジヒドロテストステロンに変化します。

この為、筋力トレーニングを過度に行うと抜け毛・薄毛が進行してしまうので注意しましょう。

鬱(うつ)病による睡眠障害で頭皮ダメージ

鬱病による睡眠障害で薄毛が進行

鬱病になると、自律神経のバランスが乱れがちになり、夜に交感神経が優位に働き寝付けなかったり、朝に早く起きてしまうことがあります。

睡眠には、心身のメンテナンス・体温調整・免疫機能の維持といった様々な役割があります。しかし、睡眠の質が下がり、成長ホルモンの分泌量が減少すると血流や新陳代謝の悪化を引き起こし、頭皮にも悪影響が及ぼされます。

睡眠中は生命維持に必要な部分(内臓など)から修復される為、頭皮や毛髪の修復・回復は後回しになります。その為、特に頭皮や毛髪は睡眠の影響を受けやすいのです。

頭皮や髪の毛は睡眠中に修復・回復されますが、睡眠時間が不規則になったり、十分に確保されていないと頭皮や髪の毛の生育に必要な栄養が確保できなくなってしまいます。

髪の毛は頭皮にある毛母細胞の細胞分裂によって生み出されます。毛母細胞の働きは成長ホルモンによって促進されることが確認されていますが、この成長ホルモンは睡眠中に最も分泌されます。

つまり、睡眠の時間が短いと成長ホルモンの分泌も少なくなり、毛母細胞の活性化が妨げられる原因となります。

最近、睡眠不足でイライラする…!

また、睡眠不足が続くと心も身体も栄養不足状態になります。イライラしてストレスが溜まるとホルモンバランスや自律神経が乱れて、頭皮や毛髪にも悪影響が出ます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください

鬱(うつ)病による抜け毛・薄毛の対策

薄毛予防と対策

ストレスに対する個人差はあるものの、鬱病の発症の引き金となるのは、過重労働、昇進に伴うプレッシャー、職場の人間関係などが多いといわれています。

まずは、ストレスの原因を洗い出してみましょう。ストレスの原因に対して、しっかりと対策を行うことが肝心です。

人間が感じるストレスの大部分は、直接的・間接的な人間関係が原因といわれています。ストレスの原因を掘り下げていくと、最終的には人間関係が原因だったということが多くみられます。

人間関係がストレスの原因ではない場合は、「身体(姿勢)の歪み」「自律神経のバランスを乱す食品(カフェインなど)」「温度と湿度の急激な変化(季節の変わり目や梅雨など)」「産後うつ」なども考えられます。

生活習慣の改善は薄毛対策としても必須

薄毛治療は生活習慣の改善が必要

「バランスの取れた食事」「質の高い睡眠」「適度な運動」といった生活習慣の改善は、鬱病を防ぐ上でも抜け毛・薄毛の進行を防ぐ上でも、最も基本的な対策です。

生活習慣の改善に関する記事はこちらをご覧ください。

鬱病と薄毛の原因となるストレスを解消

薄毛の原因となるストレスを解消

極度のストレス状態に陥ると、常に周囲に対してイライラする、不安になる、寝付けなくなる、食欲不振になる(または暴飲暴食)といった症状があらわれ、最終的には「死にたい」と思うようになります。

こういった極度なストレス状態に陥った場合では、正常な判断ができなくなることも多く、まずは極度なストレス状態に陥る前にストレスを予防することが大切です。

例えば、会社の人間関係がイヤでストレスを感じている人の場合は、生活習慣を改善しても根本的なストレス解消策にはなりません。会社の人間関係と距離を取ることや、思い切って会社を辞めることが必要です。

あるいは、睡眠不足が原因でストレスを感じている人の場合は、仕事の量を減らすことや、長期休暇を取ることも必要です。

もちろん、それぞれの事情があり対策を立てても実行できるとは限りません。

いきなり実行することが難しくても、対策案を家族や友人といった親しい人に相談することで、「解決につながる光」が見えることがあります。

親しい家族や友人がいなければ病院の医師や専門のカウンセラーに相談することも効果的な方法です。

AGAが鬱病の原因なら治る可能性は高い

AGA治療で薄毛対策

前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛・薄毛が増える主な原因はAGA(男性型脱毛症)によるものです。AGAは早期発見・早期解決により治せる症状です。

AGA治療では「フィナステリド(プロペシア)」、「デュタステリド(ザガーロ)」、「ミノキシジル(ロゲイン)」といった内服薬や外用薬を使用します。

AGA治療に効果のある内服薬や外用薬を継続して使うことにより、目に見えて抜け毛・薄毛の症状に変化が出ます。個人差はありますが、半年程で抜け毛や薄毛に明らかな回復が見られるケースが多くあります。

鬱病の原因が、前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛・薄毛(ハゲ)ならば、AGA治療専門のクリニックに一度相談してみることをオススメします。

AGAによる抜け毛・薄毛は、生活習慣やシャンプーを変えただけでは治すことが難しい疾患です。

生活習慣の見直しと頭皮ケアは、抜け毛・薄毛を予防する上で必須の対策になりますが、併せてAGA治療を行うことをオススメしています。

まとめ

抜け毛・薄毛対策まとめ

鬱(うつ)病と抜け毛・薄毛が関係している理由は、共通する要因が多く存在していることが挙げられます。

特に、鬱病が抜け毛・薄毛の進行を早める主な要因は、ストレスとの関係にあります。ストレスによって起こる様々な精神的・身体的ダメージは、鬱病も薄毛(ハゲ)も進行させる結果となります。

鬱病の改善方法には個人差がありますが、ストレスの原因を正しく把握して、その原因に対して正しい対策(処置)を行うことが大切です。

鬱病の原因が、AGA(男性型脱毛症)による抜け毛や薄毛であれば、高い確率で治すことが可能です。まずは専門のカウンセラーに相談することから始めてみましょう。

AGAクリニックの無料カウンセリング予約はこちら

要点のまとめ

・鬱病と薄毛(ハゲ)は、共通する要因が多く存在する。
・鬱病の原因となるストレスは、血流不全や自律神経の乱れを引き起こす。
・鬱病による生活習慣の乱れは、薄毛(ハゲ)を進行させる。
・鬱病の原因がAGA(男性型脱毛症)なら、まずは専門の医師に相談する。

【AGA治療おすすめクリニック】
AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック

【発毛実感率99.4%!全国51院(最寄駅3分以内)】AGAスキンクリニックはAGA治療・発毛専門に特化したクリニックです。全国に51院を展開する最大手のクリニックであり、治療実績や症例が豊富にあります。GACKTさんや篠崎愛さんを起用したTVコマーシャル、雑誌や電車内の広告でも知名度は抜群!月3400円から始められるリーズナブルな価格も人気です。

評価(星5個中)
オススメ理由① 発毛実感率99.4%という確かな実績
オススメ理由② 全国で発毛専門院を51院展開!すべて最寄り駅から徒歩3分
オススメ理由③ 最安値に挑戦!月3,400円(税抜き)から始める薄毛治療

詳細ページ公式ページ