薄毛の原因

フケは薄毛・ハゲの前兆?乾性フケと脂性フケの予防・改善方法とは

頭をかくと、フケがたくさん落ちてくる…。これってもしかして薄毛(ハゲ)の前兆?
フケと薄毛には関係があるって本当?

フケは頭皮に何らかの問題が起きていることを警告するSOSのサインです。

フケは頭皮が新陳代謝をおこなう過程で発生します。フケとともに頭皮にかゆみがある場合は頭皮のトラブルが発生している可能性が高く、抜け毛や薄毛につながる要因となります。フケやかゆみといった頭皮トラブルは頭皮環境を整えることで症状の改善が期待できます。

今回は、フケの原因や種類、それぞれの予防・改善方法をご紹介します。

そもそも「フケ」って何?

フケとは

フケとは、古くなった頭皮の角質細胞が新陳代謝によって皮膚の奥から表面へ押し出され、目に見える大きさで剥がれ落ちたものです。フケの発生場所は頭皮に限られ炎症を伴わないことがフケの特徴です。

フケの正体とフケがでる仕組み

フケがでる仕組み

フケは生理現象の一つで、皮膚のターンオーバー(皮膚細胞が新しく生まれ変わること)によって古くなった細胞が細かい状態で剥がれ落ちることで発生します。剥がれ落ちたものの中で目に見えるほど大きいものがフケと呼ばれます。

フケは発生する際に、頭皮の炎症を伴うことはありませんが、放置していると炎症、かゆみ、発赤といった頭皮トラブルの原因になり抜け毛や薄毛を進行させてしまいます。

フケは、頭皮の古い角質層が剥がれ落ちたもので頭皮の老廃物です。

フケはどれくらいでる?

気がつくと、スーツの肩に白いフケが乗っている…。

頭皮環境に問題がない場合でも少量のフケは発生します。目に見えない程度の大きさであれば問題ありませんが、目に見えるほどの大きさのフケが上着に付着したり、髪の毛に少し触れただけで大量のフケが落ちるような場合は要注意です。

ターンオーバーの周期によってはフケが多く感じるときもあります。ターンオーバーの周期は数週間〜約40日ほどですが、年齢を重ねるごとに周期は長くなります。

ターンオーバーは何らかの要因で早くなり、皮膚細胞が未熟なまま目に見えるほどの大きさで剥がれ落ちてくることもあります。

ターンオーバーの期間は短すぎても長すぎても良い頭皮の状態ではなく、過剰なフケはターンオーバーに悪影響を与えている状態といえます。

フケが大量に増えてしまう要因

フケが発生してしまう要因には以下のようなことが考えられます。

  • 強い紫外線で頭皮が過度に乾燥。
  • 不衛生なタオルや枕カバーの使用。
  • 体質的に肌や頭皮が乾燥しやすい。あるいは脂っぽい。
  • ホルモンバランスが乱れ皮脂が過剰分泌されている。
  • 爪で引っ掻くなど頭皮を傷つけている。
  • ブラッシングやシャンプーで頭皮を傷つけている。
  • シャンプー液のすすぎ残しや整髪料などの洗い残し。
  • パーマ液、カラー液などで頭皮に過度な刺激を与えている。
  • バランスの悪い食事、質の低い睡眠、ストレスなど生活習慣の乱れ。
  • 紫外線の強い季節(春〜夏)や空気が乾燥する季節(秋から冬)

特に、自律神経やホルモンバランスの乱れにより男性ホルモンが多く分泌されている場合、過剰に皮脂が分泌される傾向にあります。

男性ホルモンは皮脂の分泌量を増やす以外にも、抜け毛や薄毛につながる様々な要因になるため注意が必要です。心当たりがある人は、できるだけ早く対策をするようにしましょう。

フケと薄毛(ハゲ)の関係とは?

フケと薄毛の関係

フケが気になり始めるのと同じぐらいのタイミングで、抜け毛や薄毛も気にし始める人が多くいます。フケと抜け毛や薄毛には密接な関係があり、フケが原因となり発症する脱毛症「粃糠性(ひこう性)脱毛症」や「脂漏性(しろう性)脱毛症」も存在します。

フケは薄毛(ハゲ)の原因になる?

フケは薄毛の原因

抜け毛や薄毛の進行は、フケの他にも様々な要因が関係して起こりますが、フケがある状態は頭皮環境が悪くなっているサインといえます。抜け毛や薄毛の進行を防ぐためには、フケの少ない頭皮環境をつくる必要があります。

フケが多いと、かゆみやかぶれといった頭皮トラブルを引き起こします。その他にも、フケで詰まった毛穴が炎症を起こしたり、髪の毛に栄養が届きづらくなり抜け毛や薄毛につながってしまう場合があります。

フケは薄毛につながる!「乾性フケ」と「脂性フケ」

フケが増える要因

フケには、乾燥によるフケ(乾性フケ)と、皮脂の過剰分泌によるフケ(脂性フケ)の2種類があります。

乾性フケは、主に頭皮の乾燥が原因で発生します。パラパラとしていて上着や首元に付着する粉状の細かいフケです。

脂性フケは、髪の毛の間にこびりつくようなベッタリとしたフケです。頭皮が皮脂でベタベタしていたり、頭皮に黄色っぽい塊がくっついている場合は脂性フケと判断できます。脂性フケは、頭皮の皮脂腺が多かったり、頭皮の皮脂が過剰に分泌されることによって発生します。

乾性フケの原因とは

乾性フケの原因は頭皮の乾燥が主な原因です。頭皮が乾燥する要因としては、紫外線や外気の乾燥といった外的要因や食事や睡眠など生活習慣が関係しているものがあります。

また、本来は頭皮を清潔に保つはずのシャンプーによって頭皮の乾燥が引き起こされている可能性もあります。

乾性フケが発生する要因
  • 洗浄力の強いシャンプーにより頭皮が乾燥する。
  • 強力な紫外線で頭皮の炎症をや乾燥が起きる。
  • 体質的に肌や頭皮が乾燥しやすい。
  • 爪で引っ掻くなど頭皮に傷をつけてしまっている。
  • ブラッシングやシャンプーで頭皮を傷つけている。
  • パーマ液、カラー液で頭皮に過度な刺激を与えている。
  • 偏った食事、質の低い睡眠、ストレスなど生活習慣の乱れ。
  • 紫外線の強い季節(春〜夏)

フケが気になり始めた人の中には、1日に何度もシャンプーしたり、ゴシゴシと洗ってしまう傾向があります。

しかし、こういったシャンプーを行ってしまうと頭皮はさらに乾燥してしまい、頭皮環境の悪化につながってしまいます。

本来、皮脂は頭皮を守る役割があるため、皮脂は適度に残しておく必要があります。シャンプーは1日に1回、洗浄力のやさしいアミノ酸系のシャンプーを使うことをオススメします。

また、生活習慣の改善(バランスの取れた食事や質の高い睡眠)や、外出時には帽子や日傘を使用して紫外線を予防することで乾性フケを防ぎましょう。

乾性フケは粃糠性(ひこう性)脱毛症の原因になる

乾性フケは粃糠性脱毛症の原因

粃糠性(ひこう性)脱毛症は、性別や年齢に関わらず発生する可能性がある脱毛症です。

粃糠性脱毛症は、細かいフケが毛穴に詰まることにより頭皮に炎症が起きてしまい、髪の毛の成長が阻害される抜け毛の症状です。

フケが毛穴に詰まると、かゆみやかぶれを伴った症状が発生します。さらに、頭皮全体が乾燥して髪の毛の固着力が弱まると髪の毛が次第に痩せて、「粃糠性(ひこう性)脱毛症」の進行につながります。

粃糠性(ひこう性)脱毛症を防ぐためには、「1日1回のシャンプー」「アミノ酸系のシャンプーを使用する」といった正しいシャンプー方法を行う必要があります。

特に、女性の場合では頭皮や髪の毛を綺麗にしようとしすぎてしまい、洗浄力の強いシャンプーで頭皮にダメージを与えてしまっていることが、粃糠性(ひこう性)脱毛症の主な要因となります。

綺麗にしようとするあまりに、念入りに洗い過ぎてしまうと、目に見えない細かい傷が頭皮に発生し、細かなフケが大量に発生するようになります。

このような細かいフケが毛穴に詰まることで炎症を起こし、粃糠性(ひこう性)脱毛症につながります。

乾性フケを生み出す悪循環:フケが発生したため頭皮が洗えていないと勘違いして念入りにシャンプーする → 傷ついた頭皮から多くのフケが発生する → フケを落とそうとするあまり過剰なシャンプーを行う。

脂性フケの原因とは

脂性フケの原因

脂性フケは頭皮の皮脂が過剰に分泌されることにより発生します。一般的に、脂性フケは男性に多い傾向があります。

脂っぽいものや甘いものに偏った食事を続けていたり、運動不足の人は皮脂の量が増加する傾向にあります。脂性フケが増えている頭皮環境は、皮脂でベタベタとしていて、頭皮の臭いが目立つようになります。

また、脂性フケは「脂漏性(しろう性)皮膚炎」という皮膚の疾患によっても発生することがあります。

皮脂が過剰に分泌される要因は、体質や生活習慣とも関係していますが、シャンプーのすすぎ不足や頭皮の乾かし不足が原因になることもあります。

脂性フケは脂漏性(しろう性)脱毛症の原因になる

脂漏性(しろう性)皮膚炎は皮脂をエサとするマラセチア菌(皮膚常在菌の一種)が頭皮に異常繁殖することで、頭皮の炎症が起こり発症します。脂漏性皮膚炎は、自然治癒では治すことが難しいため、放置していると悪化してしまいます。

脂漏性(しろう性)皮膚炎を発症すると、炎症の影響でめくり上がった皮膚がフケになったり、強いかゆみを感じることがあります。強いかゆみから頭皮を掻きむしってしまい、さらにフケが悪化するというケースもあります。

脂漏性皮膚炎は脂漏性脱毛症を引き起こす場合があります。脂漏性脱毛の症状としては、頭皮が赤く変色してかゆみが出ます。抜け毛や薄毛が進行することがあるため要注意です。

乾性フケと脂性フケの予防・改善方法

乾性フケと脂性フケの予防・改善方法

乾性フケと脂性フケでは、予防方法や改善方法も異なります。乾性フケと脂性フケを予防・改善するためには、まず自分のフケが乾性フケと脂性フケのどちらのタイプかを知る必要があります。

乾性フケの特徴としては、頭皮や髪の毛をかくとパラパラと粉状の細かいフケが落ちてきます。頭皮がカサカサに乾燥している場合も乾性フケの可能性が高いといえます。

また、生え際にうろこ状の湿疹があったり、肌や唇が乾燥しがちな場合は、頭皮も乾燥している傾向にあります。

脂性フケの特徴としては、フケが大きく頭皮や髪の毛にベタッとくっつき、落ちにくいフケが多くなります。

頭皮がベタついていて、自然に抜け落ちた髪の毛の毛根が白っぽい場合は、脂性フケの状態と判断できます。

乾性フケと脂性フケは特徴が大きく異なるため、どちらか判断すること自体は難しくありません。

【乾性フケと脂性フケ共通】フケを予防するシャンプー方法とは?

しっかりすすいでいるのに、乾かしてすぐにフケが出る!
シャンプーが合わなくて、頭皮にかゆみやフケが出ている

フケを予防・改善するためには正しいシャンプーの種類や回数といった方法を知っておく必要があります。

  • 入浴前のブラッシングで、髪の毛に付着した汚れや整髪料を落としやすくする。
  • ぬるめのお湯で予洗いをして、髪の毛に付着している汚れや整髪料を落とす。
  • 高温のシャワーは頭皮にダメージをあたえるため、ぬるま湯でシャンプーする。
  • アミノ酸系のシャンプーを使用する。シャンプー液はつけすぎない。
  • 髪の毛よりも頭皮を指の腹でマッサージするように洗う。
  • シャンプー液は十分に洗い流す。

シャンプー前にブラッシングと予洗いを行うことで、髪の毛に付着している汚れや整髪料の大部分を落とすことができます。そのため、使用するシャンプー液の量を減らし頭皮の負担を少なくすることができます。

20分程、湯船に浸かると頭皮が柔らかくなり毛穴に詰まった皮脂やヘアワックスの汚れなどが落ちやすくなります。さらに、頭皮の血流改善効果も期待できる上、育毛剤などを使用している場合であれば頭皮への浸透効果も高まります。

シャンプーの際には、髪の毛よりも頭皮を洗うことを意識して、爪を立てずに指の腹で洗います。頭皮を指の腹でマッサージするように洗うことで血行促進効果が期待できます。

シャンプー液を、しっかりと洗い流した後は、ドライヤーで乾かします。頭皮や髪の毛が濡れたままで放置していると、雑菌の繁殖を引き起こし頭皮トラブルの原因になります。

アミノ酸系のシャンプーは、洗浄力が強すぎることもなく頭皮にも優しいです。特に、乾燥肌の人にはアミノ酸系のシャンプーはオススメです。頭皮に負担がかからないアミノ酸系のシャンプーを選びましょう。

アルコール系の界面活性剤が含まれているシャンプーは洗浄力が強すぎるため、過剰に皮脂を取り除いてしまいます。

本来、頭皮を守る役割がある皮脂を過剰に取り除いてしまうと、フケやかゆみといった頭皮トラブルを引き起こす可能性を高めるため、オススメできません。

アルコール系の界面活性剤の成分には、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸塩があります。頭皮への負担が強いので、肌の弱い人や敏感肌の人が使用すると抜け毛の原因になることがあります。

また、フケが出ているときは、必死にフケを落とそうとしてゴシゴシと頭皮を洗ったり、洗浄力の強いシャンプーを使ったりする人がいます。

しかし、そういった方法では、さらに頭皮にダメージを与えてしまいフケが増えることにつながります。

乾性フケの予防と改善方法

乾性フケを予防するためには、頭皮を乾燥から守ることが重要です。特に、以下のポイントを意識しましょう。

  • 紫外線から頭皮を守る。外出時は帽子、日傘、UVスプレーを使用する。
  • バランスの良い食生活。コラーゲンやビタミンE、ビタミンB6を摂取する。
  • シャンプー方法を見直し、皮脂の取りすぎに注意する。
  • パーマ液、カラー液といった薬剤による頭皮ダメージに注意する。
  • ホホバオイル、馬油など体質に合った方法で頭皮を十分に保湿する。
  • 保湿成分を含んだ育毛剤を使用する。
  • 加湿器などで部屋が乾燥しないように注意する。
  • 質の高い睡眠をとる。
あわせて読みたい
AGAと生活習慣の関係
生活習慣の改善でAGA予防!抜け毛・薄毛を減らす対策方法生活習慣の改善でAGAによる抜け毛や薄毛が改善することが出来れば嬉しいですよね。AGAによる抜け毛・薄毛を改善するためには、生活習慣の改善が必要といわれますが本当でしょうか?生活習慣の改善により、ジヒドロテストステロンは生成され難くなります。つまり、生活習慣の改善によりAGAによる抜け毛・薄毛を遅らせることができるのです。...
あわせて読みたい
寝不足は薄毛の原因
睡眠不足と薄毛・ハゲの関係は?質の高い睡眠で抜け毛を予防!睡眠不足と抜け毛・薄毛の関係とは? 睡眠は人間の生命を維持するために必要不可欠な役割を果たしますが、睡眠不足と抜け毛・薄毛には...

脂性フケの予防と改善方法

脂性フケを予防・改善するためには、食生活の見直しにより皮脂の分泌を抑えたり、正しいシャンプーを行うことにより頭皮の雑菌を抑えることが重要です。

脂質や糖質に偏った食事は避け、緑黄色野菜、レバー、大豆などを積極的に摂取することが大切です。特に、大豆には大豆イソフラボンやビタミンB6といった有効成分が含まれるため頭皮環境を改善するためにはオススメです。

また、睡眠不足は皮脂が過剰に分泌される原因となるため、質の高い睡眠を取ることも皮脂の分泌を抑えるためには必要です。

過度なシャンプーは頭皮の乾燥を引き起こしますが、皮脂が残りすぎると脂性フケにつながるため1日1回のシャンプーは必要です。アミノ酸系のシャンプーは洗浄力がやさしいためオススメです。

  • バランスの良い食生活。コラーゲンやビタミンB6を取り入れる。
  • ストレスを減らし、ホルモンバランスを整える。
  • 適度な運動を取り入れ、質の高い睡眠をとる。
  • シャンプー方法を見直し、皮脂残りに注意する。
  • 頭皮マッサージで頭皮の血流を良くする。
  • 脂漏性皮膚炎の場合は、抗真菌作用がある薬用シャンプーを使用する。
  • かゆみがひどいようならば「ケトコナゾール配合シャンプー」を使用する。

脂漏性皮膚炎を発症している場合は、真菌と呼ばれる細菌が繁殖して皮膚の炎症を起こしているため、抗真菌作用がある薬用シャンプーを使用します。

特に、かゆみがひどいようならば「ケトコナゾール配合シャンプー」を使用します。ケトコナゾール配合シャンプーは市販では販売されていませんが薄毛治療専門のクリニックや皮膚科で処方してもらうことができます。

あわせて読みたい
AGAと生活習慣の関係
生活習慣の改善でAGA予防!抜け毛・薄毛を減らす対策方法生活習慣の改善でAGAによる抜け毛や薄毛が改善することが出来れば嬉しいですよね。AGAによる抜け毛・薄毛を改善するためには、生活習慣の改善が必要といわれますが本当でしょうか?生活習慣の改善により、ジヒドロテストステロンは生成され難くなります。つまり、生活習慣の改善によりAGAによる抜け毛・薄毛を遅らせることができるのです。...
あわせて読みたい
寝不足は薄毛の原因
睡眠不足と薄毛・ハゲの関係は?質の高い睡眠で抜け毛を予防!睡眠不足と抜け毛・薄毛の関係とは? 睡眠は人間の生命を維持するために必要不可欠な役割を果たしますが、睡眠不足と抜け毛・薄毛には...

フケで通院する場合

フケで通院

フケは、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌が主な原因となり引き起こされますが、皮膚の疾患によっても発生することがあります。

例えば、脂漏性(しろう性)皮膚炎、乾癬(かんせん)や白癬(はくせん)では、皮膚の疾患によってフケのような症状が現れることがあります。

こういった症状の場合は、自己判断による頭皮ケアは危険です。専門の病院で相談する必要があります。

頭皮の炎症やフケが止まらない場合は専門のクリニックへ相談

AGA(男性型脱毛症)治療

フケが大量に発生している状態は何らかの頭皮トラブルが起きているといえます。頭皮トラブルの原因に対して適切な処置を施さず放置してしまうと抜け毛や薄毛の原因になります。

普段からフケを予防するために生活習慣や正しいシャンプーを行うことは重要ですが、フケが大量に出る状態が続くようならば、薄毛治療専門の病院や皮膚科で相談することをオススメします。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニックは薄毛治療専門の病院でフケ以外にも抜け毛や薄毛、頭皮の悩みといった頭皮トラブル全般の診察やカウンセリングを行っています。

忙しいサラリーマンや地方に住んでいる人でも、スマホのアプリを使った無料電話診断ができます。まずは、専門の医師に相談してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
薄毛予防と対策
通院不要の薄毛治療!AGAヘアクリニックはテレビ電話で簡単診察!AGA治療で本当に抜け毛・薄毛が治る? と感じている人は多いはず。今まで抜け毛や薄毛の対策は育毛シャンプーや育毛剤によ...

AGA(男性型脱毛症)の可能性

AGA(男性型脱毛症)クリニックに相談

皮脂が過剰に分泌されることによって起きる脂漏性皮膚炎とAGA(男性型脱毛症)の症状は自分では区別しづらいことがあります。

AGAは早期発見・早期解決で治せる疾患です。薄毛の原因が、フケによる抜け毛なのか、AGAによる抜け毛なのかは判断が難しいため、まずは専門の医師に相談してみましょう。

AGAと脂漏性脱毛症を併発している場合は、医師にかゆみがあることを伝えましょう。AGAの症状では、直接的な要因としてかゆみを伴う症状はありません。

フケと薄毛(ハゲ)の関係まとめ

抜け毛・薄毛対策まとめ

フケは頭皮が新陳代謝をおこなう過程で発生する頭皮の老廃物です。目に見えない程度の大きさであれば問題ありませんが、目に見えるほどの大きさのフケが上着に付着したり、髪の毛に少し触れただけで大量のフケが落ちるような場合は注意が必要です。

フケには、乾性フケと脂性フケの2種類があり、放置していると抜け毛や薄毛につながります。乾性フケは粃糠性(ひこう性)脱毛症、脂性フケは脂漏性(しろう性)脱毛症の要因になるため症状があらわれた場合は早めの対応が必要です。

乾性フケは、頭皮をダメージや乾燥から守ることで改善が期待できます。脂性フケは、生活習慣を改善したりシャンプー方法を見直すことで改善が期待できます。乾性フケと脂性フケのどちらにも共通していることは、生活習慣の改善と正しいシャンプー方法を行うことです。

フケが気になり始めた人の中には、1日に何度もシャンプーしたり、ゴシゴシと洗ってしまう傾向があります。しかし、こういったシャンプーを行ってしまうと頭皮はさらに乾燥してしまい、頭皮環境の悪化につながってしまいます。

皮膚疾患によって発生する、脂漏性皮膚炎、乾癬(かんせん)や白癬(はくせん)でも、フケのような症状が現れることがあります。自己判断による頭皮ケアは危険です。専門の医療機関で相談しましょう。

また、皮脂が過剰に分泌されることによって起きる脂漏性皮膚炎と、AGA(男性型脱毛症)の症状は自分では区別しづらいことがあります。薄毛の原因が、フケによる抜け毛なのか、AGAによる抜け毛なのかは判断が難しいため、まずは専門の医師に相談してみましょう。

AGAクリニックの無料カウンセリング予約はこちら

要点まとめ
  1. フケは頭皮が新陳代謝をおこなう過程で発生する頭皮の老廃物。
  2. フケは乾性フケと脂性フケの2種類があり放置すると抜け毛や薄毛につながる。
  3. 乾性フケは粃糠性脱毛症、脂性フケは脂漏性脱毛症の要因になる。
  4. 乾性フケは、頭皮をダメージや乾燥から守ることで改善が期待できる。
  5. 脂性フケは、生活習慣やシャンプー方法を見直すことで改善が期待できる。
  6. 皮膚疾患による、脂漏性皮膚炎、乾癬、白癬は病院に相談する。
  7. 脂漏性皮膚炎とAGAの症状は区別しづらいため専門の医師に相談する。
【AGA治療おすすめクリニック】
AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック

【発毛実感率99.4%!全国51院(最寄駅3分以内)】AGAスキンクリニックはAGA治療・発毛専門に特化したクリニックです。全国に51院を展開する最大手のクリニックであり、治療実績や症例が豊富にあります。GACKTさんや篠崎愛さんを起用したTVコマーシャル、雑誌や電車内の広告でも知名度は抜群!月3400円から始められるリーズナブルな価格も人気です。

評価(星5個中)
オススメ理由① 発毛実感率99.4%という確かな実績
オススメ理由② 全国で発毛専門院を51院展開!すべて最寄り駅から徒歩3分
オススメ理由③ 最安値に挑戦!月3,400円(税抜き)から始める薄毛治療

詳細ページ公式ページ