薄毛治療はAGA総合情報ナビ
- 薄毛の原因と対策方法を徹底解説 -
薄毛の原因

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは

毎日のスタイリングには欠かすことができない「ワックス」ですが、間違った使い方をしていると抜け毛や薄毛につながることを知っていますか?

ワックスが抜け毛や薄毛の原因になるって本当?

ワックスの使い過ぎや間違った使い方によって抜け毛や薄毛が進行することがあります。特に、20代~30代の若い人で抜け毛や薄毛が気になっている人は、髪の毛のスタイリングに使っているワックスが原因なのでは?と疑問に思っている人も多いはず。

今回はそんな疑問を解消するためにワックスなどの整髪料と抜け毛や薄毛の関係についてご紹介します。
キャンペーンバナー

ワックスで抜け毛や薄毛が進行する3つの理由

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは
ワックスを使ったあと、洗面台に抜け毛が目立つ…
髪の毛をワックスやスプレーでスタイリングした後、ふと洗面台を見ると抜け落ちた髪の毛が散らばっていて不安に…。

今までに、そんな経験をしたことはありませんか?実は、その抜け毛の原因はワックスやスプレーといった整髪料が関係している可能性があります。

ヘアワックスについて深刻な問題です。
抜け毛がとてもすごく髪の毛を少しひっぱるとすぐ抜けてしまいます。

ワックスをつけ始めたのは中学3年で当時はワックスが頭皮につかないように、などまったく考えず使ってました。
なので頭皮にもついてたりしてたんだと思われます。

抜け毛は毛根が白くなっていて先の方が枝分かれしてます。
抜け毛のせいで排水溝が詰まって掃除する回数も頻繁になりました。
また自分の部屋のカーペットも、なんでこんなに!? ってぐらいに髪の毛があります。
将来はげるのだけは本当に避けたいです。
また昔のような髪質に戻りたいです。

(一部省略)

出典:Yahoo知恵袋

髪の毛フサフサだし問題ないよ!
今はフサフサな人も要注意です。抜け毛や薄毛は徐々に進行するため、気付いた時には前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)がスカスカになってしまった…。ということも十分に考えられます。

それでは、ワックスが抜け毛や薄毛につながる理由を順番に見ていきましょう。

①ワックスの成分が頭皮に負担を与える

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは
ワックスは頭皮や髪の毛にダメージを与えるって本当?
髪の毛をワックスでスタイリングしやすくなる理由は、ワックスに含まれる「界面活性剤」の働きが関係しています。

界面活性剤が髪の毛や頭皮の毛穴にベッタリと付着することにより頭皮の環境が悪化してしまいます。

ワックスに含まれる界面活性剤とは

ワックスによってスタイリングしやすくなる理由は、ワックスに含まれる界面活性剤に水と油を結びつける役割があるからです。

界面活性剤は髪の毛の大部分を構成するタンパク質の一種「ケラチン」の合成を阻害する性質があり、抜け毛を進行する可能性があります。

仕事や飲み会などで疲れて、シャンプーせずに寝てしまっていると界面活性剤が頭皮に残り、頭皮の炎症を起こしやすくなります。

②ワックスで頭皮の毛穴が詰まる

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは
頭皮の毛穴にワックスが詰まって、髪の毛が呼吸できなくなるって聞いたことあるけど…

頭皮の毛穴から分泌される皮脂は頭皮を雑菌などから守る役割があります。ワックスが頭皮の毛穴を塞ぐことにより、皮脂が毛穴に閉じ込められてしまい頭皮の炎症を引き起こしやすくなります。

ワックスの粘着力で空気中の細かなチリやホコリが頭皮に付着して毛穴を塞いでしまい、頭皮の炎症を引き起こすこともあります。
ターンオーバーの乱れ

人間の皮膚はターンオーバーという細胞の入れ替わりが28~45日周期で行われています。

肌をこすった時に出る垢(アカ)は、ターンオーバーによって不要になった細胞が皮膚の表面にこびりついているのです。

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは

頭皮も他の皮膚と同様にターンオーバーが行われています。新陳代謝によって頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたものが「フケ」と呼ばれますが、ワックスの粘着力によりフケは頭皮に付着しやすくなります。

この様な場合、皮脂やフケを餌とする真菌の一種「マラセチア菌」が頭皮に異常に繁殖することで、脂漏性(しろう性)皮膚炎や脂漏性(しろう性)脱毛症につながることがあります。

脂漏性(しろう性)皮膚炎の初期症状としては、皮脂の過剰分泌により頭皮にできる大きなフケ、頭皮の赤みやかゆみがあります。

脂漏性(しろう性)皮膚炎が悪化すると、炎症を起こした皮膚を守るために、かさぶたができるようになります。対策を行わずに放置していると、毛根がダメージを受け、髪の毛が細くなり抜け落ちてしまいます。

脂漏性(しろう性)皮膚炎が原因となり抜け毛や薄毛が進行する症状を、脂漏性(しろう性)脱毛症と呼びます。脂漏性(しろう性)脱毛症の症状がみられる人の頭皮は皮脂でベタベタになっていて毛穴までビッシリと皮脂が詰まっています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
フケは薄毛・ハゲの前兆?乾性フケと脂性フケの予防・改善方法とは フケは頭皮に何らかの問題が起きていることを警告するSOSのサインです。 フケは頭皮が新陳代謝をおこなう過程で発生し...

③間違ったシャンプー方法で頭皮環境が悪化

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは

ワックスをしっかりと落とそうとするあまり、洗浄力の強いシャンプーを使用したり、シャンプーの回数を増やしたりしていませんか?

毎日ワックスを落とすためにシャンプーしているから大丈夫!
ワックスをしっかりと落とすことは大切なことです。しかし、間違ったシャンプーの方法を行なっている場合、知らない間に頭皮トラブルを引き起こして、抜け毛や薄毛の原因になっているかもしれません。

ワックスの成分には油分が多く含まれているため、ワックスを落としきるために何度もシャンプーをしたり、シャンプーの液を増やしてしまいがちです。

シャンプーで頭皮を洗浄しすぎてしまうと頭皮の皮脂が過度に取り除かれて頭皮が乾燥してしまいます。

また、頭皮は乾燥を補うために皮脂を過剰に分泌するようになり、頭皮環境が悪化する原因になります。

ワックスを落としきろうとして何度もシャンプーしたり、ゴシゴシと洗ってしまうと頭皮は乾燥してしまい、頭皮環境の悪化につながってしまいます。

本来は頭皮を清潔に保つはずのシャンプーによって頭皮の乾燥が引き起こされている可能性もあります。

頭皮の乾燥によりフケが大量に出るようになると、「粃糠性(ひこう性)脱毛症」につながる可能性が高まります。

粃糠性(ひこう性脱毛症)とは

粃糠性脱毛症は、細かいフケが毛穴に詰まることにより頭皮に炎症が起きてしまい、髪の毛の成長が阻害される抜け毛の症状です。

フケが毛穴に詰まると、かゆみやかぶれを伴った症状が発生します。さらに、頭皮全体が乾燥して髪の毛の固着力が弱まると髪の毛が次第に痩せて、「粃糠性(ひこう性)脱毛症」の進行につながります。

粃糠性(ひこう性)脱毛症は、性別や年齢に関わらず発生する可能性のある脱毛症です。頭皮や髪の毛を綺麗にしようとしすぎてしまい、洗浄力の強いシャンプーで頭皮にダメージを与えてしまっていることが主な要因です。

ワックスを落としきろうとするあまり、念入りに洗い過ぎてしまうと、目には見えない細かい傷が頭皮に発生し、細かなフケが大量に発生するようになります。

このような細かいフケが毛穴に詰まることで炎症を起こし、粃糠性(ひこう性)脱毛症につながってしまいます。

ワックスで抜け毛や薄毛が進行する人の3つの特徴

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは

同じ製品のワックスを使っていても髪の毛はフサフサで抜け毛が進行しない人もいます

抜け毛や薄毛が進行する人と何が違うのか疑問に思いませんか?そこで、ワックスで抜け毛や薄毛が進行しやすい人の特徴を調査しました。

①ワックスの使用量が多い

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは

ワックスをたっぷり使用してスタイリングを行う人、スタイリングが決まらないからと何種類もワックスを重ね付けしてスタイリングしている人は要注意です。

ワックスに含まれる界面活性剤が髪の毛や頭皮にベッタリと浸み込み、抜け毛や薄毛を進行させる原因となります。

また、ヘアスプレーを頭頂部(つむじ)に直接吹きかけている場合も要注意です。つむじ付近は頭皮に整髪料がつきやすいので注意が必要です。

ワックスや整髪料の使用量が多い人は、シャンプーの回数やシャンプー液の使用量が増える傾向になります。そのため、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌といった頭皮トラブルが悪化して、抜け毛や薄毛が進行しやすくなります。

②頭皮ケアを怠っている

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは
ワックスでスタイリングして髪型はバッチリ!1日楽しかったけど疲れたからシャワーしないで寝る!
仕事で疲れてクタクタ。シャンプーは明日にする
ワックスをつけたまま寝てしまうのは頭皮環境を悪化させる要因になるため注意が必要です。人間の身体は睡眠中に成長ホルモンの働きによって修復・回復されますが、髪の毛や頭皮の毛穴にワックスがベッタリと付着していては十分な回復は期待できません。

ワックスやヘアスプレーが頭皮や髪の毛に付着したまま寝てしまうことで、頭皮の炎症やニキビなど様々な頭皮トラブルにつながりやすくなります。

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは

頭皮トラブルが悪化すると頭皮ひ栄養が行き届かず、髪の毛は徐々に細くなり最後には抜け落ちてしまうので要注意です。

また、人間の身体は睡眠中に成長ホルモンの働きによって、生命維持に必要な部分(内臓など)から重点的に回復されます。

人間の生命維持活動において重要度が低い頭皮や髪の毛はダメージの修復・回復が行われにくい部分です。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
寝不足は薄毛の原因
睡眠不足と薄毛・ハゲの関係は?質の高い睡眠で抜け毛を予防!睡眠不足と抜け毛・薄毛の関係とは? 睡眠は人間の生命を維持するために必要不可欠な役割を果たしますが、睡眠不足と抜け毛・薄毛には...

③体質的な問題

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは

薄毛で悩む人にとって、髪の毛をスタイリングしたり頭皮を隠すためにもワックスやヘアスプレー整髪料を使用しますよね。

薄毛の人は頭皮の地肌が露出しているため、ワックスやヘアスプレーが頭皮に付着しやすくなります。また、汗をかきやすい人もワックスが流れ落ちて地肌に付着しやすくなります。

薄毛の人や汗をかきやすい人ほどワックスや整髪料を使用することにより頭皮トラブルを引き起こしやすい傾向にあります。

抜け毛を防ぐ!ワックスの正しい使い方

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは
ハゲてしまうのはイヤだけど、髪型をセットするためにワックスは必須!
ワックスは正しい使い方をすることで頭皮の負担を減らして抜け毛の進行を抑制することができます。

ワックスやスプレーの付ける位置と適量を守る

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは
ワックスを付けすぎて界面活性剤が髪の毛や頭皮に付着すると頭皮トラブルの原因になります。そのため、ワックスを付ける位置と適量を守ることが大切です。
ワックスの正しい使い方
  1. 小豆大の量のワックスを手の平に取り薄く伸ばす。
  2. 髪の毛にまんべんなく馴染むように揉み込みながらワックスを広げる。
  3. 髪の毛の根元ギリギリまでワックスを付けることは避ける。

ワックスによっては界面活性剤が不使用のものもあります。多少値段は高くなるものの、界面活性剤不使用のワックスを選ぶこともオススメです。

しっかりとワックスやジェルを落とす

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは
長時間ワックスを付けていることは頭皮や髪の毛に負担を与えます。そのため、1日の終わりにはワックスをしっかりと落としきって頭皮や髪の毛をワックスのストレスから解放することが大切です。また、休みの日にはワックスを付けないなど、頭皮や髪の毛にも休憩を与えてあげましょう。

ワックスを落とすことだけを意識すると洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシと洗ってしまいがちです。また、シャンプー液を多くしたり、シャンプーの回数を増やしたりもしがちです。

しかし、そういった間違ったシャンプーの方法は頭皮に過度なストレスを与えてしまい、頭皮の乾燥や炎症といった頭皮トラブルの原因になり抜け毛や薄毛を進行させてしまいます。

正しいシャンプー方法とは
  1. シャンプー前にブラッシング:シャンプー前にブラッシングを行うことで髪の毛に付着したホコリや汚れを落とすことができます。
  2. 湯船に浸かる:湯船に浸かり頭皮を温めることで、毛穴を十分に開かせることが大切です。また、蒸しタオルを頭に乗せて頭皮を温めることも効果が期待できます。
  3. シャンプー前にお湯で予洗い:頭皮や髪の毛にワックスや汚れが多い状態では、シャンプーの泡立ちが悪くなり上手に洗うことができません。シャンプー前にお湯で予洗いすることで、ワックスや汚れの大部分を落とすことができます。
  4. シャンプーを手で泡立て揉み込むように洗う:シャンプー剤は良く泡立ててから頭皮に乗せるようにします。直接、シャンプ液を頭皮につけてしまうと、洗いムラができてしまったり、人によっては炎症を起こす場合もありますので注意しましょう。シャンプーは指の腹で頭皮をマッサージするように洗います。爪を立てると頭皮に傷がついてしまうので注意しましょう。
  5. すすぎ残しがないようしっかりと洗い流す:シャンプー剤のすすぎ残しは、頭皮の毛穴につまり炎症などの頭皮トラブルにつながります。
  6. しっかりと髪の毛を乾かす:頭皮や髪の毛を十分にすすいだ後は、タオルでしっかりと水分をとり、ドライヤーで乾かします。乾かし方が不十分で、頭皮が蒸れると雑菌の繁殖を促してしまいます。

シャンプーは1日に1回、洗浄力のやさしいアミノ酸系のシャンプーを使うことをオススメします。

強力なセット力があるワックスを使用していてシャンプーの回数が2回必要な場合は、1回目と2回目で使用するシャンプーを変えてみましょう。

1回目は、ワックスを落とすために洗浄力がやや強めのシャンプー、2回目は頭皮と髪の毛の栄養補給を目的とした育毛シャンプーで洗髪すると良いでしょう。

ただし、1回目のシャンプーの場合も、ゴシゴシと頭皮を洗うのではなく髪の毛だけをサッと洗うようにしましょう。

AGA(男性型脱毛症)が抜け毛や薄毛の原因

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは
日頃から正しいワックスの使い方を行なっている人で抜け毛や薄毛が進行している場合は要注意です。

抜け毛や薄毛を引き起こしているのは、遺伝やホルモンの関係といったワックスとは全く関係ない要素が絡んでいる可能性が高くなります。

最近では、TVコマーシャルなどでも目にする機会が増えていることから、AGA(男性型脱毛症)という言葉を既に知っている、あるいは聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?

AGAによる抜け毛・薄毛で悩む人は全国で約1200万人いるとされ、20〜69歳の成人男性の約3人に1人はAGAの症状が見られます。また、抜け毛や薄毛で悩む人の約90%がAGAが原因とされます。

AGAによる薄毛の代表的な進行パターン

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは出典:AGA-news

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略称で「男性型脱毛症」を意味しています。AGAは成人の男性に多く見られる抜け毛・薄毛の症状であり、思春期以降に頭頂部(O字ハゲ)や額の生え際(M字ハゲ)の髪が薄くなるといった症状が見られます。

AGAの特徴として、いくつか脱毛の進行パターンがあります。額の生え際から後退していくタイプ(M字ハゲ)や頭頂部から薄くなるタイプ(O字ハゲ)など複数の脱毛パターンがあります。

AGAは、20歳代後半から30歳代にかけて発症するケースが多く、特に40歳代になると髪型で隠せない程に抜け毛・薄毛が進行しているケースが見られます。

AGAの特徴として、「前頭部(生え際)」や「頭頂部(つむじ)」から抜け毛や薄毛が進行します。

つまり、前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛や薄毛は、AGAの初期症状を示すサインであり、放置していると抜け毛・薄毛の範囲は次第に拡大していきます。

AGA(男性型脱毛症)による抜け毛の仕組み

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは

前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の薄毛の原因は、主にAGA(男性型脱毛症)によって引き起こされます。

AGAによる毛髪の脱毛には、男性ホルモンであるテストステロンと還元酵素5αリダクターゼが結びつくことで生じる、悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」が大きく関係しています。
AGA(男性型脱毛症)による抜け毛の仕組み

毛髪には「毛幹」と「毛根」と呼ばれる部分があります。毛幹は頭皮から出ている部分で「髪の毛」と呼ばれます。毛根は頭皮の中の部分で、血管から運ばれてきた栄養分を毛根にある毛乳頭がキャッチします。

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは

毛乳頭付近に存在する毛母細胞が血管から運ばれてきた栄養分をもとに細胞分裂を繰り返すことで髪の毛は成長します。

しかし、悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」が毛母細胞に入り込むと、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつき、毛母細胞の細胞分裂を抑制します。

 

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは出典:TOMクリニック

その結果、毛母細胞の細胞分裂が止まったり、毛母細胞が死滅してしまい、毛髪は本来育つはずだった太さ・長さまで育つことなく脱毛してしまいます。

悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」が高濃度に見られる部分(生え際や頭頂部)では、ヘアサイクルの成長期が非常に短くなり、毛髪は太く・長く育つ前に抜けてしまい、やがて毛母細胞の細胞分裂は活動を停止します。

悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」の働きにより、髪が生える→ 髪が成長する → 髪が抜ける、という一連のヘアサイクルが極端に短くなってしまいます。

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは

これが、悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」によって引き起こされる「ヘアサイクルの乱れ」であり、AGAによる抜け毛や薄毛のメカニズムです。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
頭頂部の抜け毛・薄毛はAGA
頭頂部の抜け毛・薄毛はAGA?男性型脱毛症の特徴と治療薬まとめ頭頂部(つむじ)の抜け毛・薄毛が増えてきた こういった頭頂部(つむじ)の変化がきっかけとなり、抜け毛や薄毛を心...

前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の薄毛の理由

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは

「前頭部(生え際)」や「頭頂部(つむじ)」から抜け毛や薄毛が進行する理由は、悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」を生成する要因となる「Ⅱ型5αリダクターゼ」という物質が他の部分(側頭部や後頭部)に比べて多く存在していることが挙げられます。

抜け毛・薄毛の原因となるⅡ型5αリダクターゼの量は遺伝で大部分が決まります。これが、「ハゲは親から遺伝する」といわれる理由です。

繰り返しになりますが、AGAによる髪の毛の脱毛には、男性ホルモンであるテストステロンと還元酵素5αリダクターゼが結びつくことで生じる、悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」が大きく関係しています。

還元酵素5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があります。前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の薄毛を進行させる原因は「Ⅱ型5αリダクターゼ」です。

悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」はテストステロンの10倍以上の作用を持つ性ホルモンであり、髪の毛の脱毛と深く関わり、髪の抜け替わるサイクル(ヘアサイクル)を短くすることが確認されています。

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは

悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」は脱毛ホルモンとも呼ばれ、前頭部や頭頂部の抜け毛・薄毛を促進する一方で、ヒゲや体毛を増加させる、皮脂の分泌量を増加させるといった働きをします。

【まとめ】ワックスやジェルと抜け毛や薄毛の関係

ヘアワックスは抜け毛や薄毛の原因?頭皮環境を改善する方法とは

髪の毛のスタイリングに欠かせないワックスですが、使い方を間違えると抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

これからも髪の毛のスタイリングを楽しむためには、抜け毛や薄毛が進行しないように毎日のちょっとした頭皮ケアが大切になります。

抜け毛や薄毛の進行がAGA(男性型脱毛症)の場合は、悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」の働きによって抜け毛や薄毛が進行するためワックスの使用は直接的な原因にはなりません。

AGA(男性型脱毛症)は前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の薄毛が進行する病気です。日本では成人男性の3人に1人が発症しており、抜け毛や薄毛で悩む成人男性の約90%はAGA(男性型脱毛症)が原因とされます。

抜け毛や薄毛の原因が分からず不安な場合は、AGAクリニックで無料相談を行いましょう。専門の医師が頭皮の状態を確認してくれて、抜け毛や薄毛の悩みに答えてくれますよ。抜け毛や薄毛の原因が分かれば、きっと気持ちが楽になるはずです。
要点まとめ
  1. ワックスの使用方法を間違えると抜け毛や薄毛の原因になる。
  2. ワックスを付けたまま寝てしまうと頭皮トラブルの原因になる。
  3. ワックスを落とすために行う過剰なシャンプーに要注意。
  4. 抜け毛や薄毛の原因はワックスではなくAGAの可能性が高い。
  5. AGAによる抜け毛は進行性。専門のクリニックで早期発見&解決。
2017/11/28 12:31
2017/11/28 12:31