薄毛のコラム

【バナナの育毛効果】バナナの栄養成分が薄毛を抑制するか徹底調査!

【バナナの育毛効果】バナナの栄養成分が薄毛を抑制するか徹底調査!

バナナに含まれる豊富な栄養成分には、育毛・発毛効果があるという噂を聞いたことがありませんか?

バナナで薄毛対策ができるって本当ですか?
バナナに含まれる育毛・発毛成分については、大学などでも研究が進められています。研究報告によれば、抜け毛や薄毛の改善にはバナナに含まれる栄養成分が関係しているとのことです。

そこで今回は、バナナに含まれる豊富な栄養成分、バナナの育毛・発毛効果を徹底的に調査しました!

Contents

【結論】バナナの栄養成分が頭皮環境を整えて育毛・発毛を促進

【バナナの育毛効果】バナナの栄養成分が薄毛を抑制するか徹底調査!
まず初めに結論ですが、バナナには育毛・発毛促進効果が期待できるビタミンB群や抗酸化作用があるポリフェノールが含まれます。そのため、頭皮環境を整える効果や育毛・発毛促進効果が期待できます。

バナナには育毛・発毛効果が期待できる成分が含まれるものの、あくまでも食品なので抜け毛や薄毛を抑制する効果はそれほど高くありません。

そのため、バナナは薄毛治療をサポートする補助食品として、1日1〜2本程度を目安に摂取することをオススメします。

抜け毛や薄毛の主な原因はAGA(男性型脱毛症)

【バナナの育毛効果】バナナの栄養成分が薄毛を抑制するか徹底調査!

あなたは、抜け毛や薄毛の主な原因であるAGA(男性型脱毛症)について正しく理解していますか?

AGA(男性型脱毛症)治療に効果的とされ、日本国内で育毛・発毛促進効果・脱毛抑制効果が認められているのは医薬成分のみです。
  • AGA(男性型脱毛症)は、成人男性の3人に1人が発症しています。
  • AGA(男性型脱毛症)は、日本で約1200万人が発症している進行性の病気です。
  • AGA(男性型脱毛症)は、抜け毛や薄毛で悩む成人男性の約90%が発症している病気です。
  • 女性が発症する場合は、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれます。

抜け毛や薄毛を根本的に改善するためには、バナナなどの食品だけではなく医薬品を取り入れる必要があります。

▼無料カウンセリング予約はこちら▼

AGAスキンクリニック公式サイト

抜け毛や薄毛の本当の原因と発毛実感率99%以上の対策方法に興味がある人はこちらの記事もご覧ください。 【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

バナナに含まれる栄養成分と健康効果

【バナナの育毛効果】バナナの栄養成分が薄毛を抑制するか徹底調査!バナナには、育毛・発毛促進効果が期待できる栄養成分が豊富に含まれています。

抜け毛や薄毛対策に効果が期待できる果物『バナナ』があります。バナナは、バナナダイエットでも注目されているように低カロリーでありながらも非常に栄養価の高い果物です。

髪の毛の95%はタンパク質でつくられていますが、バナナにはタンパク質の生成をサポートするビタミン類やミネラル類が豊富に含まれます。

種類 バナナに含まれる栄養成分
ビタミン ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン(ビタミンB3)、パントテン酸(ビタミンB5)、ビタミンB6、ビオチン(ビタミンB7)、葉酸(ビタミンB9)、ビタミンC、ビタミンE
ミネラル ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン
その他 ポリフェノール、セロトニン、トリプトファン、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維など

バナナに含まれる栄養成分は、バナナの色によって異なります。

まだ青い状態のバナナは、レジスタントスターチという食物繊維が多く含まれるため、便秘解消に役立ちます。

黄色い状態のバナナには、育毛・発毛促進効果が期待できるビタミンB群が最も多く含まれます。

シュガースポットと呼ばれる黒い斑点ができたバナナには、リン酸が多く含まれます。そのため胃の調子を整える効果があり、身体の免疫力を高めてくれます。

黒い斑点が多い状態のバナナは、黄色いバナナに比べて約8倍も免疫力向上作用があるとされます。

バナナの食物繊維が腸内環境を改善

バナナに含まれる食物繊維やフラクトオリゴ糖には整腸作用があるため、便秘改善にも効果的です。

バナナの糖質に含まれるフラクトオリゴ糖は消化されにくいため腸まで届き、善玉菌の一種であるビフィズス菌を増殖させる働きがあります。そのため、腸内環境の改善に効果が期待できます。

便秘の予防やコレステロールの吸収を抑制する働きがある食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類があります。

どちらの食物繊維にも便秘を解消する働きがありますが、どちらか一方だけだと便秘や下痢になりやすくなる恐れがあります。

バナナには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれるため、安心して食べることができます。

バナナの育毛・発毛効果と『タンパク質』の関係

【バナナの育毛効果】バナナの栄養成分が薄毛を抑制するか徹底調査!

髪の毛の主成分は、『ケラチン』というタンパク質です。ケラチンは、爪や皮膚の角質層を生成している成分でもあります。

バナナには、髪の毛の主成分『ケラチン』をつくる18種類のアミノ酸の内、17種類が含まれます。

残りの1種類は体内でケラチンの成分に変化します。つまり、バナナを食べることで髪の毛をつくるために必要な栄養成分の大部分を摂取できるということです。

髪の毛の主成分『ケラチン』は、18種類のアミノ酸が結合してできたもので、食べ物から直接摂取できるわけではありません。

食事などでタンパク質を体内に摂取すると、一旦アミノ酸に分解されます。そして、再びタンパク質に合成されて体内に吸収されます。

ケラチンは、良質なタンパク質を摂取することにより、毛乳頭から栄養を受け取った毛母細胞が細胞分裂を繰り返してできる成分です。

生のバナナの果肉100gに含まれるアミノ酸

バナナに含まれるタンパク質中のアミノ酸には、『グルタミン酸』『アスパラギン』『ロイシン』などがあります。

アミノ酸(mg/100g中)
イソロイシン 34 チロシン 8.8 アラニン 39
ロイシン 68 スレオニン 32 アスパラギン酸 99
リジン 50 トリプトファン 10 グルタミン酸 120
メチオニン 14 バリン 47 グリシン 41
シスチン 15 ヒスチジン 80 プロリン 38
フェニルアラニン 35 アルギニン 44 セリン 37
日本食品標準成分表準拠 アミノ酸成分表2010より

バナナの栄養成分・効果①:グルタミン酸

バナナに含まれるタンパク質中のアミノ酸で最も多いのは『グルタミン酸』です。

バナナはグルタミン酸の宝庫ともいわれます。グルタミン酸を多く含む他の食品では昆布が有名です。

グルタミン酸には、髪の毛の材料となる以外にも次のような働きがあります。

  1. 美肌効果(頭皮の健康維持)
  2. 脂肪の蓄積を抑制(血流改善、皮脂分泌の抑制)
  3. アンモニアの解毒・利尿作用(有害物質の無毒化・排出促進)

グルタミン酸の健康効果により頭皮環境を整え、抜け毛や薄毛を抑制する効果が期待されています。

髪の毛の主成分は、『ケラチン』と呼ばれるタンパク質です。ケラチンは18種類のアミノ酸が結合してつくられています。

グルタミン酸は髪の毛の主成分『ケラチン』を構成するアミノ酸の中でも最も多い割合を占めています。

バナナの栄養成分・効果②:アスパラギン

バナナに含まれるタンパク質中のアミノ酸、2番目に多いのは『アスパラギン』です。

アスパラギンは体内に吸収されることにより、アスパラギン酸に変化します。アスパラギン酸は髪の毛の主成分『ケラチン』の構成要素で約8%を占めます。

アスパラギン酸には、髪の毛の材料となる以外にも次のような働きがあります。

  1. 疲労回復(抗ストレス効果)
  2. 美肌効果(頭皮の健康維持)
  3. アンモニアの解毒(有害物質の無毒化)

グルタミン酸と同様に、アスパラギン酸にも頭皮環境を整える働きがあるため、抜け毛や薄毛を抑制する効果が期待されています。

特に、アスパラギン酸の疲労回復効果には、ストレスを抑制する効果が期待されます。

ストレスは、ホルモンバランスを崩したり活性酸素を生成するため、抜け毛や薄毛を進行させる原因になります。ストレスが抜け毛や薄毛に与える影響を知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

ストレスと抜け毛や薄毛の関係!ハゲを予防・改善する方法を徹底解説
【ストレスと抜け毛や薄毛の関係】ハゲを予防・改善する方法を徹底解説「ストレスで抜け毛が増えた気がする。」抜け毛・薄毛の進行を早める最大の要因はストレスといわれます。ストレスによる抜け毛の進行は正しい対策により防くことができます。ストレスと髪の毛の関係を理解し、抜け毛や薄毛を防ぎましょう。...

バナナの栄養成分・効果③:ロイシン

バナナには、ロイシンというアミノ酸の一種も多く含まれます。ロイシンの働きの中で最も育毛・発毛に効果が期待されるのは抗ストレス作用です。

ロイシンは脳内麻薬とも呼ばれるエンドルフィンと似た性質を持っていて、強い抗ストレス作用を発揮します。

ロイシンには、髪の毛の材料となる以外にも次のような働きがあります。

  1. 育毛促進
  2. 抗ストレス作用
  3. 肝機能の向上

ロイシンは分枝鎖アミノ酸に分類され、イソロイシンやバリンという仲間が存在します。イソロイシンには疲労回復効果、バリンには美肌効果などがあり頭皮や髪の毛の健康を維持するための働きをします。

バナナの育毛・発毛効果と『ビタミン』の関係

【バナナの育毛効果】バナナの栄養成分が薄毛を抑制するか徹底調査!

バナナに含まれる栄養成分には、髪の毛の生成をサポートするビタミン類が豊富に含まれます。ビタミンの種類と期待される育毛・発毛効果については次の表を参考にしましょう。

ビタミンの種類 育毛・発毛に期待できる効果
ビタミンA 抗酸化作用
ビタミンB群 頭皮の健康維持・タンパク質の代謝サポート
ビタミンC 頭皮環境を整える・タンパク質の吸収サポート
ビタミンE 抗酸化作用・血行促進作用
私たちの身体の中では、タンパク質から生成された酵素が、消化や代謝などに関わっています。ビタミンには、酵素を活性化するための補酵素として働くものもあります。

バナナには、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA(β-カロテン)、亜鉛、鉄などが含まれるため、血流促進や髪の毛の生成に役立ちます。また、バナナには造血作用がある葉酸も含まれています。

バナナの栄養成分・効果①:ビタミンB2

ビタミンB2には、皮膚、髪の毛、爪などの細胞を再生する働きがあります。また、髪の毛をつくる毛母細胞を活性化させたり、タンパク質や脂質の代謝を促すビタミンです。

ビタミンB2には、髪の毛を太く強く育てる効果以外にも、頭皮の炎症などを防ぐ働きもあり、頭皮を健康に保つ効果があります。

バナナの栄養成分・効果②:ビタミンB3(ナイアシン)

ビタミンB3には、皮膚の炎症を抑える働きがあり、頭皮の炎症を予防する効果が期待されます。

その他にも、ビタミンB3には血行促進効果や髪の毛をつくるタンパク質の代謝を促進させる働きがあります。

バナナの栄養成分・効果③:ビタミンB5(パントテン酸)

ビタミンB5(パントテン酸)は、ビタミンB1と共に糖質の代謝をサポートする働きがあります。また、ビタミンCと共に頭皮の健康を維持する働きがあります。

バナナの栄養成分・効果④:ビタミンB6

ビタミンB6は、髪の毛を構成するタンパク質『ケラチン』の生成を促進します。また、ビタミンB6は他のビタミン群と共に、毛母細胞の細胞分裂を活性化して育毛・発毛を促進します。

バナナは果物の中でもトップクラスのビタミンB6の含有量を誇ります。バナナ100g当たりに含まれる量は、0.38mgで、ミカンの6倍、キウイの3倍以上になります。バナナ1本で、1日に必要な成分量の2割を摂取することができます。

ビタミンB6は、髪の毛の生成をサポートする栄養成分です。また、頭皮の皮脂分泌を抑制して毛穴詰まりを防ぐ働きもあります。

ビタミンB6の主成分である、ピリドキシン・ピリドキサール・ピリドキサミンは血管や血液に作用します。そのため、育毛・発毛を促進する栄養成分として期待されています。

ビタミンB5とビタミンB6を摂取することで、抜け毛や薄毛を改善する効果が期待できるとされます。

特に、ビタミンB6は、女性のびまん性脱毛症の改善に効果があるという臨床研究結果があります。

ポーランドにあるシレジア医科大学の研究報告によれば、ビタミンB5の投与(服用)と、ビタミンB6の注射を交互に繰り返し行ったところ、ビタミンB6の注射後にびまん性脱毛症の症状が緩和されたとされます。

バナナの栄養成分・効果⑤:ビタミンB7(ビオチン)

ビタミンB7(ビオチン)は、亜鉛の働きをサポートする働きがあります。また、コラーゲンの生成をサポートしたり、血管や毛細血管を強くする働きもあるため頭皮の健康を維持する役割があります。

【研究報告】バナナの皮に薄毛抑制効果あり?

【バナナの育毛効果】バナナの栄養成分が薄毛を抑制するか徹底調査!

普段は捨ててしまうバナナの皮には豊富な栄養成分が含まれます。特に、育毛・発毛に効果が期待できる栄養成分には次のようなものがあります。

  1. トリプトファン
  2. ルテイン
  3. フィトステロール(シクロユーカレノン)

ルテインは、ビタミンAのもとになる成分で、頭皮環境を健康に保つために役立ちます。

バナナの栄養成分『トリプトファン』とは

トリプトファンは、人間の体内では生成されない必須アミノ酸のひとつです。トリプトファンには髪の毛にコシやハリを与える働きがあるとされます。

トリプトファンは3大神経伝達物質のひとつ『セロトニン』を生成するために必要な栄養素です。

トリプトファンは、バナナの実にも含まれますが、皮の方により多く含まれます。

バナナには抗ストレス作用があるといわれる理由には、バナナにトリプトファンが含まれることが関係しています。

また、トリプトファンをはじめとするアミノ酸は、髪の毛になるタンパク質を構成する物質です。

3大神経伝達物質『セロトニン』とは?

セロトニンは脳内に存在する神経伝達物質です。3大神経伝達物質には次のものがあります。

セロトニンは、心のバランスを整える働きがある物質です。セロトニンには、ノルアドレナリンとドーパミンの分泌をコントロールして心身のバランスを保つ効果が期待されます。
  1. 快楽を司る『ドーパミン』
  2. ストレスホルモンと呼ばれる『ノルアドレナリン』
  3. イライラや不安を抑え精神を安定させる『セロトニン』

セロトニンが不足することにより、鬱(うつ)病や睡眠障害を引き起こす原因になります。また、心のバランスが崩れると、ストレスを感じやすくなります。ストレスは抜け毛や薄毛を進行させる原因になります。

バナナ抽出成分『シクロユーカレノン』が薄毛を抑制

フィトステロールは、植物に含まれる化学物質でコレステロールを減らす働きがあります。バナナの皮から抽出された成分は、シクロユーカレノンと呼ばれ、育毛・発毛を促進する効果が期待されます。

バナナの皮から抽出される成分『シクロユーカレノン』には、コレステロールを減らす働きがあり、食品添加物、医薬品、化粧品などにも使用されます。シクロユーカレノンは、シクロオイカレノンとも呼ばれます。

関西大学による「バナナ果皮からの抗がん活性成分の探索」という研究報告によれば、フィトステロール(シクロユーカレノン)が、抜け毛や薄毛を進行させる要因になる、還元酵素5αリダクターゼを阻害するとされます。

そのため、バナナの皮に含まれるフィトステロール(シクロユーカレノン)には、抜け毛や薄毛を進行させる要因になる還元酵素5αリダクターゼを抑制する効果が期待されています。

バナナの皮からの抽出物「シクロユーカレノン」に関する研究は、今の段階ではヒトに対する詳しい実験がされていません。そのため、実際にシクロユーカレノンに育毛・発毛効果があるかは明らかになっていません。

今後のシクロユーカレノンの更なる研究に期待をしつつ、薄毛治療は標準治療とされる内服薬療法を進めていくことが合理的であるといえます。

バナナポリフェノール『プロアントシアニジン』とは

【バナナの育毛効果】バナナの栄養成分が薄毛を抑制するか徹底調査!

バナナに含まれるポリフェノールには頭皮環境を整える働きがあるため、育毛・発毛を促進する効果が期待できます。

特に、バナナの筋には『プロアントシアニジン』という強い抗酸化作用があるポリフェノールが含まれます。プロアントシアニジンは、ポリフェノールの王様と呼ばれ育毛効果が期待されています。

ポリフェノールの働きには次のようなものがあります。

  1. 抗酸化作用による頭皮のアンチエイジング効果(老化防止・脱毛予防)
  2. 血行促進作用による毛母細胞の活性化(育毛・発毛促進)
  3. 成長因子「IGF-1」の生成(育毛・発毛促進)

ポリフェノールは老化の原因となる活性酸素を取り除く働きがあるため、頭皮の老化予防効果が期待されます。

また、ポリフェノールの抗酸化作用は、脂質の酸化を防ぐことで血液をサラサラにする効果があります。

動物性脂肪に偏った食事は頭皮環境を悪化させます。動物性脂肪は悪玉コレステロールが多く含まれていて中性脂肪の増加につながります。

その結果、頭皮の毛細血管が詰まりやすくなり、毛根に栄養が届かず、抜け毛や薄毛の原因となります。

プロアントシアニジンの働き①:抗酸化作用

プロアントシアニジンは、活性酸素を抑制する抗酸化作用があります。そのため、頭皮の老化の進行を抑制するなどアンチエイジング効果が期待されています。

プロアントシアニジンの抗酸化作用はビタミンCの20倍、ビタミンEの40倍ともいわれます。

活性酸素には、スーパーオキシドラジカル、一重項酸素、メタロチオネイン、過酸化水素の4種類があります。プロアントシアニジンの抗酸化作用はこれら全ての活性酸素を抑制します。

プロアントシアニジンの働き②:毛母細胞の活性化

プロアントシアニジンには、髪の毛の成長サイクル「ヘアサイクル(毛周期)」を休止期から成長期へ、移行を促進する働きがあるとされます。

そのため、バナナポリフェノール『プロアントシアニジン』は、ヘアサイクルを整える働きがあるとされます。

休止期から成長期に移行することにより、髪の毛が太く長く成長するため育毛・発毛に効果が期待されます。他にも、プロアントシアニジンには、悪玉コレステロールを抑えて血液をサラサラにする働きがあります。

プロアントシアニジンは、ブドウの種子や皮などにも多く含まれる苦味成分です。詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください。

ブドウ種子エキスの育毛効果【ブドウポリフェノール】を徹底調査!
ブドウ種子エキスの育毛効果【ブドウポリフェノール】を徹底調査!ブドウに含まれる豊富なポリフェノールには、頭皮環境を整え育毛・発毛を促進する効果が期待できます。特に、ブドウの皮や種に含まれるポリフェノール「アントシアニジン」や「レスベラトロール」には育毛・発毛促進効果を期待できます。...

バナナは朝食に摂るのがオススメ

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

バナナの栄養成分を効果的に摂取したいならば、朝食にバナナを食べるのがオススメです。

バナナには他の果物と比べて水分の含有量が少ないので、ヨーグルトと組み合わせて摂取すると腸内環境の改善に効果が期待できます。

バナナには、免疫力を高めたり、便通を良くする働きがあります。

そのため、毎朝摂取することにより体内の循環を良くして、育毛・発毛が促進されやすい頭皮環境をつくることができます。

バナナの効果的な摂取方法

バナナの皮には、AGA(男性型脱毛症)の進行を抑制する効果が期待される『フィトステロール(シクロユーカレノン)』が含まれます。

フィトステロール(シクロユーカレノン)を含むサプリメントなども販売されていますが、最も簡単に摂取する方法がバナナの皮を食べることです。しかし、バナナの皮を食べるのは普通は難しいですよね。

バナナの皮を美味しく食べるには、ピューレにして食べる方法がオススメです。トマトピューレはという料理もありますが、トマトを煮込むことでペースト状にしたものをピザやパスタに用います。

バナナの皮も同様に、バナナピューレにしてパン、添え物、ソースのベース、フルーツジュースに入れるなどの方法があります。

グリーンスムージーもオススメ

野菜や果物をミキサーにかけて作る『グリーンスムージー』もオススメです。グリーンスムージーは、様々な果物の栄養素をいっぺんに摂取することができます。

グリーンスムージーの甘みが足りないと感じた際には、はちみつを入れて調整しましょう。

残留農薬が気になる場合は、ボウルに水を入れ野菜や果物を2~3分漬けおきします。その後、流水で洗い流すことにより残留農薬を落とすことができます。

育毛・発毛効果が期待できる果物をグリーンスムージーにして、まとめて摂取することで、より一層の健康効果が期待できます。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは
【抜け毛・薄毛に効く果物まとめ】果物の育毛・発毛効果を徹底調査!「果物は抜け毛・薄毛対策に効果があるって本当?」果物には、抜け毛や薄毛を予防して育毛・発毛促進に効果が期待できる成分が豊富に含まれています。そこで今回は、抜け毛や薄毛の予防・改善に効果が期待できる果物をまとめてご紹介します。...

バナナの副作用に注意

バナナの摂取目安量は1日に1〜2本です。多量に摂取すると体調を崩す原因になるため注意が必要です。

バナナに含まれるマグネシウムやカリウムの量は、ミカンやリンゴと比較すると倍近くになります。

バナナの副作用①:カリウムの摂りすぎに注意

バナナ100gには約360mgのカリウムが含まれます。日本人の1日あたりのカリウム摂取量の目安は、男性で2500mg、女性で2000mgとされます。

バナナに含まれるカリウムは腎臓病を患っている人や透析をされている人には負担になる恐れがあります。

バナナに含まれるカリウムには、塩分を体外に排出する作用があり心臓病や脳卒中の原因となる高血圧を改善する働きがあります。

また、血管内の血液の流れを良くするため、育毛・発毛効果が期待できます。カリウムは野菜にも多く含まれますが、茹でてしまうと30%程度が失われてしまいます。

高血圧は抜け毛・薄毛の原因?生活改善とAGA治療で育毛・ハゲ予防!
高血圧は抜け毛・薄毛の原因?生活改善とAGA治療で育毛・ハゲ予防!高血圧と薄毛には深い関係があることを知っていますか?高血圧と薄毛の主な原因には生活習慣の乱れが関係しています。高血圧の人は血流が悪く頭皮に十分な栄養が行き渡らないため、抜け毛・薄毛になるリスクが通常の人よりも高くなります。...

バナナの副作用②:マグネシウムの摂りすぎに注意

バナナにはマグネシウムも多く含まれます。空腹時にバナナを大量に食べることにより動悸を起こすことがあります。

バナナの副作用③:身体の冷えと血行不良

バナナには体を冷やす作用があるとされます。身体の冷えは血行不良を引き起こし育毛・発毛を阻害します。そのため、バナナの食べ過ぎには注意しましょう。

【まとめ】バナナの育毛効果・薄毛抑制効果

【バナナの育毛効果】バナナの栄養成分が薄毛を抑制するか徹底調査!

バナナに含まれる豊富な栄養成分が育毛・発毛促進に効果が期待できることをご紹介しました。

バナナには血管を強くしたり血液の流れを良くすることで、毛母細胞を活性化させたり育毛・発毛を促進する効果が期待できます。

安くて低カロリーなのに栄養価が高くて、手軽に食べられるスーパーフルーツ『バナナ』。サプリメントの代わりに、1日1本バナナを食べるというのもオススメです。

しかし一方で、バナナはあくまで食品なので育毛・発毛効果はそれほど高くありません。あくまでも薄毛治療の補助食品として摂取するのがおススメです。

あなたの薄毛を治療するためには、まずは抜け毛の原因をはっきりとさせることが大切です。抜け毛や薄毛の主な原因にはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる病気が関係しています。

薄毛治療を専門とするAGAクリニックでは、抜け毛や薄毛の悩みに関する診察やカウンセリングを無料で行なっています。

まずは専門の医師やカウンセラーに抜け毛や薄毛の悩みを相談して、ご自身の薄毛の原因を知った上で対策を行なってみてはいかがでしょうか。

▼無料カウンセリング予約はこちら▼

AGAスキンクリニック公式サイト

抜け毛や薄毛の本当の原因と発毛実感率99%以上の対策方法に興味がある人はこちらの記事もご覧ください。 【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

要点まとめ
  1. ビタミンB群には髪の毛の生成を促進する効果が期待できる
  2. ポリフェノールの働きにより頭皮の老化予防効果が期待できる
  3. セロトニンには精神安定効果による抗ストレス作用がある
  4. バナナの皮に含まれる成分には、AGAを抑制する効果が期待できる
  5. 薄毛で悩まれる人は、まずはAGA治療専門のクリニックで無料相談
【厳選!】おすすめAGAクリニック
AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック

発毛実感率99.4%!全国51院(最寄駅3分以内)】AGAスキンクリニックは、全国に51院を展開する最大手のクリニックであり、治療実績や症例が豊富にあります。
GACKTさんや篠崎愛さんを起用したTVコマーシャル、雑誌や電車内の広告でも知名度は抜群!月3400円から始められるリーズナブルな価格も人気です。

評価(星5個中)
オススメ理由① 発毛実感率99.4%という確かな治療実績
オススメ理由② 全国で発毛専門院を51院展開!すべて最寄り駅から徒歩3分
オススメ理由③ 最安値に挑戦!月3,400円(税抜き)から始める薄毛治療

詳細ページ公式ページ

ヘアメディカルグループ
ヘアメディカル

日本初の発毛治療専門の医療機関『ヘアメディカルグループ』には、19年間で薄毛・AGA190万人の治療実績があります。その豊富な治療実績から一人ひとりの症状に合わせた最新の頭髪治療を行なっています。
また、治療費が明確で高額なローンを組む必要がないのも魅力の一つです。

評価(星5つ)
オススメ理由① 【日本一の発毛治療実績】19年間で190万人の実績は業界NO.1
オススメ理由② 【安心の明朗会計】月32,000円(税別)以上掛からない
オススメ理由③ 【最寄駅徒歩5分以内】東京・名古屋・大阪・福岡の4つのクリニック

詳細ページ公式ページ

銀座総合美容クリニック
銀クリAGA.com(gincli-aga.com)

【単院では東京でNo.1の患者数を誇る人気・安心のクリニック】銀座総合美容クリニックは、関東近郊にお住いの方に最もオススメできるAGAクリニックです。
AGA治療専門のクリニックとして常に患者さんの目線に立った運営をされています。また、患者さんの負担を理解し安心して通える治療費設定を行なっている点も魅力の一つです。

評価(星5個中)
オススメ理由① 単院では東京でNo.1の患者数を誇る人気のクリニック
オススメ理由② スタッフや医師の対応が非常によいため相談・通院しやすい。
オススメ理由③ 患者さんの負担を理解した安心の治療費設定も魅力の一つ

詳細ページ公式ページ