薄毛のコラム

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

果物には抜け毛や薄毛対策にも効果があるという話を聞いたことがありませんか?果物に含まれる成分には、抜け毛や薄毛を予防して育毛・発毛促進に効果が期待できる成分が豊富に含まれています。

果物で抜け毛や薄毛を完全に治すことは難しいですが、ある程度の予防・改善効果は期待できます。

そこで今回は、抜け毛や薄毛の予防・改善に効果が期待できる果物をまとめてご紹介します。是非ご覧になって下さいね。

【結論】果物だけでは抜け毛や薄毛の改善効果は期待できない

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

果物に含まれる成分には、抜け毛や薄毛を予防して育毛・発毛促進に効果が期待できる成分が豊富に含まれています。

しかし、抜け毛や薄毛の原因には様々な要因が関わっているため、果物を摂取するだけでは抜け毛や薄毛を改善することは難しいでしょう。果物は抜け毛・薄毛の予防、育毛・発毛のサポートとして取り入れるのがオススメです。

抜け毛や薄毛を予防して育毛・発毛を促進するためには必要な栄養素をバランス良く摂取するが大切です。

果物だけでは抜け毛や薄毛を治すことは難しいですが、健康維持や美容目的にも効果が期待できるため、毎日の食生活に積極的に取り入れましょう。

果物だけではAGA(男性型脱毛症)は防げない!

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

抜け毛や薄毛が進行する主な理由は、AGA(男性型脱毛症)と深い関係があります。

AGA(男性型脱毛症)とは、ジヒドロテストロンと呼ばれる悪玉の男性ホルモンにより抜け毛や薄毛の症状が進行する病気です。
  • AGA(男性型脱毛症)は、成人男性の3人に1人が発症しています。
  • AGA(男性型脱毛症)は、日本で約1200万人が発症しています。
  • AGA(男性型脱毛症)は、薄毛で悩む成人男性の約90%が発症しています。

悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」とは

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

AGA(男性型脱毛症)の原因には、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の働きが関係しています。

悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」は、テストステロンという男性ホルモンが「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素と結合して変化したものです。
ジヒドロテストステロン(DHT)
  • 悪玉の男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)は脱毛ホルモンとも呼ばれる。
  • ジヒドロテストステロン(DHT)はレセプターと結合することで、脱毛因子「TGβ−1」を生成する。
  • AGA(男性型脱毛症)の原因はジヒドロテストステロン(DHT)の働きが関係している。

果物を摂取することにより、頭皮環境を整えたり、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の生成を少しだけ抑制する効果が期待できます。

しかし、果物には悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制するための十分な効果は証明されていません。

あわせて読みたい
頭頂部の抜け毛・薄毛はAGA
頭頂部の抜け毛・薄毛はAGA?男性型脱毛症の特徴と治療薬まとめ頭頂部(つむじ)の抜け毛・薄毛が増えてきた こういった頭頂部(つむじ)の変化がきっかけとなり、抜け毛や薄毛を心...

毎日の果物習慣で育毛・発毛促進

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

果物はビタミンが豊富であるため健康維持や美容目的で食べる習慣がある人も多いかもしれません。

果物には、タンパク質、ビタミン類、ミネラル類が豊富に含まれるため、育毛・発毛に効果が期待できます。

育毛・発毛を促進するためには、タンパク質、ビタミン類、ミネラル類をバランス良く摂取することが大切です。

毎朝の果物習慣!効果的な摂取方法とは

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

「朝のくだものは金」という古いヨーロッパのことわざにあるように、朝フルーツを食べるとお肌や身体にいいと言われますが、育毛のためにも朝のフルーツは最適なのです。
参照元:育毛促進!朝フルーツのすすめ|ライブドアニュース

朝バナナダイエットといった朝食に果物を食べるダイエットは、TVや雑誌などのメディアでも度々特集されます。

朝食をフルーツにすることで様々な健康効果が期待できることを知っていますか?まずは、その理由と効果をご紹介します。

朝に果物を摂取する魅力は消化吸収の良さ!

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

朝食に果物を摂取する魅力は消化吸収が非常に良い点です。果物は、ほとんどが水分でできているため、消化液を使わずに消化することができます。

果物は穀物や肉類と比較して消化吸収が非常に良く胃腸に負担がかかりにくいのです。そのため、酵素やビタミンなどの栄養素を効率良く吸収することが可能です。

脳のエネルギーになる糖分を多く含み消化吸収も非常に良い果物は、朝起きてから活動を開始する午前中に摂取することがオススメです。

朝食といえば、「ご飯、味噌汁、納豆、海苔」といった和食をイメージする人も多いですよね。

確かに、こういった和朝食は必要な栄養素がバランス良く含まれているため理想的な食事ですが、タンパク質と炭水化物などを食事で摂取すると消化までに8時間程度必要とされます。

食事でお腹がいっぱいになると眠くなりますよね。この理由には、消化器系が食事で摂取したものを消化するために集中してしまい、消化器系以外の脳や身体の器官が低下することが原因とされます。

グリーンスムージーがオススメ

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

野菜や果物をミキサーにかけて作る「グリーンスムージー」もオススメです。グリーンスムージーは、様々な果物の栄養素をいっぺんに摂取することができます。

後ほどご紹介する育毛・発毛に効果が期待できる果物を入れたり、あなた好みの果物を入れてみてはいかがでしょうか。

残留農薬が気になる場合は、ボウルに水を入れ野菜や果物を2~3分漬けおきします。その後、流水で洗い流すことにより残留農薬を落とすことができます。また、グリーンスムージーの甘みが足りないと感じた際には、はちみつを入れて調整しましょう。

ドライフルーツは「天然のサプリメント」

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

ドライフルーツは良質なミネラルが手軽に摂取できるとTVや雑誌などのメディアでも度々特集されていますよね。

ドライフルーツとは果物を天日で乾燥させたものです。水分が抜ける過程で栄養が凝縮されるため、ミネラル類は生の状態よりも倍以上に増加します。ドライフルーツは、小さくて食べやすいことから「天然のサプリメント」とも呼ばれます。

干しブドウ(レーズン)、プルーン、いちじく、干し柿などはミネラルが豊富です。

干しブドウやプルーンには亜鉛が多く含まれるため、育毛・発毛促進を期待できます。

イチジクは、植物性エストロゲンが含まれため、女性ホルモンの働きをサポートして育毛・発毛を促進するとされます。

ドライフルーツは食物繊維も豊富

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

ドライフルーツは食物繊維が豊富なため、少量でも意外に満腹感を得ることができます。ドライフルーツには、水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維がバランス良く含まれます。

ドライフルーツは食物繊維を豊富に含むため、腸内環境も整えてくれます。ドライフルーツを選ぶ際には、無添加で砂糖や塩で味付けされていないものを選びましょう。

ドライフルーツは適量であれば抜け毛や薄毛改善に役立つ食べ物ですが、カロリーが高いため食べ過ぎてしまうと逆効果になります。また、食物繊維も過剰に摂取すると腸に負担がかかります。

ドライフルーツの一日の摂取目安量は約80kcal分です。干しぶどうならば約25g、プルーンやイチジクならば約3個になります。

毎日の果物習慣の注意事項とは

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

果物はヘルシーだと思っている人は少なくないですよね。しかし、果物には糖分が多く含まれているため注意が必要です。

果物には「フルクトース」という糖分が多く含まれます。フルクトースの分解は肝臓で行われるため肝臓に負担が掛かります。ただし、食べ過ぎなければ問題はありません。

果物を過剰に摂取することにより、体内に糖分が蓄積され中性脂肪が増加します。「フルーツだから大丈夫!」と食べ過ぎてしまうことには注意しましょう。果物の過剰摂取はアルコールの過剰摂取と同様に肝臓にダメージを与えるという見方もあります。

あわせて読みたい
食べ過ぎ(過食)は抜け毛・薄毛の原因?食事と抜け毛の関係とは
食べ過ぎ(過食)は抜け毛・薄毛の原因?食事と抜け毛の関係とは「食べ過ぎ(過食)はハゲるって本当?」結論から述べると、抜け毛や薄毛の直接的な原因は食べ過ぎ(過食)ではなくAGA(男性型脱毛症)が原因である可能性が高いです。成人男性の抜け毛や薄毛の悩みに関する約90%はAGA(男性型脱毛症)が原因です。 ...

【ビタミン類】育毛・発毛効果を期待できる果物の成分

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

果物が抜け毛や薄毛対策にどのような効果があるのか気になりますよね。それでは、果物に含まれる育毛・発毛効果が期待できるビタミン成分を見てみましょう。

ビタミンの種類 育毛・発毛に期待できる効果
ビタミンA 抗酸化作用
ビタミンB群 頭皮の健康維持・タンパク質の代謝サポート
ビタミンC 頭皮環境を整える・タンパク質の吸収サポート
ビタミンE 抗酸化作用・血行促進作用

ビタミン類は必要なものを摂取すれば効果が得られるわけではありません。ビタミン同士がそれぞれを補い合う形で働くため、バランス良く摂取する必要があります。

ビタミンA(抗酸化作用)

ビタミンAは、抗酸化作用や皮膚を健康に保つ働きがあります。ビタミンAを摂取することにより頭皮環境が改善され、育毛・発毛を促進する効果が期待できます。

ビタミンCやビタミンEと併せて摂取することにより、抗酸化作用の相乗効果が期待できます。

ビタミンB群(タンパク質の代謝サポート)

健康を維持する上でビタミンは必須ですが、特に「ビタミンB群」は育毛・発毛にも効果が期待できる栄養素です。

ビタミンB群にはビタミンB1からビタミンB12まであります。その中でも、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB7(ビオチン)は育毛・発毛を促進する上で重要な働きをします。
  • ビタミンB2は、皮脂の量を調整する働きがあります。
  • ビタミンB6は、タンパク質の吸収を促進する働きがあります。また、細胞分裂を促進する働きもあります。
  • ビタミンB7は(ビオチン)は炭水化物、タンパク質、脂質の代謝を補助したり頭皮の健康を維持する働きがあります。

ビタミンB群は育毛・発毛には欠かせない栄養素ですが、普段の生活では不足しがちです。

甘い物や油が多く含まれる物を食べた際に、糖分や油分を代謝するためにはビタミンB群が大量に消費されます。

ビタミンB群が不足することにより、頭皮の炎症やヘアサイクルの乱れが起きることがあります。

ビタミンB群とケラチンの関係とは

ビタミンB群が育毛・発毛効果を期待できる理由には、髪の毛の主成分である「ケラチン」というタンパク質と関係があります。

ビタミンB群は、タンパク質の吸収をサポートする役割があります。食事などで摂取したタンパク質は体内で利用されるためにアミノ酸に分解されます。ビタミンB群はタンパク質からアミノ酸に分解する際に必要な栄養素でもあり、髪の毛をつくる上で必須の栄養素です。
ケラチンとは

髪の毛の95%はケラチンというタンパク質で18種類のアミノ酸から構成されています。タンパク質はアミノ酸がつながってできています。

ケラチンが効率良く構成されるためにはビタミンB群が重要な働きをします。ビタミンB群が不足するとケラチンも不足してしまい薄毛の原因になると考えられています。

ビタミンC(タンパク質の吸収サポート)

ビタミンCは活性酸素を除去する抗酸化作用の働きがあります。また、活性酸素を除去する以外にも、コラーゲンの生成を促進する働きがあります。コラーゲンが生成されることで頭皮の毛細血管は強く太くなります。

毛細血管とは

頭皮には毛細血管が網の目のように張り巡らされています。毛細血管から運ばれてくる酸素や栄養をもとにして毛母細胞は髪の毛をつくりだします。そのため、毛細血管が減少して頭皮の血流が悪いと抜け毛や薄毛の原因になります。

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

血管全体の約90%は毛細血管といわれます。毛細血管の太さは髪の毛の1/10程度の太さしかありません。通常の人と比べて、抜け毛や薄毛に悩む人の頭皮の毛細血管は非常に少ない傾向にあります。

老化物質「活性酸素」に要注意!

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは
日常的にタバコを吸っていたり、紫外線を多く浴びている人はビタミンCが不足する傾向があります。タバコや紫外線は体内に活性酸素を過剰に生成してしまい、抜け毛や薄毛の原因にもなります。
老化物質「活性酸素」とは

活性酸素は人間の体内の細菌やウイルスを撃退する役割があります。

本来は、健康維持のために必要な物質ですが、活性酸素が増えすぎることにより健康な細胞まで酸化してしまい、身体の不調や老化の原因になることがあります。

活性酸素は白髪や抜け毛の原因にもなります。

ストレスを溜め込んでいる人も注意が必要です。ビタミンCにはストレスから身体を守る働きがありますが、過剰にストレスを溜め込んでいる場合、ビタミンCが大量に消費される傾向にあります。

ビタミンE(血行促進作用)

ビタミンEには血管の詰まりを解消したり、血管壁を強くすることで血行を促進する働きがあります。

ビタミンEは、頭皮の毛細血管を保護したり、血行を促進する作用があるため、「若返りビタミン」や「血管の掃除屋さん」とも呼ばれます。そのため、育毛・発毛には欠かせない栄養素の一つになります。

活性酸素は細胞膜を包む脂質と結びつくことにより酸化します。酸化した脂質は過酸化脂質と呼ばれ、細胞を老化させて抜け毛や薄毛を引き起こす原因になります。

ビタミンEは、過酸化脂質の生成を抑制する働きがあります。ビタミンCと併せて摂取することにより抗酸化作用の相乗効果が期待できます。

ビタミンEが不足することにより、貧血、皮膚免疫力の低下、筋肉の萎縮などの症状が起こります。

【ミネラル類】育毛・発毛効果を期待できる果物の成分

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

身体に取り入れられたビタミンなどの栄養素を細胞に吸収させるためにはミネラルの働きが関係しています。

ミネラルの種類 育毛・発毛に期待できる効果
酸素の運搬・細胞の活性化
ヨウ素(ヨード) 新陳代謝促進・細胞の活性化
亜鉛 髪の毛の生成・AGAの抑制
葉酸 造血作用

ミネラル類が不足している場合、栄養素を十分に吸収することができなくなり毛母細胞の働きが低下します。そのため、髪の毛が成長しにくくなると考えられています。

鉄(細胞の活性化)

毛母細胞が細胞分裂をすることにより髪の毛は成長します。育毛・発毛を促進するためには、酸素や栄養素を毛母細胞に届けることが大切です。

血液中の鉄は赤血球の中の「ヘモグロビン」という形で存在します。ヘモグロビンは「ヘム鉄」と「グロビン」というタンパク部分からなり、ヘム鉄は「ポルフィリン」という化合物の中に鉄が入っていて、全身の組織に酸素を運ぶ大切な役割を果たしています。
酸素の運搬が円滑に行われるには、鉄だけでなく、ポルフィリンを合成するために必要なミネラルである「亜鉛」やヘモグロビンの構成成分であるタンパク質などの栄養素が必要不可欠です。
また、鉄はヘモグロビンだけでなく、全身の細胞内にも含まれており、「細胞内ミネラル」とも呼ばれます。細胞の活性化が十分に行われていると、細胞は血液から鉄を取り込んで鉄の吸収がよくなり、全身の健康が保たれるわけです。

出典:鉄はどんな働きをするの?

酸素が不足して細胞分裂が十分に行われなくなると抜け毛や薄毛の原因になります。

鉄は血液中にヘモグロビンとして存在していて全身に酸素を運ぶとともに、細胞の活性化を担う役割があります。また、身体の細胞内にも存在して身体を健康に保つ働きがあります。

ヨウ素・ヨード(新陳代謝促進)

ヨウ素(ヨード)には代謝機能を促進させる働きがあります。そのため、細胞の活性化や血行の促進が行われ育毛・発毛に効果が期待できます。

ヨウ素(ヨード)は海藻類に多く含まれるミネラルであり、果物にはあまり含まれません。しかし、育毛・発毛効果を期待できる成分であるためご紹介します。

ヨウ素(ヨード)は甲状腺ホルモンの主原料です。 甲状腺ホルモンは新陳代謝を促したり、子どもの場合では成長ホルモンとともに成長を促進する働きをするため、ヨウ素は体になくてはならないミネラルです。
そこで、ヨウ素の入った食品は体によいとされて、健康食品のなかに入れられていたり、昆布を主原料にした食品が推奨されています。しかし、体に必要な甲状腺ホルモンを作るのに必要なヨウ素(推奨量)はわずかで、成人では一日0.13mgです。
ヨウ素は、日本人が口にする食品のなかには大なり小なり含まれています。特にたくさん含まれているのは下の図にあるように海藻類で、なかでも昆布が群を抜いており、次がひじきです。わかめ、海苔に含まれる量はこの2つと比べるとはるかに少量です。日本人は海藻を好んで食べるため、世界で一番ヨウ素を摂取している国民です。このほか魚、肉、穀類にもわずかですがヨウ素が含まれています。

出典:ヨウ素について|伊藤病院

ヨウ素(ヨード)は、甲状腺ホルモンを合成するために必要なミネラルです。甲状腺ホルモンには新陳代謝を活発化させる働きがあります。

そのため、細胞分裂が活発に行われたり、血液をつくりだす働きが促進されます。さらに、ヨウ素(ヨード)には、成長ホルモンの分泌を促進する働きもあります。

成長ホルモンは髪の毛の生成には欠かせないホルモンです。こういったヨウ素(ヨード)の働きに育毛・発毛効果が期待できます。

成長ホルモンは睡眠の質と深い関係があります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
寝不足は薄毛の原因
睡眠不足と薄毛・ハゲの関係は?質の高い睡眠で抜け毛を予防!睡眠不足と抜け毛・薄毛の関係とは? 睡眠は人間の生命を維持するために必要不可欠な役割を果たしますが、睡眠不足と抜け毛・薄毛には...
あわせて読みたい
夜勤や夜更かしは抜け毛や薄毛の原因
夜勤や夜更かしは抜け毛・薄毛と関係アリ!ハゲ予防・改善方法とは 夜勤や交代勤務をしている人の中には、抜け毛や薄毛で悩む人が多くいます。それは、夜勤や交代勤務による生活リズムの乱れが、抜け毛や薄...

亜鉛(髪の毛の生成)

亜鉛は髪の毛をつくるために必要不可欠な栄養素です。髪の毛をつくるためには、タンパク質からケラチンに合成する必要があります。合成する際に必要な栄養素が亜鉛です。

髪の毛は、ケラチンというタンパク質でできていますが、食事などでタンパク質を摂取しただけでは髪の毛をつくることはできません。体内に亜鉛が不足することにより、タンパク質を摂取しても髪の毛がつくられなくなり抜け毛や薄毛の原因になると考えられています。

亜鉛はAGA(男性型脱毛症)の原因である還元酵素5αリダクターゼの働きを抑制する作用があるとされます。

肌荒れ、抜け毛、髪色の変化は亜鉛不足が原因?

肌荒れ、抜け毛、髪色の変化など
肌、頭皮、毛根の細胞も新陳代謝が活発なため、こうした症状が出てきたら、亜鉛不足の可能性があります。
出典:ファンケルコミュニティ

亜鉛は新しい細胞が作られる際にDNAを複製する働きがあります。そのため、新陳代謝が活発な細胞は亜鉛が不足する傾向にあります。

髪の毛の生成に関わる毛母細胞は新陳代謝が活発な細胞であり、亜鉛が不足することにより育毛・発毛に影響が出るようになると考えられています。

また、コラーゲンを生成するためにはビタミンCと亜鉛が必要です。亜鉛が不足することによりコラーゲンの合成量も低下する傾向にあります。

コラーゲンは身体全体の約30%を占める重要な成分です。皮膚や毛細血管にはコラーゲンが欠かせません。

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

コラーゲンは皮膚をつくる重要な成分であり、頭皮のハリや髪の毛のコシとも関係しています。特に、皮膚の中でも真皮と呼ばれる部分の70%はコラーゲンでできています。

葉酸(造血作用)

葉酸は造血作用がある栄養素です。葉酸を摂取することにより全身の血行が良くする効果が期待できます。

全身の血行が促進されることにより、頭皮の毛細血管にも酸素や栄養が届きやすくなります。その結果、毛乳頭細胞付近にある毛母細胞の活動が活発化になり育毛・発毛が促進されます。

育毛・発毛効果が期待できる果物8選!

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

育毛・発毛効果がある果物にはどのようなものがあるか知っていますか?抜け毛や薄毛対策に効果が期待できる果物を8つご紹介します。

①イチゴの育毛・発毛効果とは

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

抜け毛や薄毛対策に効果が期待できる果物に「イチゴ」があります。イチゴには、ヨウ素(ヨード)が含まれる上、ビタミンCと葉酸(ビタミンB9)の含有量が豊富です。そのため、育毛・発毛促進が期待できる果物です。

イチゴには、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンA、亜鉛、鉄が含まれているため、血流促進や髪の毛の生成に役立ち育毛・発毛効果が期待できます。
種類 イチゴに含まれる成分
ビタミン ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン(ビタミンB3)、パントテン酸(ビタミンB5)、ビタミンB6、ビオチン(ビタミンB7)、葉酸(ビタミンB9)、ビタミンC
ミネラル カルシウム、鉄、マグネシウム、カリウム、亜鉛、ヨウ素
その他 タンパク質、食物繊維など

②アボカドの育毛・発毛効果とは

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

抜け毛や薄毛対策に効果が期待できる果物に「アボカド」があります。アボカドは栄養価が非常に高く美容効果も期待されるため、TVや雑誌といったメディアでも度々特集される果物です。

アボカドには、タンパク質、ビタミンB、葉酸、亜鉛といった育毛・発毛促進に欠かせない栄養素が含まれます。特に、アボカドにはビタミンEが豊富に含まれます。ビタミンEには血行促進作用があり抗酸化作用も期待ができます。

活性酸素は体内に増えすぎると毛母細胞に悪影響を及ぼして抜け毛や薄毛の原因になります。アボカドに含まれるビタミンEの高い抗酸化作用に抜け毛や薄毛の予防効果が期待されています。

アボカドに含まれるオレイン酸は人間の皮脂に約40%含まれ、頭皮に潤いを与えます。オレイン酸は過酸化脂肪の生成を抑制する働きがあります。

コロシントにも育毛・発毛効果があるとされます。コロシントはスイカのような果物です。AGA(男性型脱毛症)を抑制する働きがある医薬品プロペシアの成分「フィナステリド」と似た働きをするとされます。

③ブドウの育毛・発毛効果とは

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

抜け毛や薄毛対策に効果が期待できる果物に「ブドウ」があります。ブドウの皮や種に含まれるポリフェノールの一種「タンニン」や「レスベラトロール」には育毛・発毛促進を期待できる効果があります。

  1. タンニンの主な効果は毛穴を引き締め頭皮環境を整える働きがあります。
  2. レスベラトロールの主な効果は、アンチエイジング、肥満予防、認知症予防、抗がん作用などがあります。
  3. レスベラトロールは、胃腸の知覚神経を刺激することで発毛因子「IGF-1」を増加させるとされます。
  4. レスベラトロールは、老化物質と呼ばれる活性酸素を抑制する働きがある。

ポリフェノールには、体内の活性酸素を除去する働き(抗酸化作用)があるためアンチエイジング効果を得ることができます。

また、ポリフェノールには悪玉コレステロールの酸化を抑えて血行を良くする働きもあります。そのため、頭皮環境を整えて酸素や栄養が届きやすくなります。

レスベラトロールとサーチュイン遺伝子

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

「レスベラトロール」には、長寿遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子を活性化する働きがあるとされ、老化を予防する効果を期待されています。

サーチュイン遺伝子には、エネルギー生産、細胞の代謝・修復などをする働きがあります。そのため、サーチュイン遺伝子を活性化することにより毛母細胞の細胞分裂も活性化して育毛・発毛効果が期待されています。

あわせて読みたい
コーヒーのカフェインで薄毛・ハゲ治療?育毛・発毛の仕組みとは
コーヒーのカフェインで薄毛・ハゲ治療?育毛・発毛の仕組みとは最近ではコンビニでも淹れたての美味しいコーヒーを買えるようになったこともあり、毎日何杯もコーヒーを飲む人が増えているようです。1日に何杯...
あわせて読みたい
ワインで抜け毛・薄毛予防は嘘・本当?お酒の育毛・発毛効果とは
ワインで抜け毛・薄毛予防は嘘・本当?お酒の育毛・発毛効果とは「ワインには育毛・発毛効果があるって聞いたことがある」ワインが抜け毛や薄毛予防に効果があるという噂を聞いたことがありませんか?結論から述べると、ワインに含まれる酵母やポリフェノールは育毛や発毛に効果が期待できますが、お酒に含まれるアルコールはAGA(男性型脱毛症)による抜け毛や薄毛を進行させる原因になります。...

④バナナの育毛・発毛効果とは

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは
抜け毛や薄毛対策に効果が期待できる果物に「バナナ」があります。バナナは、バナナダイエットでも注目されているように低カロリーでありながらも非常に栄養価の高い果物です。

バナナには、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA(β-カロテン)、亜鉛、鉄などが含まれるため、血流促進や髪の毛の生成に役立ちます。また、バナナには造血作用がある葉酸も含まれています。
種類 成分名
ビタミン ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン(ビタミンB3)、パントテン酸(ビタミンB5)、ビタミンB6、ビオチン(ビタミンB7)、葉酸(ビタミンB9)、ビタミンC、ビタミンE
ミネラル ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン
その他 ポリフェノール、セロトニン、トリプトファン、食物繊維など
バナナの育毛・発毛効果
  • バナナの皮に含まれる「フィトステロール」がAGAの原因である5αリダクターゼの働きを阻害するという関西大学による研究報告もあります。
  • バナナに含まれるビタミンB2には血行や代謝を促進する働きがあるため頭皮環境を整え、育毛・発毛を促進する効果が期待できます。
  • 身体の冷えを改善したり抗酸化作用があるポリフェノールも含まれているため血流改善効果も期待ができます。
  • バナナには造血作用がある葉酸も含まれています。

⑤りんごの育毛・発毛効果とは

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

抜け毛や薄毛対策に効果が期待できる果物に「りんご」があります。りんごには、育毛・発毛に効果が期待できるビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA(β-カロテン)を含みます。

富山医科薬科大学(現・富山大学)と協和発酵(現:協和発酵キリン)の共同研究では、りんごによる育毛・発毛効果が発表されています。

リンゴポリフェノールは毛母細胞を増加させ、ヘアサイクルを正常化させる。実験で71%の人の毛密度が増加し、1平方センチメートルあたり、22.8本も発毛し、48%の人で硬毛が増加した

これはリンゴポリフェノールの中のプロシアニジンの力による。プロシアニジンは頭皮の血行を促進し、健康で丈夫な髪の毛を生成する。また、強い抗菌作用により、頭皮の毛穴に詰まった皮脂や老廃物が酸化して細菌を繁殖させるのを防ぎ、健康で綺麗な毛穴を維持するのだ。

アサヒグループの調べでは、リンゴポリフェノールの構成成分の65%が発毛成分のプロシアニジンだった。さらに、青リンゴには赤リンゴの約10倍のリンゴポリフェノールが含有されているという。

出典:アサ芸プラス

りんごに含まれるリンゴポリフェノールには、毛母細胞を増加させ、ヘアサイクルを正常化させる働きがあります。
種類 成分名
ビタミン ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン(ビタミンB3)、パントテン酸(ビタミンB5)、ビタミンB6、ビオチン(ビタミンB7)、葉酸(ビタミンB9)、ビタミンC、ビタミンE
ミネラル カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、銅、マンガン
その他 タンパク質、食物繊維、リンゴポリフェノールなど

⑥キウイの育毛・発毛効果とは

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

抜け毛や薄毛対策に効果が期待できる果物に「キウイ」があります。キウイには、タンパク質、ビタミンB群、亜鉛といった髪の毛をつくるために必要な栄養素が豊富に含まれるため、育毛・発毛に効果が期待できます。

キウイは、果物の中でも栄養充足率が高く、抗酸化作用のあるビタミンCを豊富に含みます。また、鉄や葉酸といった造血作用がある成分や血行促進に効果が期待できるビタミンEも含みます。
種類 成分名
ビタミン ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン(ビタミンB3)、パントテン酸(ビタミンB5)、ビタミンB6、ビオチン(ビタミンB7)、葉酸(ビタミンB9)、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE
ミネラル カルシウム、鉄、銅、セレン、マグネシウム、カリウム、亜鉛
その他 タンパク質、食物繊維、クエルシトリンなど

キウイに含まれるクエルシトリンの働き

キウイ種子エキスに5α-レダクターゼ阻害作用が認められ,DHTの生成が抑制されたことが確認されました。また,キウイ種子エキスの含有成分であるquercitrinにも同様に阻害作用が認められました。

出典:「キウイ種子エキス」|オリザ油化株式会社

キウイの種に含まれるポリフェノールの一種「クエルシトリン」には、AGA(男性型脱毛症)の原因となる還元酵素5αリダクターゼの働きを阻害するという研究報告があります。

⑦みかんの育毛・発毛効果とは

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

抜け毛や薄毛対策に効果が期待できる果物に「みかん」があります。特に、みかんの皮は栄養価が高いこでも知られます。みかんの皮には、「リモネン」や「テルピネン」、ポリフェノールの一種「ヘスペリジン」といった育毛・発毛効果がある成分が含まれます。

特に、リモネンは、AGA(男性型脱毛症)の原因である悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(ジヒドロテストステロン)」を抑制する働きがあるとされます。

みかんの皮に多く含まれるリモネンやテルピネンは毛細血管を拡張する効果があります。頭皮の毛細血管が拡張されることにより、毛母細胞に酸素や栄養が届きやすくなります。

また、みかんには、「キレート作用」と呼ばれる働きがあります。亜鉛の吸収率を高める「クエン酸」や「ビタミンC」が含まれているため、食後にみかんを食べることにより育毛・発毛に欠かせない亜鉛の吸収をサポートします。

みかんは育毛剤になる?意外な使い方とは

焼酎にミカンの皮を漬け込むと育毛剤になるって本当?
焼酎にミカンの皮を漬け込むことで、ミカンのエキスが抽出され育毛効果があるといわれます。
みかんは育毛剤になる?

ミカンの皮から抽出した成分で育毛に効果が見込まれる成分としては以下の成分があります。

  • リモネン:還元酵素「5αリダクターゼ」の抑制作用
  • セリン:髪の毛をつくるタンパク質ケラチンの材料
  • メチオニン:血中コレステロールを抑える、血行促進
  • ヘスペリジン:血行促進効果

ミカンの皮は干すことによって効果が高まります。みかんの皮を干したものは陳皮として漢方薬にも用いられます。ポリフェノールの一種「ヘスペリジン」は、ミカンの袋やスジに多く含まれます。

⑧ノニの育毛・発毛効果とは

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

抜け毛や薄毛対策に効果が期待できる果物に「ノニ」があります。ノニは、豊富な栄養素だけではなく、頭皮を健康にしたり、髪の毛の生成に役立つ成分を含んでいたり、ホルモンバランスを整える成分を含みます。

ノニは苦味があり、基本的にそのまま食べることはありませんが、各種ビタミンやミネラルが豊富で、非常に多くの栄養素を含むことから、「山のスーパーフルーツ」「奇跡のハーブ」「医者いらずの果実」とも呼ばれます。
  • ノニは、奇跡の果実と呼ばれ140種類以上の豊富な栄養素を含む。
  • ノニは発酵果実でありダイエットで注目される「酵素」を豊富に含む。
  • ノニに含まれる各種ビタミンやミネラルに育毛・発毛促進効果が期待できる。
  • ノニに含まれる「シトステロール」は、悪玉男性ホルモンを抑制する。
  • ノニに含まれる「スコポレチン」は、血管の若返り作用が期待できる。
  • ノニに含まれる「SOD酵素」は、アンチエイジング効果が期待できる。

ノニに含まれる成分は、アルカロイド、セロトニン、メロトニン、モリンドン、スコポレチン、ビタミンC、ビタミンB、カリウム、カルシウム、アミノ酸、ポリフェノールなど140種類以上があります。

あわせて読みたい
ノニの育毛効果
ノニは抜け毛・薄毛に効果アリ?ノニの育毛・発毛促進効果まとめ育毛効果も期待できる奇跡の果実「ノニ」 「ノニ」という植物の名前を聞いたことがあるでしょうか?健康食品に詳しい人にとっては、既...

育毛サプリで必要な栄養を摂取

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

抜け毛や薄毛の予防に果物の摂取が効果的と分かっていても、毎日果物を食べ続けるのは大変ですよね。また、果物を継続的に摂取し続けるには費用もかさみます。そんな大変さを解消してくれるのが育毛サプリメントです。

チャップアップサプリには果物に含まれる成分以外にも、抜け毛や薄毛改善に効果が期待できる成分がバランス良く含まれています。サプリなら飲むだけで効率よく必要な栄養を摂取でき、毎日果物を食べるよりも手軽に抜け毛や薄毛対策を行うことができます。

チャップアップサプリの公式サイトはこちら

【まとめ】果物で薄毛対策!育毛・発毛の関係

抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは

果物は生で食べも良いですし、様々な果物を入れてグリーンスムージーにしてみたり、ドライフルーツで気軽に摂取するのもオススメです。

果物は穀物や肉類と比較して消化吸収が非常に良く胃腸に負担がかかりにくいのも魅力の一つですね。果物は育毛・発毛の補助食品として取り入れるのがオススメです。

ご紹介した果物はどれもオススメですが、特に、育毛・発毛に欠かせないビタミンやミネラルを豊富に含む、バナナやキウイはオススメです。

一方、抜け毛や薄毛の原因にはAGA(男性型脱毛症)が関係している可能性が高く、果物だけでは抜け毛や薄毛の症状を改善することはできません。

抜け毛や薄毛を進行する主な理由には、AGA(男性型脱毛症)という病気が深く関係しています。AGA(男性型脱毛症)は、ジヒドロテストロンと呼ばれる悪玉の男性ホルモンにより抜け毛や薄毛の症状が進行する病気です。

  • AGA(男性型脱毛症)は、成人男性の3人に1人が発症しています。
  • AGA(男性型脱毛症)は、日本で約1200万人が発症している進行性の病気です。
  • AGA(男性型脱毛症)は、抜け毛や薄毛で悩む成人男性の約90%が発症している病気です。

抜け毛や薄毛で悩まれている人は、AGAクリニックで相談されることをオススメします。抜け毛や薄毛の原因が分かれば、きっと不安が大きく解消されるはずですよ。

AGAクリニックでは無料カウンセリングを行なっており、専門の医師やカウンセラーがあなたの頭皮の状態をしっかりと確認した上で抜け毛や薄毛の悩みに応えてくれます。

AGAクリニックの無料カウンセリング予約はこちら

要点まとめ
  1. 果物は育毛効果が期待できるビタミンやミネラルを豊富に含む。
  2. グリーンスムージーやドライフルーツで摂取するのもオススメ。
  3. ビタミンやミネラルが豊富なキウイやバナナは特にオススメ。
  4. 薄毛の原因はAGAの可能性が高く、果物の摂取だけでは治らない。
  5. 薄毛で悩む人は、AGAクリニックで専門の医師に相談しましょう。
【AGA治療おすすめクリニック】
AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック

【発毛実感率99.4%!全国51院(最寄駅3分以内)】AGAスキンクリニックはAGA治療・発毛専門に特化したクリニックです。全国に51院を展開する最大手のクリニックであり、治療実績や症例が豊富にあります。GACKTさんや篠崎愛さんを起用したTVコマーシャル、雑誌や電車内の広告でも知名度は抜群!月3400円から始められるリーズナブルな価格も人気です。

評価(星5個中)
オススメ理由① 発毛実感率99.4%という確かな実績
オススメ理由② 全国で発毛専門院を51院展開!すべて最寄り駅から徒歩3分
オススメ理由③ 最安値に挑戦!月3,400円(税抜き)から始める薄毛治療

詳細ページ公式ページ