薄毛の対策

キウイの育毛効果を調査!キウイ種子エキスが髪の毛に良い理由とは?

キウイの育毛効果を調査!キウイ種子エキスが髪の毛に良い理由とは?

スーパーなどでも気軽に買える果物『キウイ』には、育毛効果や脱毛抑制効果があることを知っていますか?

キウイは美容や健康に良いと聞きますが、育毛効果もあるって本当ですか?
キウイに含まれる豊富な栄養成分には、老化物質である『活性酸素』を除去したり、脱毛ホルモンと呼ばれる『悪玉男性ホルモン』の生成を抑制する働きが期待されます。

そこで今回は、キウイの育毛効果や脱毛抑制効果について徹底調査した結果をご紹介します!

【結論】キウイは育毛・脱毛抑制効果を期待できるが、あくまでも補助食品!

キウイの育毛効果を調査!キウイ種子エキスが髪の毛に良い理由とは?
まず初めに結論ですが、キウイに含まれるビタミン、ミネラル、ポリフェノールなど豊富な栄養成分には、育毛を促進したり薄毛の抑制をサポートする効果が期待できます。

育毛促進や脱毛抑制には食生活の改善が大切な要素となります。キウイに含まれる豊富な栄養成分は毎日の食生活を補助するために役立ちます。

キウイを多量に摂取しても抜け毛や薄毛が改善されるわけではありません。また、長期的に摂取しても抜け毛や薄毛が改善されて髪の毛が生えるわけではありません。あくまでも毎日の食事の栄養補助として取り入れることが大切です。

抜け毛や薄毛の改善には医薬品が必要

キウイの育毛効果を調査!キウイ種子エキスが髪の毛に良い理由とは?

抜け毛や薄毛の主な原因には、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる病気が関係しているため、自然治癒による回復は期待できません。

  1. AGA(男性型脱毛症)は、成人男性の3人に1人が発症しています。
  2. AGA(男性型脱毛症)は、日本で約1200万人が発症している進行性の病気です。
  3. AGA(男性型脱毛症)は、抜け毛や薄毛で悩む成人男性の約90%が発症している病気です。

日本国内でAGA(男性型脱毛症)治療に効果的とされ、育毛・発毛効果や脱毛抑制効果が認められているのは医薬成分のみです。

抜け毛や薄毛の治療には、食生活の改善だけではなく医薬品を取り入れる必要があります。

AGAクリニックの無料カウンセリング予約はこちら

キウイに含まれる豊富な栄養成分と効果とは

キウイの育毛効果を調査!キウイ種子エキスが髪の毛に良い理由とは?

果物の中でも、特にキウイは豊富な栄養成分を含むため『スーパーフルーツ』とも呼ばれ、育毛促進効果や抜け毛や薄毛を抑制する効果が期待されています。

文部科学省五訂増補日本食品標準成分表によると、キウイの可食部100g(キウイ1個分)に含まれる主な栄養成分は以下のようになります。

  1. ビタミン(69mg)
  2. 食物繊維(2.5g)
  3. 葉酸(36ug)

それでは、成分と効果を順番に確認していきましょう。

①キウイに含まれるビタミンCの効果

キウイの育毛効果を調査!キウイ種子エキスが髪の毛に良い理由とは?

文部科学省五訂増補日本食品標準成分表では、キウイ1個(可食部100g)に含まれるビタミンCの量は以下のように記されています。

  • キウイ(69mg)
  • みかん(32mg)
  • バナナ(16mg)
  • りんご(4mg)

キウイに含まれるビタミンCの量は、みかんの約2倍、バナナの約4倍、りんごの約17倍になります。

ビタミンCの働き
  1. ビタミンCは、美肌効果や健康面への良い影響だけでなく、育毛促進・薄毛予防効果も期待される栄養素です。
  2. ビタミンCは、細胞の活性化や新陳代謝を促進する働きがあり、健康な皮膚や血管をつくるために必要な栄養素です。
  3. ビタミンCが不足すると、血管や毛細血管が弱くなり血行不良の原因となります。そのため、髪の毛をつくる毛母細胞に必要な酸素や栄養が運ばれなくなる恐れがあります。
  4. ビタミンCは、髪の毛の原料となるタンパク質の合成をサポートする働きがあります。
  5. ビタミンCは、ストレスを和らげる副腎皮質ホルモンをつくるため抗ストレス作用があります。

ビタミンCは、熱に弱いため加熱する必要のない果物から摂取するようにしましょう。

黄色のキウイと緑色のキウイはどっちがオススメ?

キウイの育毛効果を調査!キウイ種子エキスが髪の毛に良い理由とは?

キウイには黄色い果肉と緑色の果肉の2種類がありますが、ビタミンCの含有量が多いのは黄色い果肉です。

キウイ1個(可食部100g)あたり、緑の果肉に含まれるビタミンは約70mgですが、黄色の果肉に含まれるビタミンCは2倍の約140mgとされます。

成人のビタミンC推奨摂取量は1日100mgとされています。黄色の果肉のキウイを1日1個食べれば1日分のビタミンCを摂取することができます。

②キウイに含まれる食物繊維の効果

キウイの育毛効果を調査!キウイ種子エキスが髪の毛に良い理由とは?

文部科学省五訂増補日本食品標準成分表では、キウイ1個(可食部100g)に含まれる食物繊維の量(g:グラム)は以下のように記されています。

  • キウイ(2.5g)
  • りんご(1.5g)
  • バナナ(1.1g)
  • みかん(1.0g)

キウイに含まれる食物繊維の量は、りんごの約1.7倍、バナナの約2.3倍、みかんの約2.5倍になります。

キウイ1個当たりに1日に必要な食物繊維の約70%が含まれます。キウイに含まれる豊富な食物繊維は、腸内環境を整えたり血糖値の急激な上昇を抑制する働きがあります。また、食物繊維には食べ過ぎを防ぐ役割もあります。

食物繊維『ペクチン』の働きで血液がサラサラになる

キウイには、水溶性の食物繊維『ペクチン』という成分が含まれます。

ペクチンは、血中の悪玉コレステロールであるLDLコレステロール値を下げる効果があり血液をサラサラにしてくれます。

ペクチンは、動脈硬化などの病気を防いでくれる上、頭皮の毛細血管にも血液が行き渡りやすくなるため、育毛・発毛を促進する効果が期待されます。

③キウイに含まれる葉酸(ビタミンB9)の効果

キウイの育毛効果を調査!キウイ種子エキスが髪の毛に良い理由とは?

文部科学省五訂増補日本食品標準成分表では、キウイ1個(可食部100g)に含まれる葉酸の量(μg:マイクログラム)は以下のようにな記されています。

  • キウイ(36μg)
  • バナナ(26μg)
  • みかん(22μg)
  • りんご(5μg)

キウイに含まれる葉酸の量は、バナナの約1.4倍、みかんの約1.6倍、りんごの約7倍になります。

キウイは、赤血球をつくるために必要な栄養素『葉酸』を豊富に含みます。

葉酸は、ビタミンB6やビタミンB12と共に働き、血行を促進したり毛包の細胞を再生する働きもあります。

葉酸の働きにはビタミンCが必要です、キウイには葉酸もビタミンCも豊富に含まれるため相乗効果が期待されます。

脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンの違い

ビタミンには、油脂に溶けやすい『脂溶性ビタミン』、水に溶けやすい『水溶性ビタミン』の2種類があります。

  1. 脂溶性ビタミン:ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK
  2. 水溶性ビタミン:ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB3(ナイアシン)、ビタミンB5(パントテン酸)、ビタミンB6、ビタミンB7(ビオチン)、ビタミンB9(葉酸)、ビタミンB12、ビタミンC

脂溶性ビタミンは、体外に排出されにくいため、不足することはあまりありません。しかし、摂りすぎると過剰症になる恐れがあります。

水溶性ビタミンは、尿・汗などによって体外へ排出されやすいため、必要な量を毎日摂ることが大切です。

その他にもたくさん!キウイに含まれる栄養成分

キウイの育毛効果を調査!キウイ種子エキスが髪の毛に良い理由とは?

キウイには、育毛促進・薄毛改善に効果的なビタミン類(11種類)、ミネラル類(7種類)、食物繊維、ポリフェノールなどが含まれます。

種類 キウイに含まれる成分
ビタミン ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン(ビタミンB3)、パントテン酸(ビタミンB5)、ビタミンB6、ビオチン(ビタミンB7)、葉酸(ビタミンB9)、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE
ミネラル カルシウム、鉄、銅、セレン、マグネシウム、カリウム、亜鉛
その他 タンパク質、食物繊維、クエルシトリンなど

ビタミンE:

ビタミンEは、抗酸化作用が強く毛細血管を拡張する働きがあります。毛細血管が拡張されることにより毛乳頭部分にある毛母細胞の細胞分裂に必要な酸素や栄養素が届きやすくなります。

育毛や発毛を促進するためには髪の毛をつくる毛乳頭部分に酸素や栄養素を届ける必要があります。そのためには血行を良くして毛細血管の血液の流れをスムーズにすることが大切です。

ビタミンE(血行促進作用)ビタミンEには血管の詰まりを解消したり、血管壁を強くすることで血行を促進する働きがあります。

ビタミンEは、頭皮の毛細血管を保護したり、血行を促進する作用があるため、「若返りビタミン」や「血管の掃除屋さん」とも呼ばれます。

ビタミンEは、ビタミンCと一緒に摂取することにより相互作用でさらに効果が高まるとされます。

カリウム

キウイに含まれる『カリウム』には、塩分の排出を促進して高血圧を抑制する働きがあります。

育毛・発毛を促進するためには血行を良くすることが大切であり、ビタミンEには血管を拡張する働きがあるとご紹介しました。

しかし、血管が拡張されていても血液がドロドロの状態では酸素や栄養素の運搬はスムーズに行われません。そこで重要な働きをするのがキウイに含まれる『カリウム』です。

果物の中でもカリウムの含有量が多いのがキウイです。慢性的な高血圧は心筋梗塞など様々な血管の病気を引き起こす原因となる上、血行不良は育毛・発毛を阻害する原因にもなります。

あわせて読みたい
高血圧は抜け毛・薄毛の原因?生活改善とAGA治療で育毛・ハゲ予防!
高血圧は抜け毛・薄毛の原因?生活改善とAGA治療で育毛・ハゲ予防!高血圧の人は血行不良により抜け毛や薄毛が進行するため、ハゲやすいという噂を聞いたことがありませんか? 生活習慣病と...

ビタミンA

ビタミンAは、頭皮の皮脂分泌量を調整したり、乾燥を予防する働きがあります。

ビタミンB1

ビタミンB1は、糖質の代謝をサポートして体内のエネルギーを生成します。生成されたエネルギーは髪の毛をつくる毛母細胞の細胞分裂のエネルギー源になります。

ビタミンB2

ビタミンB2は、毛母細胞の細胞分裂を促進させる働きがあります。

ビタミンB3(ナイアシン)

ビタミンB3(ナイアシン)は、血行促進効果があります。また、髪の毛の約95%を構成するタンパク質の代謝を促進させる働きがあります。

ビタミンB5(パントテン酸)

ビタミンB5(パントテン酸)は、ビタミンB1と共に糖質の代謝をサポートする働きがあります。また、ビタミンCと共に頭皮の健康を維持する働きがあります。

ビタミンB6

ビタミンB6は、髪の毛の約95%を構成しているケラチンというタンパク質の生成を促進します。また、亜鉛の働きをサポートしたりもします。

ビタミンB7(ビオチン)

ビタミンB7(ビオチン)は、亜鉛の働きをサポートする働きがあります。また、コラーゲンの生成をサポートしたり、血管や毛細血管を強くする働きもあるため頭皮の健康を維持する役割があります。

ビタミンB12

ビタミンB12は、毛細血管を強くすることで血行を促進する効果があります。頭皮の血行が良くなることにより育毛・発毛を促進する効果が期待されます。

カルシウム

カルシウムには抜け毛や薄毛の進行を早める原因となるストレスを緩和する働きがあります。

マグネシウム

マグネシウムには、エネルギーの生成や血行の促進をサポートする働きがあります。また、ストレスを緩和する働きもあります。

鉄は、ヘモグロビンの原料になり血液中の酸素を頭皮の毛母細胞に届ける働きをします。

亜鉛

亜鉛は髪の毛の大部分を構成するケラチンと呼ばれるタンパク質を合成するために必要です。また、還元酵素5αリダクターゼの働きを阻害することで、AGA(男性型脱毛症)の原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制します。

銅は、ペプチドと結合することにより、髪の毛をつくる毛母細胞を大きくします。また、還元酵素5αリダクターゼの働きを阻害することで、AGA(男性型脱毛症)の原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制します。

セレン

セレンは、ビタミンCやビタミンEと共に働き、非常に強い抗酸化作用を発揮します。

キウイの育毛効果・薄毛予防効果とは

キウイの育毛効果を調査!キウイ種子エキスが髪の毛に良い理由とは?

キウイは、果物の中でも栄養充足率が高く、抗酸化作用のあるビタミンCをはじめビタミン類、ミネラル類、食物繊維、ポリフェノールなどを豊富に含みます。

豊富な栄養成分が含まれることから、キウイは『スーパーフルーツ』とも呼ばれます。

キウイの育毛効果・薄毛予防効果について順番に確認していきましょう。

キウイの栄養成分が毛母細胞を活発化

キウイの育毛効果を調査!キウイ種子エキスが髪の毛に良い理由とは?

髪の毛は毛乳頭が出す指示により、毛母細胞が細胞分裂をおこなうことでつくられます。

髪の毛はある一定の期間を過ぎると自然に抜け落ちて、同じ毛穴から新しい髪の毛が生えてきます。この一連のサイクルを、ヘアサイクル(毛周期)と呼びます。

育毛・発毛を促進するためには、髪の毛をつくる毛母細胞に酵素や酸素を十分に届ける必要があります。

キウイに含まれる、ビタミン類やマグネシウム、ポリフェノールには血行を促進する働きがあり、毛母細胞に酸素や栄養素が届きやすくなります。そのため、毛母細胞の細胞分裂が活発になり育毛・発毛が促進されます。

毛母細胞は頭皮の毛細血管から酸素や栄養を取り入れます。頭皮の毛細血管の太さは髪の毛の1/10程度の太さしかないため、血行不良になると毛細血管に血液が届かなくなります。

キウイの栄養成分が老化物質『活性酸素』を除去

キウイに含まれるビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、セレン、ポリフェノールには、活性酸素の働きを抑制する抗酸化作用があります。

キウイには血行促進作用があるビタミンEも含まれます。ビタミンCはビタミンEやポリフェノールと一緒に摂取することにより活性酸素を除去する力がさらに強まります。

育毛・発毛を促進するためには、老化物質とも呼ばれる『活性酸素』を抑制することが大切です。

キウイには抗酸化作用を持つカロテノイドの一種『ルテイン』も可食部100gあたり約0.42mgと豊富に含まれます。

果物の中でもルテインが多く含まれる、りんご(0.084mg)やマンダリンオレンジ(0.078mg)と比較しても、約5倍も多く含まれます。

老化物質『活性酸素』とは

活性酸素は、喫煙やアルコールの過剰摂取といった生活習慣の乱れや、紫外線に浴び続けることにより生じます。

本来、活性酸素は体内の細菌やウイルスを殺菌する働きがありますが、過剰に生成されることにより正常な細胞まで攻撃して細胞を傷つけてしまいます。

活性酸素の働きにより体内で酸化が進行することにより、老化が進行するため、活性酸素は『老化物質』とも呼ばれます。

あわせて読みたい
【徹底調査】水素水の育毛・発毛効果!抜け毛・薄毛の予防効果も調べてみた
【徹底調査】水素水の育毛・発毛効果!抜け毛・薄毛の予防効果も調べてみた「水素水に育毛効果・薄毛予防効果があるって本当ですか?」水素水で薄毛対策ができるという噂を聞いたことがありませんか?しかし残念ながら、水素水の飲用や水素風呂に浸かることにより、育毛・発毛が促進されたり薄毛の進行が抑制されたという研究報告や臨床データは今のところありません。...

キウイに含まれる食物繊維が便秘を解消

便秘になると腸内から活性酸素や毒素が発生し、身体機能を低下させたり毛母細胞にダメージを与えます。そのため、便秘は抜け毛や薄毛の進行を早める要因と考えられています。

キウイには食物繊維が豊富に含まれるため、腸のぜん動運動を促し便秘を解消する働きがあります。キウイの摂取によって慢性的な便秘症患者の症状が改善されたという報告もあります。

参考:J-STAGE「キウイフルーツの消化促進効果に関する研究動向」

キウイの種子エキスに脱毛抑制効果?

キウイの育毛効果を調査!キウイ種子エキスが髪の毛に良い理由とは?

キウイには果肉以外にポツポツとした黒い種が多くありますが、この黒い種には身体に良い成分『ポリフェノール』が豊富に含まれます。

特に、キウイの種に含まれるポリフェノール『クエルシトリン』という成分に、抜け毛や薄毛の抑制効果が期待されています。

キウイの種に含まれるポリフェノールの量は果肉と比較すると約50倍程度も多くなります。キウイの種から抽出した油は化粧品に使用されたりもします。

キウイポリフェノール『クエルシトリン』の効果

オリザ油化株式会社の実験報告によれば、キウイポリフェノール『クエルシトリン』が、AGA(男性型脱毛症)の原因である還元酵素5αリダクターゼの働きを阻害するとされます。

キウイ種子エキスに5α-レダクターゼ阻害作用が認められ,DHTの生成が抑制されたことが確認されました。また,キウイ種子エキスの含有成分であるquercitrinにも同様に阻害作用が認められました。

出典:「キウイ種子エキス」|オリザ油化株式会社

キウイの種から抽出したポリフェノール成分『クエルシトリン』は、還元酵素5αリダクターゼの働きを阻害するため、悪玉男性ホルモン『ジヒドロテストステロン』の生成を抑制する効果があると研究結果で記されています。

あわせて読みたい
ブドウ種子エキスの育毛効果【ブドウポリフェノール】を徹底調査!
ブドウ種子エキスの育毛効果【ブドウポリフェノール】を徹底調査!ブドウに含まれるブドウポリフェノールには頭皮環境を整える働きがあるため、育毛・発毛を促進する効果が期待されています。 ...

脱毛ホルモン『ジヒドロテストステロン(DHT)』とは

キウイの育毛効果を調査!キウイ種子エキスが髪の毛に良い理由とは?

あなたは、抜け毛や薄毛の原因となる『悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)』を知っていますか?

男性ホルモンには、『テストステロン』と『ジヒドロテストステロン』の2種類があります。ジヒドロテストステロンは、脱毛ホルモンとも呼ばれる超強力な男性ホルモンで抜け毛や薄毛を進行させる原因になります。
  • ジヒドロテストステロンの働きにより抜け毛や薄毛が進行する病気をAGA(男性型脱毛症)と呼びます。
  • ジヒドロテストステロンは、テストステロンと還元酵素5αリダクターゼが結合することにより生成されます。
  • AGA(男性型脱毛症)の原因となるジヒドロテストステロンは毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することにより脱毛因子『TGF-β』を生成します。
  • 脱毛因子『TGF-β』は、毛乳頭細胞に脱毛指令を出すため、髪の毛は成長途中にも関わらず抜け落ちるようになります。
あわせて読みたい
頭頂部の抜け毛・薄毛はAGA
頭頂部の抜け毛・薄毛はAGA?男性型脱毛症の特徴と治療薬まとめ頭頂部(つむじ)の抜け毛・薄毛が増えてきた こういった頭頂部(つむじ)の変化がきっかけとなり、抜け毛や薄毛を心...

キウイの効果的な摂取方法

キウイの育毛効果を調査!キウイ種子エキスが髪の毛に良い理由とは?

ヨーロッパの諺には、「朝のフルーツは金、昼は銀、夜は銅」という言葉があり、フルーツは昼や夜よりも朝に摂取した方が良いといわれます。

「朝のくだものは金」という古いヨーロッパのことわざにあるように、朝フルーツを食べるとお肌や身体にいいと言われますが、育毛のためにも朝のフルーツは最適なのです。

参照元:育毛促進!朝フルーツのすすめ|ライブドアニュース

人間の身体は24時間周期のリズムで活動していて朝4時〜正午までの午前中は排泄のサイクルになります。

朝の時間帯に炭水化物、魚、肉などを食べるとエネルギーは消化や吸収に消費されるためデトックスの妨げになります。

フルーツは、ほとんどが水分でできているため消化吸収が良く胃腸に負担がかかりにくいという特徴があります。また、酵素が豊富に含まれているため排泄を促進する働きもあります。

キウイをそのまま食べる

キウイには、タンパク質を分解する酵素『アクチニジン』が豊富に含まれるため食べ物の消化に役立ちます。

消化活動が活発化することにより体内のエネルギーの入れ替わりが活発になります。その結果、体内に蓄積されている良くない物質が排出されたり細胞分裂が活発化するため、育毛・発毛を促進する効果が期待できます。

キウイに含まれる酵素『アクチニジン』は熱に弱く、48℃程で働きが失われてしまいます。そのため、キウイは加熱せずに生のままで食べるようにしましょう。

キウイの皮には果肉の3倍に相当するポリフェノールが含まれるため、できれば皮ごと食べるのがおススメです。

残留農薬が気になる場合は、ボウルに水を入れ野菜や果物を2~3分漬けおきします。その後、流水で洗い流すことにより残留農薬を落とすことができます。

キウイをグリーンスムージーで摂取

キウイの育毛効果を調査!キウイ種子エキスが髪の毛に良い理由とは?

グリーンスムージーにして他の果物と一緒に摂取するのもおススメです。

野菜や果物をミキサーにかけて作る「グリーンスムージー」もオススメです。グリーンスムージーは、様々な果物の栄養素をいっぺんに摂取することができます。

残留農薬が気になる場合は、ボウルに水を入れ野菜や果物を2~3分漬けおきします。その後、流水で洗い流すことにより残留農薬を落とすことができます。

また、グリーンスムージーの甘みが足りないと感じた際には、はちみつを入れて調整しましょう。

あわせて読みたい
抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは
抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは「果物は抜け毛・薄毛対策に効果がある」という話を聞いたことがありませんか?果物に含まれる成分には、抜け毛や薄毛を予防して育毛・発毛促進に効果が期待できる成分が豊富に含まれています。そこで今回は、抜け毛や薄毛の予防・改善に効果が期待できる果物をまとめてご紹介します。...

キウイ成分をサプリメントで補給

キウイの成分を含むサプリメントなどもありますので手軽に摂取することが可能です。

サプリメントならばキウイ種子エキスを効率的に摂取できるため試してみてはいかがでしょうか?

キウイの種から抽出した成分『キウイ種子エキス』を含む育毛用のサプリメントも発売されています。

【まとめ】キウイと育毛の関係

キウイの育毛効果を調査!キウイ種子エキスが髪の毛に良い理由とは?

数多くある果物の中でも特にキウイは、栄養充足率が高く抗酸化作用のあるビタミンCを豊富に含みます。また、鉄や葉酸といった造血作用がある成分や血行促進に効果が期待できるビタミンEも含みます。

キウイの種に含まれるポリフェノールの一種『クエルシトリン』には、AGA(男性型脱毛症)の原因となる還元酵素5αリダクターゼの働きを阻害するという研究報告もあります。

キウイは調理する必要がなく、生のまま手軽に食べられることもあり毎日の朝食に取り入れてみてるのもオススメです。

一方、キウイはあくまでも食品なので抜け毛や薄毛を劇的に改善する効果は期待できません。薄毛治療を専門とするAGAクリニックでは、抜け毛や薄毛の悩みに関する診察やカウンセリングを無料で行なっています。

まずは専門の医師やカウンセラーに抜け毛や薄毛の悩みを相談して、ご自身の薄毛の原因を知った上で対策を行なってみてはいかがでしょうか。

AGAクリニックの無料カウンセリング予約はこちら

要点まとめ
  1. キウイの豊富な栄養成分に育毛効果・脱毛抑制効果が期待できる
  2. キウイには抗酸化作用があるビタミンCが豊富に含まれる
  3. ポリフェノール『クエルシトリン』にAGA抑制効果が期待できる
  4. 毎朝1個、黄色い果肉のキウイを食べるのがおすすめ
  5. 薄毛で悩まれる人は、まずはAGA治療専門のクリニックで無料相談
【厳選】オススメのAGAクリニック3選!
AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック

発毛実感率99.4%!全国51院(最寄駅3分以内)】AGAスキンクリニックは、全国に51院を展開する最大手のクリニックであり、治療実績や症例が豊富にあります。
GACKTさんや篠崎愛さんを起用したTVコマーシャル、雑誌や電車内の広告でも知名度は抜群!月3400円から始められるリーズナブルな価格も人気です。

評価(星5個中)
オススメ理由① 発毛実感率99.4%という確かな治療実績
オススメ理由② 全国で発毛専門院を51院展開!すべて最寄り駅から徒歩3分
オススメ理由③ 最安値に挑戦!月3,400円(税抜き)から始める薄毛治療

詳細ページ公式ページ

銀座総合美容クリニック
銀クリAGA.com(gincli-aga.com)

【単院では東京でNo.1の患者数を誇る人気・安心のクリニック】銀座総合美容クリニックは、関東近郊にお住いの方に最もオススメできるAGAクリニックです。
AGA治療専門のクリニックとして常に患者さんの目線に立った運営をされています。また、患者さんの負担を理解し安心して通える治療費設定を行なっている点も魅力の一つです。

評価(星5個中)
オススメ理由① 単院では東京でNo.1の患者数を誇る人気のクリニック
オススメ理由② スタッフや医師の対応が非常によいため相談・通院しやすい
オススメ理由③ 患者さんの負担を理解した安心の治療費設定も魅力の一つ

詳細ページ公式ページ

湘南美容外科クリニック
湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛)

【男性も女性も1,800円(税込)から始める湘南美容クリニックのAGA薄毛治療】湘南美容クリニックは北海道から沖縄まで全国56院を展開しています。そのため、転勤などで引越しがあっても最寄りのクリニックで治療を継続することが可能です。また、投薬から自毛植毛まで幅広いAGA薄毛治療に対応をしていることも魅力の一つです。

評価(星5個中)
オススメ理由① 男性も女性も1,800円(税込)から始めるAGA薄毛治療
オススメ理由② 投薬から自毛植毛まで幅広いAGA薄毛治療に対応可能
オススメ理由③ 転勤にも対応!北海道から沖縄まで全国56院を展開

詳細ページ公式ページ