薄毛の原因

頭皮の日焼けは抜け毛・薄毛の原因?フケやかゆみの予防・ケア方法

頭皮の日焼けと抜け毛や薄毛
紫外線の影響で、前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛や薄毛が進行するって本当?
春から夏にかけて紫外線が気になる。

人間の身体で最も紫外線を浴びているのは頭皮や髪の毛といわれます。日焼けは頭皮と髪の毛に大きなダメージを与えることを知っていますか?

強い日差しで日焼けした頭皮は乾燥しているため、フケや炎症といった様々な頭皮トラブルを引き起こしやすい状態にあります。

日焼け(紫外線)と抜け毛や薄毛の関係を正しく理解することで効果的な抜け毛・薄毛対策を行うことができます。

そこで今回は、頭皮の日焼けと抜け毛や薄毛の関係、フケやかゆみといった頭皮トラブルを予防する方法をご紹介します。

紫外線が与える影響とは

日差しによる頭皮ダメージ
春から夏は紫外線が強くて、少し外に出掛けただけでも日焼けして困ってしまう

おそらく誰もが経験したことがある紫外線による肌の日焼け。紫外線には、毛母細胞の働きを促進するビタミンDを活性化させる働きがあります。

しかし、過度に頭皮を紫外線にさらして日焼けしてしまうと炎症を引き起こし、髪の毛の脱毛につながってしまいます。

それでは、日焼け(紫外線)が頭皮に与える影響を順番に見ていきましょう。

そもそも紫外線とは?

そもそも紫外線とは何でしょうか?気象庁では紫外線を以下のように説明しています。

太陽からの日射は、波長により、赤外線、可視光線および紫外線に分けられます。可視光線よりも波長の短いものが紫外線です。

日差しと頭皮の抜け毛や薄毛

紫外線(UV)の中でも、波長の長いほうからA・B・C と大別されています。フロン等によりオゾン層が破壊されると、地上において生物に有害な紫外線(UV-B)が増加し、生物への悪影響が増大することが懸念されます。

頭皮の日焼けと抜け毛や薄毛

出典:紫外線とは|気象庁

  • 老化の原因の80%が紫外線による光老化という報告もあります。
  • 紫外線が強い時間帯は午前10:00-午後2:00の間です。外出時は注意しましょう。
  • 紫外線の量は曇りの日でも、晴れの日と比べて50~80%程度あるため日焼け対策は必要です。
  • 紫外線の量は、梅雨明けの夏(7月~8月)に高まるイメージがありますが、春先の4月頃から徐々に増えています。特に、晴れた日は日差しが強く、頭皮の紫外線トラブルを引き起こしがちです。
  • 紫外線の波長は可視光線と不可視光線の間にあり、裸眼では確認することはできません。

紫外線の種類と影響

紫外線には、A紫外線、B紫外線、C紫外線の3種類があります。そして、日焼けで肌が赤くなる原因は「B紫外線」が関係しています。

  1. A紫外線:紫外線の中でも波長が長いA紫外線は、皮膚の真皮層まで到達しシミやシワの原因になる。
  2. B紫外線:B紫外線はA紫外線よりも波長が短く、皮膚の炎症、シミ、そばかすの原因となる。
  3. C紫外線:波長が短くエネルギーが非常に強い紫外線。今後、オゾン層の破壊によって到達する紫外線量が増える可能性がある。
紫外線と抜け毛や薄毛の関係

日焼け(紫外線)による炎症

日焼けの正式名称は「日光皮膚炎」といい、長い時間日光にあたることにより生じます。 症状としては、数時間で赤くなりヒリヒリ感とともに皮膚が腫れたり、時に水ぶくれとなります。日焼けをして赤くなっている頭皮は軽い火傷(ヤケド)状態にあります。

日焼けで肌が黒くなるのは、メラニン色素が関係しています。紫外線を浴びると表皮の奥にあるメラノサイトが真皮を守ろうとしてメラニンを放出してバリアをつくります。

メラニンは少ないと皮膚ガンになりやすい一方、代謝が悪いと蓄積してシミの原因にもなります。

頭皮の日焼けは抜け毛や薄毛の原因

紫外線は抜け毛や薄毛の原因

腕や顔の紫外線対策を行う人は多いのですが、髪の毛や頭皮の紫外線対策を十分に行っている人は少ない傾向にあります。

顔と比べて、髪の毛や頭皮は2~3倍の紫外線ダメージを受けています。特に、頭頂部(つむじ)周辺の髪の毛が薄くなっている場合は、髪の毛が少ないため紫外線の影響を受けやすくなります。

人間の身体はダメージを受けても修復・回復する力が備わっているため、少しの間、紫外線を浴びても大きな問題にはなりません。しかし、日常的に強い紫外線を浴びている場合は要注意です。

紫外線でキューティクルがダメージを受ける

少しぐらいの日焼けなら問題ないでしょ?

帽子を被らずに外に出て直射日光を浴びたあと、髪の毛がパサパサに乾燥したことはありませんか。

紫外線による髪の毛のダメージ

髪の毛はケラチンという複数のアミノ酸から構成されたタンパク質です。髪の毛が紫外線を浴びると、ケラチンの中のアミノ酸が酸化して結合力が弱まります。

結合力が弱まった髪の毛はキューティクルがはがれやすくなり、軽く引っ張てもちぎれてしまうようになります。

頭皮の日焼けと抜け毛や薄毛の関係

キューティクルがはがれることにより、髪の毛の色素が抜けたり、水分量が減少してパサついた状態になります。また、髪の毛の水分量や栄養分が減少すると外部からのダメージを受けやすくなります。

紫外線で頭皮に老化物質「活性酸素」が増加する

活性酸素が抜け毛や薄毛の原因
活性酸素って何?

紫外線は老いの原因となる活性酸素を生み出し毛母細胞を老化させます。

活性酸素が頭皮に与える影響

髪の毛の大部分はタンパク質から成り、タンパク質は複数のアミノ酸の結合で構成されています。

活性酸素はアミノ酸は酸化させる働きがあり、髪の毛の大部分をつくるタンパク質にダメージを与えます。

頭皮に活性酸素が多く発生した場合、頭皮の毛母細胞が老化してしまい抜け毛や薄毛の問題を引き起こす要因になります。

活性酸素が過剰に生成されると、頭皮が固くなり血行が悪化します。固くなった頭皮では血行が悪くなり毛母細胞に栄養が届きにくくなります。

十分に栄養が行き渡らなくなった頭皮では、髪の毛が成長しにくくなり、やがて抜け落ちてしまいます。これがヘアサイクルの乱れと呼ばれる状態です。

紫外線でコラーゲンが破壊される

東京医科歯科大学が発表した報告によると、紫外線を浴びて活性酸素が大量に発生すると、頭皮の真皮層にある「17型コラーゲン」が深刻なダメージを受けます。その結果、頭皮が老化して新しい髪の毛が生えなくなります。

「17型コラーゲン」が日焼けや加齢により減少すると、毛包幹細胞は死滅してしまいます。毛包幹細胞が死滅すると、髪の毛はフケや垢(アカ)となって毛穴から排出されます。

紫外線による頭皮ダメージ

出典:「歳をとると毛が薄くなる仕組みを解明」|東京医科歯科大学

最終的には、頭皮の毛穴も消滅してしまいます。そのため、「17型コラーゲン」を保持することが、抜け毛や薄毛を対策する上で重要になります。

髪の毛は毛包幹細胞によりつくられますが、毛包幹細胞を保護する役割があるのが「17型コラーゲン」です。「17型コラーゲン」が豊富な頭皮は細胞の働きが活発になり、髪の毛がつくられやすくなります。

「17型コラーゲン」は、食べ物やサプリから摂取したり、直接頭皮に塗ることで補うことができないとされています。

東京医科歯科大学で新薬の研究・開発を行っているようですが、実現には5~10年程度かかるといわれています。

紫外線による頭皮ダメージでフケやかゆみが生じる

最近、パラパラしたフケが大量に出るようになった…。

強い紫外線は、頭皮の炎症や乾燥を引き起こし頭皮環境を悪化させます。紫外線による日焼けで赤くなった頭皮は乾燥しやすく、フケやかゆみといった様々な頭皮トラブルを招きます。

乾燥した頭皮は、頭皮を保護する役割をもつ皮脂が過度に少なくなっているため、外部からの刺激に対してデリケートな状態になっています。

フケは薄毛・ハゲの前兆?乾性フケと脂性フケの予防・改善方法とは フケは頭皮に何らかの問題が起きていることを警告するSOSのサインです。 フケは頭皮が新陳代謝をおこなう過程で発生し...

紫外線で頭皮の皮脂が増える

日焼けにより乾燥している頭皮は皮脂が分泌されやすくなります。本来、皮脂は頭皮を乾燥や雑菌から守る働きがありますが、頭皮が乾燥すると過剰に分泌されてしまい様々な頭皮トラブルを引き起こします。

過剰に分泌された皮脂は頭皮の毛穴に詰まりやすく、頭皮環境が悪化します。そのため、髪の毛は徐々に細く弱くなり次第には抜け落ちてしまい薄毛の原因になります。

頭皮の乾燥により皮脂が増加

日焼けによる火傷(やけど)で毛根が死滅?

ヤケドで毛根が死滅するって怖すぎる…。

日常生活において頭皮の日焼け程度で毛根が死滅することはありません。しかし、毎日のように強い日差しに頭皮がさらされている場合は、火傷(ヤケド)の症状が酷くなるため注意が必要です。

頭皮(つむじや生え際)の日焼け対策

紫外線は頭皮に悪影響

紫外線による抜け毛や薄毛を予防するためには、頭皮を日焼けから守る必要があります。特に、日中に外出する機会が多い人は紫外線対策が必須です。

顔や腕といった目につきやすい部分の日焼け対策を行なっている人は多いですが、頭皮や髪の毛の紫外線対策は疎かになりがちです。頭皮や髪の毛の紫外線対策もバッチリ行いましょう。

帽子で頭皮を紫外線から守る

紫外線は春先から徐々に強くなるため、5月ごろでも晴れた日には思いもよらず日焼けしていることがあります。帽子は紫外線対策をする上で必須のアイテムです。

帽子のメリットは紫外線から頭皮をしっかり守ってくれることです。UVカットの帽子は紫外線をカットするためオススメです。

  • 頭皮が蒸れにくい帽子を選ぶ(メッシュキャップ、麦わら帽子)
  • 頭皮が蒸れないように時々帽子を外して汗をふく
  • 小さすぎる帽子は、蒸れ、かぶれの原因。ゆとりあるサイズを選ぶ。
  • 被った後の帽子は雑菌の繁殖を防ぐため洗って乾かす
  • 家に帰ってきたらしっかりシャンプーしましょう。

長時間、帽子を被り続けていると頭皮が蒸れてしまい抜け毛や薄毛の原因になります。特に、汗や皮脂の分泌が増える夏の時期は注意しましょう。頭皮の毛穴に皮脂が詰まり雑菌も繁殖しやすくなります。

頭皮の皮脂詰まりや雑菌の繁殖は、頭皮の炎症を引き起こす原因となり、抜け毛や薄毛が増加します。また、毛穴に残った皮脂は、悪臭やフケといった頭皮トラブルの原因にもなります。

コンディショナー&UVヘアスプレーで紫外線予防

紫外線から頭皮を守るためには、紫外線をカットするコンディショナーやヘアマスクを使用すると効果的です。ただし、UVカットコンディショナーは髪の毛が長い人には効果的ですが、すでに抜け毛や薄毛が進行している人には効果を実感しにくいかもしれません。

また、仕事の都合などで帽子が被れない場合は、ドラッグストアーなどで購入できるUVスプレーを使用しましょう。

UVスプレーなら出掛ける前にサッと頭にスプレーするだけで、見た目を変えずに紫外線を防ぐことができます。日傘や帽子に抵抗がある人でも、UVスプレーなら違和感なく使用できるはずです。

髪の毛の分け目を変えて頭皮を紫外線から守る

髪の毛の分け目を変えることも紫外線対策には効果的です。髪の毛の分け目がいつも同じ位置だと、その部分だけ紫外線による日焼けが進行します。

つむじや分け目は直接日差しに当たっているため日焼けしやすい傾向にあります。髪の毛の分け目の部分を鏡を使って見てみましょう。

もしも、頭皮の色が分け目の部分だけ赤黒く変色していた場合は、紫外線によるダメージが蓄積しています。意識的に髪の毛の分け目を変えましょう。

頭皮環境を保つ簡単ケア方法

抜け毛や薄毛を予防する

抜け毛・薄毛を予防するために、頭皮のケアを行いましょう。特に、頭頂部(つむじ)は血行が悪くなりやすいので、血行を良くして抜け毛や薄毛を予防しましょう。

抗酸化ビタミンを摂取する

ビタミンで抜け毛や薄毛対策

本来、活性酸素は強力な酸化作用によって有害物質から身体を守るためにつくられますが、活性酸素が過剰に生成されると、コラーゲンや線維組織も酸化するため皮膚が固くなり血行が悪化してしまいます。

抗酸化作用がある栄養素には、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、リコピン、βカロチンがあり、活性酸素を除去する働きをします。

頭皮も肌の一部であるため、食生活を整えビタミンを多く摂取するようにすると日焼け対策にも効果的です。

薬用シャンプーで頭皮ケア

日焼けをケアして抜け毛や薄毛対策

シャンプーの際には、髪の毛よりも頭皮を洗うことを意識して、爪を立てずに指の腹で洗います。シャンプー後はすすぎ残しが無いように丁寧に洗い流し、ドライヤーで十分に乾かします。

アミノ酸系のシャンプーは、洗浄力が強すぎることもなく頭皮にも優しいため、オススメです。

アミノ酸系のシャンプーの成分には、 ココイルグルタミン酸、ココイルアラニンが含まれているので選ぶ際の目安としましょう。

アルコール系の界面活性剤が含まれているシャンプーは洗浄力が強すぎるため、過剰に皮脂を取り除いてしまいます。

アルコール系の界面活性剤の成分には、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸塩があります。

頭皮への負担が強いので、肌の弱い人や敏感肌の人が使用すると抜け毛の原因になることがあります。

20分程、湯船に浸かると頭皮が柔らかくなり毛穴に詰まった皮脂やヘアワックスの汚れなどが落ちやすくなります。

頭皮の血流改善効果も期待できる上、育毛剤などを使用している場合であれば頭皮への浸透効果も高まります。

薬用シャンプーは薄毛に効果あり
薬用シャンプーで薄毛は治らない!発毛・育毛に効く本当の成分とは?「そもそも薬用シャンプーで抜け毛や薄毛は改善できるの?」薬用シャンプーは抜け毛や薄毛の治療よりも、頭皮トラブルの予防や改善が目的です。薬用シャンプーにどのような効果があるか分からず、どの薬用シャンプーを選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。そこで今回は、薬用シャンプーの効果と育毛・発毛成分についてご紹介します。...

育毛剤で頭皮ケア

育毛剤で抜け毛や薄毛対策

ビタミンCにはコラーゲンを生成するのに役立つといわれています。ビタミンCを摂取することによってコラーゲンが生成され、皮膚がスカスカになりにくくなります。

身体に必要な栄養素は生命維持に重要な役割を果たす内臓などに優先的に届けられます。そのため、頭皮に届くビタミンCの量は1%未満になるというデータがあります。食品やサプリからビタミンCを大量に摂取しても、身体の必要量以上は体外に排出されてしまいます。

ビタミンCを直接頭皮に届けられる育毛剤が今注目されています。東国原英夫元宮崎県知事も愛用していて、頭頂部の薄毛がかなり改善されています。

日焼けと薄毛

ビタブリッドCヘアーの特徴は、加齢によるコラーゲンの減少分を補ったり、頭皮の日焼けによるコラーゲンの減少を補うことが目的です。頭皮の日焼けによるビタミン不足を解消したい人にはオススメです。

日焼け対策の意外な注意点

頭皮の薄毛対策(注意点)

「頭皮の日焼けが激しい」「頭皮の痛みやかゆみが治らない」「頭皮にかさぶたができたり膿のようなものが出ている」といった場合は、早急に皮膚科を受診して薬を処方しもらいましょう。

日光には育毛効果も

できるだけ日差しに当たらないようにしなきゃ…。

紫外線による日焼けの危険性についてご紹介してきましたが、実は、紫外線には育毛効果もあるのです。

紫外線を浴びると体内でビタミンDが活性化します。ビタミンDは毛母細胞の働きを活性化するといわれています。

紫外線対策は必要ですが、日差しを全く浴びないということも頭皮の健康には良くないのです。

ビタミンDを生成するための紫外線は、夏なら木陰で30分、冬ならひなたで1時間といわれます。これなら日焼けをし過ぎる心配もありません。通学や通勤の時間、休日の散歩などでビタミンDは十分補えます。

海水には育毛効果も

夏にかけて日差しが強くなると気温も上昇して海水浴の時期になります。抜け毛や薄毛の人にとって、プールや海は薄毛(ハゲ)が目立つため、あまり近づきたくない場所ですよね。

でも実は、海水でアトピー性皮膚炎や脂漏(しろう)性皮膚炎が治ったという体験談もあります。海水による効果を以下にまとめました。

  • 海水には一定の殺菌効果があり頭皮環境を改善する効果が期待できる。
  • アトピー性皮膚炎や脂漏(しろう)性皮膚炎の症状が回復するケースがある。
  • 海水に浸ることで、タラソテラピーと呼ばれる海水や海泥を用いた自然療法に近い効果を期待できる。

*個人の体験談をまとめたもので効果を保障するものではありません。

頭皮環境のトラブルは抜け毛や薄毛を進行させるため、海に入った後はシャンプーで塩素をしっかり落としましょう。抜け毛や薄毛で悩む人に向けて、夏のプールや海の悩みを解消するための記事を公開しています。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

夏のプールや海は薄毛の原因
薄毛・ハゲはプールや海で目立つ?夏の脱毛症予防・対策方法まとめ薄毛(ハゲ)の人に夏のプールや海はつらい... 抜け毛や薄毛の気になる人にとって、夏のプールや海はつらいですよね。それでも、恋...

AGAが原因の抜け毛・薄毛の症状は治せます!

AGA治療で薄毛対策
結局、抜け毛や薄毛の原因が日焼けかどうかは、どうすれば分かるの?
日焼け(紫外線)がハゲにつながることは理解できたけど、他の要因も考えられるんじゃないの?

頭皮の日焼けは抜け毛や薄毛の間接的な要因になりますが、最も大きな要因はAGA(男性型脱毛症対策)です。

AGAは日本の成人男性の3人に1人が発症する病気で、思春期以降に前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛や薄毛が進行します。

AGAを発症している人は日本国内では1200万人いるといわれます。また、抜け毛や薄毛で悩む人の90%はAGAが原因といわれています。

前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛・薄毛が増える主な原因はAGA(男性型脱毛症)によるものです。AGAは早期発見・早期解決により治せる症状です。

前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛・薄毛でお悩みならば、AGA治療専門のクリニックに一度相談してみることをオススメします。

▼無料カウンセリング予約はこちら▼

AGAスキンクリニック公式サイト

抜け毛や薄毛の本当の原因と発毛実感率99%以上の対策方法に興味がある人はこちらの記事もご覧ください。 【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

AGAによる抜け毛・薄毛は生活習慣やシャンプーを変えただけでは治すことが難しい疾患です。生活習慣の見直しと頭皮ケアは、抜け毛・薄毛を予防する上で必須の対策になりますが、併せてAGA治療を行うことをオススメしています。

AGA治療では「フィナステリド(プロペシア)」、「デュタステリド(ザガーロ)」、「ミノキシジル(ロゲイン)」といった内服薬や外用薬を使用します。

こういった、AGA治療に効果のある内服薬や外用薬を継続して使うことにより、目に見えて抜け毛・薄毛の症状に変化が出ます。個人差はありますが、半年程で抜け毛や薄毛に明らかな回復が見られるケースがあります。

女性の抜け毛や薄毛の場合は、頭皮の乾燥による「ひこう性脱毛症」、ホルモンバランスの乱れによる「びまん性脱毛症」、ストレスの影響による「円形脱毛症」の可能性が高くなります。

頭頂部の抜け毛・薄毛はAGA
頭頂部の抜け毛・薄毛はAGA?男性型脱毛症の特徴と治療薬まとめ頭頂部(つむじ)の抜け毛・薄毛が増えてきた こういった頭頂部(つむじ)の変化がきっかけとなり、抜け毛や薄毛を心...
フケは薄毛・ハゲの前兆?乾性フケと脂性フケの予防・改善方法とは フケは頭皮に何らかの問題が起きていることを警告するSOSのサインです。 フケは頭皮が新陳代謝をおこなう過程で発生し...
ストレスと抜け毛や薄毛の関係!ハゲを予防・改善する方法を徹底解説
【ストレスと抜け毛や薄毛の関係】ハゲを予防・改善する方法を徹底解説 最近、ストレスによる抜け毛や薄毛が気になっていませんか?ストレス社会とも呼ばれる現代では、仕事、人間関係、家事、育児など...

【まとめ】日焼けと抜け毛や薄毛の関係

頭皮の日焼けと抜け毛・薄毛対策まとめ

人間の身体で最も紫外線を浴びているのは頭皮や髪の毛といわれます。強い日差しで日焼けした頭皮は乾燥しているため、フケや炎症といった様々な頭皮トラブルを引き起こしやすい状態にあります。

紫外線には、毛母細胞の働きを促進するビタミンDを活性化させる働きがあります。しかし、過度に頭皮を紫外線にさらして日焼けしてしまうと炎症を引き起こし脱毛につながります。

特に、紫外線は春先から夏にかけて強くなるため、帽子やUVスプレーを使用して紫外線対策を行う必要があります。

日焼けをしてしまった時は、シャンプーやコンディショナーで頭皮を清潔に保ち、育毛剤で栄養補給したり保湿して頭皮ケアを行いましょう。

抜け毛や薄毛の原因が、日差し(紫外線)によるものかAGA(男性型脱毛症)によるものか分からない場合は、AGAクリニックに相談することをオススメします。
▼無料カウンセリング予約はこちら▼

AGAスキンクリニック公式サイト

抜け毛や薄毛の本当の原因と発毛実感率99%以上の対策方法に興味がある人はこちらの記事もご覧ください。 【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

要点まとめ
  1. 人間の身体で最も紫外線を浴びているのは頭皮や髪の毛である。
  2. 日焼けした頭皮は乾燥しているため頭皮トラブルの原因になる。
  3. 帽子やUVスプレーで紫外線対策をしっかり行う。
  4. 頭皮や髪の毛の悩みについては、AGAクリニックに相談する。
【厳選!】おすすめAGAクリニック
AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック

発毛実感率99.4%!全国51院(最寄駅3分以内)】AGAスキンクリニックは、全国に51院を展開する最大手のクリニックであり、治療実績や症例が豊富にあります。
GACKTさんや篠崎愛さんを起用したTVコマーシャル、雑誌や電車内の広告でも知名度は抜群!月3400円から始められるリーズナブルな価格も人気です。

評価(星5個中)
オススメ理由① 発毛実感率99.4%という確かな治療実績
オススメ理由② 全国で発毛専門院を51院展開!すべて最寄り駅から徒歩3分
オススメ理由③ 最安値に挑戦!月3,400円(税抜き)から始める薄毛治療

詳細ページ公式ページ

ヘアメディカルグループ
ヘアメディカル

日本初の発毛治療専門の医療機関『ヘアメディカルグループ』には、19年間で薄毛・AGA190万人の治療実績があります。その豊富な治療実績から一人ひとりの症状に合わせた最新の頭髪治療を行なっています。
また、治療費が明確で高額なローンを組む必要がないのも魅力の一つです。

評価(星5つ)
オススメ理由① 【日本一の発毛治療実績】19年間で190万人の実績は業界NO.1
オススメ理由② 【安心の明朗会計】月32,000円(税別)以上掛からない
オススメ理由③ 【最寄駅徒歩5分以内】東京・名古屋・大阪・福岡の4つのクリニック

詳細ページ公式ページ

銀座総合美容クリニック
銀クリAGA.com(gincli-aga.com)

【単院では東京でNo.1の患者数を誇る人気・安心のクリニック】銀座総合美容クリニックは、関東近郊にお住いの方に最もオススメできるAGAクリニックです。
AGA治療専門のクリニックとして常に患者さんの目線に立った運営をされています。また、患者さんの負担を理解し安心して通える治療費設定を行なっている点も魅力の一つです。

評価(星5個中)
オススメ理由① 単院では東京でNo.1の患者数を誇る人気のクリニック
オススメ理由② スタッフや医師の対応が非常によいため相談・通院しやすい。
オススメ理由③ 患者さんの負担を理解した安心の治療費設定も魅力の一つ

詳細ページ公式ページ