薄毛の原因

頭皮の炎症は抜け毛・薄毛のサイン?かゆみや痛みを抑える頭皮ケア!

頭皮の炎症は抜け毛・薄毛のサイン?かゆみや痛みを抑える頭皮ケア!

最近、頭皮の炎症や抜け毛が気になっていませんか?もしかすると頭皮の炎症が原因で抜け毛や薄毛につながっているかもしれません。また、自分では頭皮の炎症に気づかず、知らない間に頭皮トラブルを抱えているケースも多くあります。

抜け毛や薄毛の原因が頭皮の炎症であるならば早めに対策を行う必要があります。何も対策を行わずに放置していると抜け毛や薄毛の症状は進行してしまいます。

そこで今回は、頭皮の炎症と抜け毛や薄毛の関係についてご紹介します。

頭皮の炎症とは

頭皮の炎症とは
頭皮の炎症で抜け毛になるの?
頭皮の炎症による抜け毛の治し方を教えて!
頭皮の炎症や抜け毛で悩む人にとって、まずは頭皮の炎症を起こしている原因を理解することが大切です。原因に応じた対策を行うことで頭皮の炎症や抜け毛の症状を抑えることができます。それでは順番に見ていきましょう。

正常な頭皮と異常な頭皮

正常な頭皮と異常な頭皮

人間の身体の中で、頭皮は最も毛穴が多い皮膚であり汗や皮脂といった分泌物が多く出ます。また、皮膚の中でも頭皮は傷つきやすく弱い部分であるため、生活習慣の乱れや間違った頭皮ケアによるダメージを受けやすい傾向にあります。

健康な頭皮は、青白く透明感のある色をしています。1つの毛穴からは3~4本程度の髪の毛が生えていて毛穴の周囲はふっくらして皮脂や角質は詰まっていません。

頭皮の柔らかさを調べるためには、頭全体を抑えて頭皮が軽く動き、こめかみを押したときと同じぐらいの柔らかさがあれば頭皮の硬さは正常といえます。

異常が見られる頭皮は、ピンクや赤色をしています。この場合は、薬剤や紫外線による炎症や乾燥の疑いがあります。

頭皮の色が黄色や茶色の場合は、ストレス、アレルギー、血行不良、日焼け、皮脂の酸化が要因として考えられます。

  • 頭皮にフケやかゆみがある場合、頭皮の皮脂が少なかったり、過剰に分泌されている可能性が高くなります。
  • 頭皮に痛みがある場合、アレルギー、ニキビ、皮膚炎などが要因と考えられます。

頭皮の炎症は抜け毛や薄毛のサイン

頭皮の炎症は抜け毛・薄毛のサイン?
最近、頭頂部(つむじ)の薄毛が気になる。頭皮の炎症が原因なの?
頭皮は問題ないと思うけど抜け毛が気になる。

頭皮の炎症は抜け毛や薄毛を進行させる要因となります。頭皮に炎症が起きる原因は、「頭皮の乾燥」や「皮脂の過剰分泌」などがあり、ヘアサイクル(毛周期)が乱れることで髪の毛の脱毛が進行して薄毛が目立つようになります。
ヘアサイクル(毛周期)とは

人間の髪の毛には、ヘアサイクル(毛周期)と呼ばれるサイクルがあります。ヘアサイクルには、成長期、退行期、休止期があり通常は2~7年で一周します。

ヘアサイクル(毛周期)とは

ヘアサイクルのおかげで髪の毛は一定の量に保たれています。しかし、健康な頭皮が何らかの影響を受けて炎症を起こすとヘアサイクルは乱れてしまいます。

頭皮に炎症が起きると毛細血管に栄養が行き渡らなくなり、髪の毛をつくる毛乳頭や毛母細胞の働きが弱まってしまいます。

そのため、髪の毛は十分に成長しきれないまま抜け落ちてしまいます。

頭皮の炎症により抜け毛や薄毛が進行するのは、このヘアサイクルの乱れが関係しています。

頭皮の炎症により髪の毛1本が通常の半分ぐらいまで細くなると、髪のボリュームは1/4程度になってしまいます。そのため、本数に変化がなくても薄毛(ハゲ)に見えてしまいます。

頭皮に赤い湿疹『接触性皮膚炎』

頭皮が赤くなっていて痒みや痛みを感じる

接触性皮膚炎の症状としては、頭皮に赤い湿疹ができ痒みや痛みを伴います。接触性皮膚炎は、肌に合わないシャンプーや育毛剤、パーマやカラーの薬剤、整髪料などの化学物質が頭皮に刺激を及ぼすことが主な原因です。

シャンプーやトリートメントのすすぎ残しにも注意が必要です。頭皮は肌の一部であるため、肌が弱い人は頭皮も弱い傾向にあります。頭皮が弱い人や敏感肌の人は髪の毛の脱毛までは起きなくても頭皮に炎症が起きやすいので注意が必要がです。

頭皮が皮脂でベタベタ『脂漏性(しろう性)皮膚炎』

頭皮がベタベタして気持ちが悪い…。

脂漏性(しろう性)皮膚炎の初期症状としては、皮脂の過剰分泌により頭皮にできる大きなフケ、頭皮の赤みやかゆみがあります。

脂漏性(しろう性)皮膚炎が悪化すると、炎症を起こした皮膚を守るために、かさぶたができるようになります。対策を行わずに放置していると、毛根がダメージを受け、髪の毛が細くなり抜け落ちてしまいます。

脂漏性(しろう性)皮膚炎とは

脂漏性(しろう性)皮膚炎は頭皮の毛穴などにいる常在菌(マラセチア菌)の繁殖が原因です。マラセチア菌はカビの仲間である真菌の一種で、人間の頭皮には普段から存在する常在菌です。

マラセチア菌は皮脂を好み、皮脂中に含まれる中性脂肪を分解します。皮脂分泌が過剰になると、マラセチア菌が異常に増殖し分解した中性脂肪が頭皮の刺激となり炎症を起こします。

また、脂漏性(しろう性)皮膚炎が原因となり抜け毛や薄毛が進行する症状を、脂漏性(しろう性)脱毛症と呼びます。

脂漏性(しろう性)脱毛症の症状がみられる人の頭皮は、皮脂を取り除いても直ぐに新しい皮脂が分泌されるため、頭皮がベタベタになっていて毛穴までビッシリと皮脂が詰まっています。

毛穴の奥まで炎症が起きているため、脱毛が進行し頭皮が赤くなったり、かゆみを伴うことが多い傾向にあります。

  • 脂漏性(しろう性)皮膚炎を起こしたから、必ず脂漏性(しろう性)脱毛症になることはありません。しかし、発症する可能性は高いといえます。
  • 皮脂の分泌は男性ホルモンによって盛んに行われるため、脂漏性(しろう性)脱毛症は男性に多いとされます。
  • 脂漏性(しろう性)脱毛症は青年期に多く見られる症状でもあります。青年期はホルモンバランスが乱れやすいため脂漏性(しろう性)脱毛症につながりやすい傾向にあります。
  • 女性でもストレスや生活習慣の乱れにより男性ホルモンが増加して皮脂が出やすくなり、脂漏性(しろう性)脱毛症を発症することがあります。

頭皮に乾燥したフケがでる『乾燥性皮膚炎』

パラパラとした白くて乾燥したフケが大量に出るようになった

乾燥性皮膚炎は、洗浄力の強いシャンプーを使用していたり、1日のシャンプーの回数が多いなど間違ったシャンプー方法が主な原因になります。他には、冬場の乾燥、夏場のエアコンの使用や紫外線、ドライヤーなどがあります。

乾燥性皮膚炎の場合、頭皮の雑菌などからバリア機能を果たす皮脂が足りなくなり刺激を受けやすくなります。

頭皮の乾燥によって生じたフケやカサブタが毛穴に詰まることにより化膿したり、毛根がダメージを受けたりするとヘアサイクルが乱れてしまい、抜け毛や薄毛につながります。
粃糠性(ひこう性)脱毛症とは

乾燥性皮膚炎は粃糠性(ひこう性)脱毛症の原因にもなります。粃糠性脱毛症は、細かいフケが毛穴に詰まることにより、かゆみやかぶれを伴った頭皮の炎症が起き、髪の毛の成長が阻害されてしまいます。

粃糠性(ひこう性)脱毛症は、性別や年齢に関わらず発生する可能性のある脱毛症です。女性の場合では、頭皮や髪の毛を綺麗にしようと洗浄力の強いシャンプーで洗い過ぎて、頭皮にダメージを与えてしまっていることが主な要因となります。

そもそも「フケ」って何?

フケとは、古くなった頭皮の角質細胞が新陳代謝によって皮膚の奥から表面へ押し出され、目に見える大きさで剥がれ落ちたものです。つまり、フケは頭皮から出る老廃物であり、頭皮の古い角質層が剥がれ落ちたもので身体のアカと似ています。

頭皮の乾燥やフケを引き起こす要因には以下のようなことが考えられます。

  • 強い紫外線で頭皮が過度に乾燥して、ダメージを受けている。
  • 不衛生なタオルや枕カバーの使用。
  • 体質的に肌や頭皮が乾燥しやすい。
  • 爪で引っ掻くなど頭皮に傷をつけてしまっている。
  • ブラッシングやシャンプーで頭皮を傷つけている。
  • シャンプーの洗浄力が強すぎて、頭皮の皮脂を落とし過ぎて乾燥している。
  • シャンプーのすすぎ残し、パーマ液、カラー液などで頭皮に過度な刺激を与えている。
  • バランスの悪い食事、質の低い睡眠、過度なストレスなど生活習慣の乱れ。
  • 紫外線の強い季節(春〜夏)や空気が乾燥する季節(秋から冬)

慢性化すると危険『アレルギー性皮膚炎』

アレルギー体質でアトピーが出やすい

アレルギー性皮膚炎には個人差があり頭皮以外の部分に症状が出ることもあります。アレルギー性皮膚炎の原因としてはハウスダスト、花粉、ダニ、カビ、化学物質、生活習慣など体質によって様々です。

アレルギー性皮膚炎は、頭皮に湿疹やニキビが出る以外にも、「頭皮の赤みやかゆみを伴う接触性皮膚炎」や「パラパラとしたフケが出る乾燥性皮膚炎」と似た症状が出ることがあります。

頭皮の炎症を防ぐ方法7選!

頭皮の炎症対策
頭皮の炎症による抜け毛は治せるの?

最も気になるのは、頭皮の炎症や抜け毛の治し方ですよね。頭皮の炎症によって抜け毛が起きている場合は、頭皮環境を整えることで改善に近づくことができます。

頭皮の炎症により起きてしまったヘアサイクルの乱れを正常に戻し、抜け毛の症状を改善させるためには、日々の生活習慣を改善するなど地道に取り組んでいく必要があります。

①食生活の見直しで頭皮環境を改善

バランスの取れた食事で頭皮の炎症を改善

頭皮や髪の毛を健康にするにはバランスの取れた食事を心がけ、三大栄養素となる「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン」を積極的に摂取することが大切です。

豚や牛、納豆などに多く含まれビタミンBや野菜や海藻に多く含まれる食物繊維を多く含む食品を摂取するようにしましょう。

特に、大豆には大豆イソフラボンやビタミンB6といった有効成分が含まれるため頭皮環境を改善するためにはオススメです。

肉、魚介、豆類、緑黄色野菜、乳製品などをバランス良く摂取することが大切です。特に、ビタミンには頭皮の皮脂の過剰分泌を防ぎ頭皮を健康に保つ働きがあります。また、緑黄色野菜に多く含まれるビタミンEは血行促進作用があるので積極的に摂取することをオススメします。

*タンパク質を多く含む食品
・鶏肉(ささみ)、牛肉(赤身肉)
・大豆(納豆、豆腐、豆乳など)

*ミネラルを多く含む食品
・ひじき(カリウム、カルシウム、鉄、リン、ナトリウムなど)

*ビタミンを多く含む食品
・果物(バナナ、リンゴ、キウイなど)
・緑黄色野菜(ほうれん草など)

カロリー値やコレステロール値の高い食事は頭皮の皮脂を増やし脱毛の要因となります。また、頭皮に刺激となるコーヒーや香辛料を多量に摂取することは避けましょう。

あわせて読みたい
AGAと生活習慣の関係
生活習慣の改善でAGA予防!抜け毛・薄毛を減らす対策方法生活習慣の改善でAGAによる抜け毛や薄毛が改善することが出来れば嬉しいですよね。AGAによる抜け毛・薄毛を改善するためには、生活習慣の改善が必要といわれますが本当でしょうか?生活習慣の改善により、ジヒドロテストステロンは生成され難くなります。つまり、生活習慣の改善によりAGAによる抜け毛・薄毛を遅らせることができるのです。...

②睡眠の質を高め頭皮環境を改善

睡眠の質を高め頭皮を健康にする
睡眠時間が不規則になっていたり不十分な場合は要注意です。睡眠の質の低下は頭皮の皮脂が過剰に分泌される原因となります。頭皮の環境を整えるためには睡眠の質を高めることが大切です。

睡眠と髪の毛の成長には密接な関係があります。人間は睡眠時に成長ホルモンが最も多く分泌されます。成長ホルモンは身体のメンテナンスや内臓の修復・回復に作用する他にも、毛母細胞を活発化し髪の毛を再生・修復する役割を果たします。

特に、入眠後の3時間や睡眠のゴールデンタイムと呼ばれる夜10:00~朝2:00までの時間帯は成長ホルモンの分泌が増加します。意識して睡眠を取るようにしましょう。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
寝不足は薄毛の原因
睡眠不足と薄毛・ハゲの関係は?質の高い睡眠で抜け毛を予防!睡眠不足と抜け毛・薄毛の関係とは? 睡眠は人間の生命を維持するために必要不可欠な役割を果たしますが、睡眠不足と抜け毛・薄毛には...

③定期的な運動で頭皮環境を良好に保つ

定期的な運動で頭皮環境を良好に保つ

慢性的な運動不足は頭皮の新陳代謝を悪化させる上、心肺機能の低下は血流によって頭皮に運ばれる酸素の量や栄養分を減少させるため頭皮の環境が悪化してしまいます。

毎日30分程度、ウォーキング・ジョギング・サイクリング・水泳といった有酸素運動を行うことで血流が良くなる効果があります。血流を良くすることで、頭皮の毛細血管に栄養が行き渡ります。

また、体を動かすことにより体内の老廃物を外に出す効果(デトックス効果)も期待できるため、日々の生活に適度な運動を取り入れることをオススメします。

④ストレスを減らし頭皮環境を整える

ストレスを減らし頭皮環境を整える

ストレスは自律神経やホルモンバランスを乱す原因となり、その結果、頭皮環境が悪化して抜け毛や薄毛が進行してしまいます。

また、ストレスは睡眠障害・食欲減退・暴飲暴食といった髪の毛の生育に良くない様々な問題を引き起こします。

趣味に没頭したり適度に身体を動かしたりして、こまめにストレス発散を行いましょう。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
抜け毛や薄毛はストレスが原因?おすすめの解消法とハゲ予防法を解説
抜け毛や薄毛はストレスが原因?おすすめの解消法とハゲ予防法を解説「ストレスが多くて抜け毛が増えた気がする…。」最近、ストレスによる抜け毛や薄毛が気になっていませんか?ストレス社会とも呼ばれる現代では、抜け毛・薄毛の進行を早める最大の要因はストレスとまでいわれます。ストレスによる抜け毛の進行は正しい対策により防くことができます。ストレスと髪の毛の関係を理解し、抜け毛や薄毛を防ぎましょう。...

⑤頭皮の紫外線対策を行う

頭皮の紫外線対策を行う

紫外線は、頭皮の炎症や乾燥を引き起こし頭皮環境を悪化させます。紫外線による日焼けで赤くなった頭皮は乾燥しやすくなっていて、フケやかゆみといった様々な頭皮トラブルを招きます。

乾燥した頭皮は、頭皮を保護する役割をもつ皮脂が異常に少なくなっているため、外部からの刺激に対してデリケートな状態になっています。

過度に頭皮を紫外線にさらして日焼けしてしまうと炎症を引き起こし脱毛につながります。

外出時は以下の方法で頭皮の紫外線対策を行いましょう。

  1. 帽子で頭皮を紫外線から守る
  2. 紫外線カットのコンディショナーで予防
  3. UVヘアスプレーで頭皮を紫外線から守る
  4. 髪の毛の分け目を変えて頭皮を紫外線から守る
あわせて読みたい
頭皮の日焼けと抜け毛や薄毛
頭皮の日焼けは抜け毛・薄毛の原因?フケやかゆみの予防・ケア方法 人間の身体で最も紫外線を浴びているのは頭皮や髪の毛といわれます。日焼けは頭皮と髪の毛に大きなダメージを与えることを知って...

⑥正しい頭皮ケアを行う

正しい頭皮ケアを行う

体質的に「乾燥肌」や「脂性肌」でトラブルを抱えやすい人は頭皮の炎症を起こしやすい傾向にあります。

美容室でカラーやパーマをしている人も頭皮環境が悪化しやすくなります。パーマやカラーに用いられる薬剤によって頭皮に刺激が蓄積することで、頭皮の炎症が起きやすくなります。

乾燥肌・敏感肌タイプ:乾燥肌の症状がある人は、「アミノ酸系の弱酸性シャンプー」や「乾燥肌用」「敏感肌用」と記載されているシャンプーを選びましょう。頭部を刺激から守ってくれる皮脂や常在菌を適度に残してくれます。

乾燥肌
乾燥肌
冬になるとパラパラとしたフケがでる。頭皮が乾燥して突っ張た感じがする
頭皮が乾燥しやすい人は頭皮に潤いを保つためのヘアケアアイテムを使用してみましょう。「キュレル頭皮保湿ローション」はセラミド機能成分やユーカリエキスが配合されているため、頭皮の潤いを保つことができます。使い心地はさらっとしたローションタイプなので、ベタッとするのが苦手な人にはオススメです。

脂性肌タイプ:脂性肌の人は、過剰に分泌されている皮脂を落とす必要があるため、アミノ酸系シャンプーの中でも洗浄力が強いタイプを選びましょう。脂漏性皮膚炎の疑いがある場合は、真菌の一種であるマラセチア菌が繁殖して皮膚の炎症を起こしているため、抗真菌作用がある薬用シャンプーを使用します。

脂性肌
脂性肌
ちゃんとお風呂で頭を洗っているのに、ちょっと時間がたつと頭がベタつく

「スカルプDメディカルシャンプー」は、アミノ酸系シャンプーで抗真菌薬も入っているため脂性肌タイプの人にはオススメです。

かゆみがひどいようならば「ケトコナゾール配合シャンプー」を使用しましょう。ケトコナゾール配合シャンプーは市販では販売されていませんが薄毛治療専門のクリニックや皮膚科で処方してもらうことができます。

また、脂性肌の人は過剰な分泌を抑えるアイテムを使用してみましょう。「マンダム スカルプケアサプリ 頭皮さらさら化粧水」は、頭皮から分泌された皮脂が表面に浮き出るのを防ぎ、頭皮のベタつきを抑制してくれます。

脂性肌タイプの人は、洗浄力の強いシャンプーで過剰に皮脂を落としすぎているため、皮脂がさらに多く分泌されている可能性があります。一度、シャンプー方法を見直してみましょう。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
薬用シャンプーは薄毛に効果あり
薬用シャンプーで薄毛は治らない!発毛・育毛に効く本当の成分とは?「そもそも薬用シャンプーで抜け毛や薄毛は改善できるの?」薬用シャンプーは抜け毛や薄毛の治療よりも、頭皮トラブルの予防や改善が目的です。薬用シャンプーにどのような効果があるか分からず、どの薬用シャンプーを選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。そこで今回は、薬用シャンプーの効果と育毛・発毛成分についてご紹介します。...

⑦頭皮の皮膚炎は悪化する前に皮膚科で相談する

頭皮の皮膚炎は悪化する前に皮膚科で相談する

頭皮の炎症が気になる場合は、上記でお伝えしたことに加えて、医療機関(皮膚科)を受診することをオススメします。

特に、脂漏性(しろう性)皮膚炎やアレルギー性皮膚炎の疑いがある人は、育毛シャンプーや育毛剤でセルフケアするのは頭皮に刺激を伴う可能性があるため控えましょう。

市販薬では、新レスタミンコーワ軟膏(抗ヒスタミン外用薬)といった塗り薬もありますが、まずは医師と相談して処方してもらうことが大切です。市販薬は病院に行くまでの間に使用する程度に留めましょう。

脂漏性(しろう性)皮膚炎と診断された場合、外用抗真菌剤によるマラセチアの殺菌を行ったり、炎症やかゆみを鎮める内服薬の抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を処方してもらうといった方法が効果的です。また、ビタミンBは皮脂の分泌を抑制する働きがあるため、ビタミン剤を処方されることもあります。

脂漏性(しろう性)脱毛症の場合、原因となる脂漏性(しろう性)皮膚炎を治療することが大切です。

頭皮環境を正常に戻すことで毛根の炎症も改善され頭皮や髪の毛も健康な状態に戻り始めます。脂漏性(しろう性)皮膚炎の治療にかかる期間は4~6週間ほどが多いようです。

また、脂漏性(しろう性)皮膚炎は慢性化しやすい病気なので、医療機関に行くだけではなく、生活習慣の見直しも行う必要があります。

抜け毛や薄毛の原因はAGA(男性型脱毛症)の可能性

抜け毛や薄毛の原因はAGA(男性型脱毛症)の可能性
結局、抜け毛や薄毛の原因が頭皮の炎症かどうかは、どうすれば分かるの?
頭皮の炎症がハゲにつながることは理解できたけど、他の要因も考えられるんじゃないの?

あなたの抜け毛や薄毛の原因は、AGA(男性型脱毛症対策)かもしれません。

AGAは日本の成人男性の3人に1人が発症する病気で、思春期以降に前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛や薄毛が進行します。AGAを発症している人は日本国内では1200万人いるといわれます。また、抜け毛や薄毛で悩む人の90%はAGAが原因といわれています。

AGAクリニックの無料カウンセリング予約はこちら

前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)の抜け毛・薄毛が増える主な原因はAGA(男性型脱毛症)によるものです。

AGAは早期発見・早期解決により治せる症状です。AGA治療専門のクリニックに一度相談してみることをオススメします。

AGAによる抜け毛・薄毛は生活習慣やシャンプーを変えただけでは治すことが難しい疾患です。生活習慣の見直しと頭皮ケアは、抜け毛・薄毛を予防する上で必須の対策になりますが、併せてAGA治療を行うことをオススメしています。

AGA治療に効果のある内服薬や外用薬を継続して使うことにより、目に見えて抜け毛・薄毛の症状に変化が出ます。個人差はありますが、半年程で抜け毛や薄毛に明らかな回復が見られるケースがあります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
頭頂部の抜け毛・薄毛はAGA
頭頂部の抜け毛・薄毛はAGA?男性型脱毛症の特徴と治療薬まとめ頭頂部(つむじ)の抜け毛・薄毛が増えてきた こういった頭頂部(つむじ)の変化がきっかけとなり、抜け毛や薄毛を心...

【まとめ】頭皮の炎症と抜け毛や薄毛の関係

頭皮の炎症と抜け毛や薄毛の関係まとめ

今回の記事でお伝えしたことを参考に、しっかりと対策を行えば頭皮環境の改善を目指せます。しかし、間違った自己判断で不適切なケアを行なっていると、頭皮の炎症や抜け毛を悪化させてしまうかもしれません。

特に、慢性化しやすい脂漏性(しろう性)皮膚炎やアレルギー性皮膚炎は自分で完治させるのは難しいので医療機関に相談しましょう。

抜け毛や薄毛の原因が頭皮の炎症によるものか、AGAによるものかは自分では判断が難しいため専門のクリニックで無料相談されることをオススメします。

AGAクリニックでは専門の医師が、あなたの頭皮を確認して髪の毛の悩みに答えてくれます。きっと頭皮や髪の毛に関する不安が解消されるはずですよ。

AGAクリニックの無料カウンセリング予約はこちら

要点まとめ
  1. 頭皮の色をチェック。健康な頭皮は青白く透明感がある。
  2. 頭皮の毛穴は汗や皮脂が多く分泌され皮脂が詰まりやすい。
  3. 頭皮は繊細なため生活習慣の乱れによる頭皮トラブルに注意。
  4. 皮膚炎の症状があれば悪化する前に皮膚科を受診する。
  5. 抜け毛の原因が分からない場合はAGAクリニックに相談する。
【AGA治療おすすめクリニック】
AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック

【発毛実感率99.4%!全国51院(最寄駅3分以内)】AGAスキンクリニックはAGA治療・発毛専門に特化したクリニックです。全国に51院を展開する最大手のクリニックであり、治療実績や症例が豊富にあります。GACKTさんや篠崎愛さんを起用したTVコマーシャル、雑誌や電車内の広告でも知名度は抜群!月3400円から始められるリーズナブルな価格も人気です。

評価(星5個中)
オススメ理由① 発毛実感率99.4%という確かな実績
オススメ理由② 全国で発毛専門院を51院展開!すべて最寄り駅から徒歩3分
オススメ理由③ 最安値に挑戦!月3,400円(税抜き)から始める薄毛治療

詳細ページ公式ページ