薄毛のコラム

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!

体毛が濃い(毛深い)人は、薄毛(ハゲ)になりやすいという噂を聞いたことがありませんか?

腕毛や胸毛が濃いとハゲ(薄毛)が進行しやすいって本当?
体毛が濃い(毛深い)と抜け毛や薄毛が進行すると考えている人も多いですよね。結論からいえば、体毛が濃い(毛深い)=薄毛(ハゲ)というわけではありません。

そこで今回は、体毛が濃い(毛深い)=薄毛(ハゲ)につながるのか徹底調査しました。体毛が濃い(毛深い)人は、是非ご覧になってくださいね。

【結論】体毛が濃い(毛深い)=薄毛(ハゲ)ではない

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!
毛深い(すね毛やヒゲが濃い)人は将来ハゲるって本当?
まず最初に結論をお伝えすると、体毛が濃い(毛深い)からといって必ずしも薄毛(ハゲ)が進行するわけではありません。

体毛が濃い人はハゲ(薄毛)といわれる理由

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!

体毛が濃い(毛深い)人は、薄毛(ハゲ)になると噂される主な理由には、男性ホルモン「テストステロン」の分泌量が関係しています。

しかし、抜け毛や薄毛の原因には男性ホルモン「テストステロン」と結合する「酵素」の働きが深く関係しています。

男性ホルモン「テストステロン」の分泌量が多いと体毛が濃くなることは真実です。しかし、抜け毛や薄毛の要因には「酵素」の働きが深く関係しています。そのため、男性ホルモンの分泌量が多いから、必ずしも薄毛(ハゲ)になりやすいというわけではありません。
▼無料カウンセリング予約はこちら▼

AGAスキンクリニック公式サイト

抜け毛や薄毛の本当の原因と発毛実感率99%以上の対策方法に興味がある人はこちらの記事もご覧ください。 【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

抜け毛や薄毛の進行には、男性ホルモン「テストステロン」と結合する「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素の働きが深く関係しています。

男性ホルモン「テストステロン」の分泌量が多いだけでは抜け毛や薄毛は進行しません。そのため、体毛が濃い(毛深い)=ハゲ(薄毛)というわけではありません。

体毛(腕毛や胸毛など)と髪の毛の違いとは

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!
体毛と薄毛(ハゲ)の関係を理解するためには、体毛と髪の毛の違いを知る必要があります。体毛と髪の毛の違いには、主にヘアサイクルとホルモンが関係しています。

体毛と髪の毛のヘアサイクルの違いとは

体毛と髪の毛ではホルモンによる働きが異なります。そのため、ヘアサイクル(毛周期)と呼ばれる毛の寿命が違います。

髪の毛のヘアサイクルでは、成長期に2~6年程かけて成長します。体毛(すね毛やヒゲなど)は髪の毛と異なり、ヘアサイクルが短いため長く伸びません。
髪の毛のヘアサイクル

髪の毛の場合、通常のヘアサイクル(毛周期)は成長期(4~6年)→ 退行期(2~3週間)→ 休止期(数ヶ月)で構成されています。

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!
  • 成長期は4~6年で、髪の毛が成長します。
  • 退行期は2~3週間で、髪の毛の成長が止まります。
  • 休止期は数ヶ月で、新しく生まれた髪の毛に押し出されて抜け落ちます。

体毛と髪の毛では影響を与えるホルモンが異なる

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!

体毛は男性ホルモンの働きにより毛が濃くなり、髪の毛は女性ホルモンの働きにより長く伸びます。

すね毛やヒゲなどの体毛が濃くなる要因には、男性ホルモン「テストステロン」の働きが関係しています。一方、髪の毛が伸びる要因には女性ホルモンであるエストロゲンの働きが関係しています。
  • 体毛が伸びるのは、男性ホルモン「テストステロン」の働きが関係している。
  • 髪の毛が伸びるのは、女性ホルモン「エストロゲン」の働きが関係している。

側頭部や後頭部の髪の毛は男性ホルモンの影響を受けやすい傾向にあります。一方、前頭部(生え際)や頭頂部(つむじ)付近は、女性ホルモン「エストロゲン」の影響を受けやすくなります。

エストロゲンには、髪の毛の成長を促したり、髪の毛の成長期間を持続させる働きがあります。

男性ホルモンは2種類!それぞれの働きとは

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!

体毛が濃いと将来必ずはげるのですか?
胸毛などは生えてないし極端ってわけじゃないですけど標準からしたら濃いというか多い方です。でも体毛もじゃもじゃでもふさふさの人もいるじゃないですか。
遺伝的にも全く心配ないのですがこの情報をききまだ若いのに不安です。

出典:Yahoo!知恵袋

男性ホルモンには2種類あることを知っていますか?体毛を濃くする男性ホルモンと、ハゲ(薄毛)を進行する男性ホルモンは異なるのです。

体毛と薄毛の関係については2種類の男性ホルモンの働きが深く関係しています。体毛を濃くする原因には、主に男性ホルモン「テストステロン」の働きが関係しています。一方、薄毛が進行する原因には、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の働きが関係しています。

体毛が濃くなるのは、男性ホルモン「テストステロン」の働き。一方、抜け毛や薄毛が進行するのは、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の働きが関係している。

テストステロンはジヒドロテストステロンに変化する!

体毛が濃い(毛深い)人はハゲる(薄毛)という噂は、全くのデタラメというわけではありません。

なぜなら、男性ホルモン「テストステロン」は酵素と結びつくことにより、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」に変化するからです。

そのため、体毛が濃い人(男性ホルモンの分泌量が多い人)は、体毛が濃くない人(男性ホルモンの分泌量が少ない人)に比べて、薄毛(ハゲ)につながるリスクが高いといわれます。

体毛が濃い(毛深い)人は、男性ホルモンの分泌量が多い傾向にあります。そのため、体毛が薄い人と比較して抜け毛や薄毛につながる可能性が高まります。

薄毛の人は性欲が強いって本当?抜け毛・ハゲとエロの関係性とは
【オナニーではげる?】抜け毛・薄毛(ハゲ)と性欲の関係を徹底調査!ハゲの人は性欲が強いイメージがありますよね。「性欲が強い=ハゲやすい」と思っていませんか?結論から述べると、性欲が強いからハゲるという科学的根拠はありません。そのため、オナニーやセックス(射精)の回数が原因で抜け毛や薄毛が進行することは直接的には無いといえます。...

体毛が濃くなり薄毛が気になり始めた人は要注意?

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!
最近、ヒゲや体毛が濃くなってきたし、薄毛(ハゲ)も気になり始めてきた…。
20代〜30代にかけて、ヒゲや体毛が濃くなり始めると同時に、抜け毛や薄毛が気になり出す人は多くいます。こういった場合には、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成が増えている可能性があります。
抜け毛や薄毛が進行する原因は?

抜け毛や薄毛が進行する理由には、頭皮の血行不良、頭皮の皮脂汚れ、頭皮の乾燥など様々あります。

しかし、抜け毛や薄毛で悩む人の原因で最も多いのはAGA(男性型脱毛症)です。AGA(男性型脱毛症)は、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」により抜け毛や薄毛が進行する病気です。

AGA(男性型脱毛症)は痛みや痒みなどを伴わないため気付きにくい病気でもあります。また、AGA(男性型脱毛症)は進行性の病気であるため、放置していると抜け毛や薄毛が進行してしまいます。

毛深いとハゲる?ハミルトンによる実験とは

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!

抜け毛や薄毛に悩む人は女性よりも男性の方が圧倒的に多いですよね。そこで、アメリカのJ・B・ハミルトン氏は、「抜け毛や薄毛の原因には男性ホルモンの分泌が関係しているのではないか?」という仮説を立てて実験を行いました。

実験の内容を要約すると以下のようになります。
ハミルトンの実験(1942年)
  1. 男性ホルモンをつくる睾丸を摘出する
  2. 睾丸を摘出した前と後で、抜け毛や薄毛の進行状況を確認
  3. 睾丸を摘出した場合、抜け毛や薄毛の進行が止まった
  4. 睾丸を摘出して抜け毛や薄毛の進行が止まったのを確認した後、男性ホルモンを注射したところ再び抜け毛や薄毛が進行し始めた。
  5. 元々、抜け毛や薄毛が進行していない人は、睾丸を摘出した後に男性ホルモンを注射されても抜け毛や薄毛が進行することはなかった。
実験のプロセス 元々、薄毛が進行していた人 薄毛が進行していなかった人
睾丸摘出後 薄毛の進行が止まる 薄毛は進行しない
睾丸摘出後に男性ホルモンを注射 薄毛の進行が始まる 薄毛は進行しない

薄毛の要因「還元酵素5αリダクターゼ」に注目

ハミルトン氏が行なった実験では、抜け毛や薄毛が進行している人から睾丸を摘出した場合、抜け毛や薄毛の進行が止まったという実験結果が得られました。もちろん、抜け毛や薄毛が進行していない人は睾丸を摘出した後も、抜け毛や薄毛が進行することはありません。

しかし、睾丸摘出後に男性ホルモンを注射した場合は、両者の実験結果には大きな違いがあらわれました。
  • 抜け毛や薄毛が進行している人から、睾丸を摘出して抜け毛や薄毛の進行が止まったのを確認した後、男性ホルモンを注射したところ再び抜け毛や薄毛が進行し始めた。
  • 抜け毛や薄毛が進行していない人から、睾丸を摘出して抜け毛や薄毛の進行しないことを確認した後、男性ホルモンを注射しても抜け毛や薄毛が進行することはなかった。

「元々、薄毛が進行していた人」と「薄毛が進行していなかった人」では、睾丸摘出後に男性ホルモンを注射した場合の実験結果に大きな違いがあらわれました。

つまり、男性ホルモンだけでは、抜け毛や薄毛が進行しないという実験結果が出たのです。

AGA(男性型脱毛症)とは

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!

悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」により抜け毛や薄毛が進行する症状をAGA(男性型脱毛症)と呼びます。

AGAは進行性の病気です。AGAによる抜け毛・薄毛の特徴として、ヘアサイクル(毛周期)が非常に短くなります。AGAの症状が見られる人の場合は、髪の毛の成長期が数カ月〜1年程と非常に短く、十分に育たないまま抜け落ちてしまいます。
▼無料カウンセリング予約はこちら▼

AGAスキンクリニック公式サイト

抜け毛や薄毛の本当の原因と発毛実感率99%以上の対策方法に興味がある人はこちらの記事もご覧ください。 【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

  • AGA(男性型脱毛症)は、成人男性の3人に1人が発症しています。
  • AGA(男性型脱毛症)は、日本で約1200万人が発症している進行性の病気です。
  • AGA(男性型脱毛症)は、抜け毛や薄毛で悩む成人男性の約90%が発症している病気です。

AGA(男性型脱毛症)による薄毛のメカニズム

AGA(男性型脱毛症)により、髪の毛の抜け毛や薄毛が進行するメカニズムは以下のようになります。
脱毛のメカニズム
  1. 男性ホルモン「テストステロン」と還元酵素「5αリダクターゼ」が結合
  2. 悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化
  3. 悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」と受容体「アンドロゲンレセプター」が結合
  4. 脱毛因子「TGF-β」が増加
  5. 脱毛因子「TGF-β」が髪の毛のタンパク合成を阻害
  6. 通常のヘアサイクルよりも短い段階で髪の毛が脱毛
  7. 薄毛が目立つようになる

AGAの症状が見られる人は、髪の毛の成長期が短く十分に成長していません。そのため、ハリやコシがなく、細くて短い髪の毛が多くなります。

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!

本来なら2年〜6年程かけて成長するはずの髪の毛が、数ヶ月から1年程で抜けてしまうために、ハリやコシがなく、細くて短い髪の毛になってしまいます。

還元酵素5αリダクターゼの働きとは

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!

体毛が濃い人は、ハゲやすいといわれる理由には、男性ホルモン「テストステロン」が関係しているといわれますが、それだけが原因で抜け毛や薄毛が進行するわけではありません。

抜け毛や薄毛が進行する理由には、男性ホルモン「テストステロン」と結びつく還元酵素「5αリダクターゼ」の働きが関係しています。

酵素の働きで悪玉の男性ホルモンに変化

5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素は、毛乳頭や皮脂線に存在する酵素です。還元酵素「5αリダクターゼ」は、男性ホルモン「テストステロン」と結合することにより、悪玉の男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化します。

体毛が濃い(毛深い)人でも、髪の毛がフサフサな人はいますよね。それは、男性ホルモン「テストステロン」と結びつく還元酵素「5αリダクターゼ」の活性の高さや受容体(レセプター)の感受性が関係しています。

悪玉男性ホルモンが髪の毛の脱毛の原因

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!

AGA(男性型脱毛症)による抜け毛や薄毛の症状は、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の働きが深く関係しています。

通常のヘアサイクルの場合、髪の毛の成長期は2~6年あるのに対して、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の働きによりヘアサイクルが乱れてしまうと成長期は数ヶ月程度という短い期間で退行期へ移ってしまうようになります。そのため、薄毛が目立つようになります。

悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!

悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」は、毛乳頭にあるアンドロゲンレセプターと結合することにより、髪の毛の脱毛につながる脱毛因子(TGF-β)を生成します。

脱毛因子(TGF-β)は、毛母細胞が細胞分裂をする際に起きるタンパク合成を阻害します。そのため、毛母細胞の細胞分裂が行われなくなり、通常のヘアサイクルよりも短い期間で髪の毛が抜け落ちてしまいます。ヘアサイクルの乱れが続くことにより薄毛が目立ち始めるようになります。

ジヒドロテストステロン(DHT)
  • 悪玉の男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)は脱毛ホルモンとも呼ばれる。
  • ジヒドロテストステロン(DHT)はレセプターと結合することで、脱毛因子「TGβ−1」を生成する。
  • AGA(男性型脱毛症)の原因はジヒドロテストステロン(DHT)の働きが関係している。

脱毛因子「TGF-β」が発毛を阻害

生成された悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」は、毛乳頭にあるアンドロゲンレセプターと結合することにより、髪の毛の脱毛につながる脱毛因子「TGF-β」を生成します。

脱毛因子「TGF-β」は、毛母細胞が細胞分裂をする際に起きるタンパク合成を阻害します。

そのため、毛母細胞の細胞分裂が行われなくなり、通常のヘアサイクルよりも短い期間で髪の毛が抜け落ちてしまいます。

ヘアサイクルの乱れが続くことにより薄毛が目立ち始めるようになります。

遺伝で決まる?還元酵素の活性とレセプターの感受性

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!

抜け毛や薄毛の原因には、還元酵素5αリダクターゼの活性と、受容体(レセプター)の感受性の高さが関係しています。

抜け毛や薄毛の原因とされる還元酵素5αリダクターゼの活性の高さと、受容体(レセプター)の感受性は遺伝により大部分が決定すると考えられています。

母親からデンセイホルモン受容遺伝子と呼ばれる遺伝子を受継いでいたり、還元酵素5αリダクターゼを活性化させる遺伝子を受継いでいる場合、抜け毛や薄毛が進行する可能性が高くなります。

還元酵素5αリダクターゼの活性の高さを決定する遺伝子は優性遺伝で両親から受け継がれます。また、受容体(レセプター)の感受性については母親から受け継がれます。そのため、母親の父親(祖父)が薄毛である場合は、母親の子供も薄毛になりやすいと考えられています。

母型の父親(祖父)が薄毛であるか確認することで自分が薄毛になりやすいか判断する指標になります。

しかし、母型の父親(祖父)が薄毛であるから確実に薄毛になるわけではありません。あくまでも要因があるということであり、必ずしも薄毛になるとは限りません。

抜け毛や薄毛の進行を抑制する方法

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!

抜け毛や薄毛の対策には、男性ホルモン「テストステロン」や悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制することが大切です。

テストステロンやジヒドロテストステロンの生成を抑制するための対策方法をご紹介しますので是非ご覧になってください。

①生活習慣の改善

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!

生活習慣の見直しは抜け毛や薄毛の進行を抑制する上で必須の取り組みになります。特に、食生活の改善は取り組みやすい上、効果も期待できるためオススメです。

食べ過ぎやアルコールの過剰な摂取は抜け毛や薄毛を進行させる原因になるため注意が必要です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

AGAと生活習慣の関係
生活習慣の改善でAGA予防!抜け毛・薄毛を減らす対策方法生活習慣の改善でAGAによる抜け毛や薄毛が改善することが出来れば嬉しいですよね。AGAによる抜け毛・薄毛を改善するためには、生活習慣の改善が必要といわれますが本当でしょうか?生活習慣の改善により、ジヒドロテストステロンは生成され難くなります。つまり、生活習慣の改善によりAGAによる抜け毛・薄毛を遅らせることができるのです。...
抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは
抜け毛・薄毛に効く果物まとめ!バナナやキウイの育毛・発毛効果とは「果物は抜け毛・薄毛対策に効果がある」という話を聞いたことがありませんか?果物に含まれる成分には、抜け毛や薄毛を予防して育毛・発毛促進に効果が期待できる成分が豊富に含まれています。そこで今回は、抜け毛や薄毛の予防・改善に効果が期待できる果物をまとめてご紹介します。...
食べ過ぎ(過食)は抜け毛・薄毛の原因?食事と抜け毛の関係とは
食べ過ぎ(過食)は抜け毛・薄毛の原因?食事と抜け毛の関係とは「食べ過ぎ(過食)はハゲるって本当?」結論から述べると、抜け毛や薄毛の直接的な原因は食べ過ぎ(過食)ではなくAGA(男性型脱毛症)が原因である可能性が高いです。成人男性の抜け毛や薄毛の悩みに関する約90%はAGA(男性型脱毛症)が原因です。 ...

②睡眠の質を高める

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!

睡眠の質を高めることは抜け毛や薄毛の進行を抑制するために必要です。

特に、睡眠のゴールデンタイムと呼ばれるPM10:00~AM2:00までの時間帯に深い睡眠状態にあることが理想です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

寝不足は薄毛の原因
睡眠不足と薄毛・ハゲの関係は?質の高い睡眠で抜け毛を予防!睡眠不足と抜け毛・薄毛の関係とは? 睡眠は人間の生命を維持するために必要不可欠な役割を果たしますが、睡眠不足と抜け毛・薄毛には...
夜勤や夜更かしは抜け毛や薄毛の原因
夜勤や夜更かしは抜け毛・薄毛と関係アリ!ハゲ予防・改善方法とは 夜勤や交代勤務をしている人の中には、抜け毛や薄毛で悩む人が多くいます。それは、夜勤や交代勤務による生活リズムの乱れが、抜け毛や薄...

③過度なストレスを避ける

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!

過度なストレスは、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を増加させる原因になります。

ストレス社会と呼ばれますが、適度にストレスを発散して抜け毛や薄毛を予防しましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ストレスと抜け毛や薄毛の関係!ハゲを予防・改善する方法を徹底解説
【ストレスと抜け毛や薄毛の関係】ハゲを予防・改善する方法を徹底解説 最近、ストレスによる抜け毛や薄毛が気になっていませんか?ストレス社会とも呼ばれる現代では、仕事、人間関係、家事、育児など...
ハゲが原因で鬱病
薄毛・はげを治して鬱(うつ)解消!抜け毛の原因と治療方法を解説!「鬱(うつ)病になると、抜け毛や薄毛が進行するって本当?」鬱(うつ)病と抜け毛・薄毛が関係している理由は、共通する要因が多く存在していることが挙げられます。特に、鬱病が抜け毛・薄毛の進行を早める主な要因はストレスとの関係にあります。...

④サプリの服用で脱毛を抑制

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!

ノコギリヤシとイソフラボンには、男性ホルモンと還元酵素5αリダクターゼの結合を抑制する働きがあるとされます。

まだ抜け毛や薄毛が進行してなく、頭皮ケアや抜け毛・薄毛予防を目的にするのであれば、サプリメントを摂取することもオススメです。

チャップアップサプリの公式サイトはこちら

次にご紹介する医薬品と比べると期待できる効果は少ないですが、サプリなので医師による処方や副作用の心配がなく手軽に始めることができます。

⑤医薬品の服用で脱毛を抑制

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!

男性ホルモンの分泌を抑制することは大切ですが、男性ホルモンと還元酵素5αリダクターゼの結合を抑制することが最も重要です。

そのためには、医薬品「フィナステリド」あるいは「デュタステリド」を服用します。医薬品はAGAクリニックで処方してもらうことができます。当サイトではAGAスキンクリニックをオススメしています。

詳細ページはこちら公式サイトはこちら

「フィナステリド」や「デュタステリド」は、AGA(男性型脱毛症)の治療に用いられる治療薬で、男性ホルモン「テストステロン」と還元酵素「5αリダクターゼ」の結合を抑制する働きがあります。

【まとめ】体毛の濃さと薄毛の関係

体毛(腕毛・胸毛)が濃い人は薄毛になる?毛深いとハゲるか徹底調査!

体毛が濃くなる要因や薄毛が進行する要因には、2種類の男性ホルモン「テストステロン」と「ジヒドロテストステロン」の働きが関係しています。

したがって、体毛が濃い(毛深い)から必ずしも薄毛(ハゲ)が進行するわけではありません。

悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」や脱毛因子「TGF-β」を生成する要因には、還元酵素「5αリダクターゼ」の活性や受容体(アンドロゲンレセプター)の感受性の高さが関わっています。

そのため、男性ホルモン「テストステロン」が多いだけで抜け毛や薄毛が進行するとは断定できないのです。

ただし、生活習慣(過剰なアルコールの摂取や喫煙など)や過度なストレスが要因となり、男性ホルモン「テストステロン」は悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」に変化すると考えられています。

そのため、毛深い人(男性ホルモンの分泌量が多い人)は、毛深くない人(男性ホルモンの分泌量が少ない人)に比べて、潜在的なリスクが高いため抜け毛や薄毛に注意する必要があると言えます。

一方、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」により抜け毛や薄毛が進行する症状はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる進行性の病気です。

  • AGA(男性型脱毛症)は、成人男性の3人に1人が発症しています。
  • AGA(男性型脱毛症)は、日本で約1200万人が発症している進行性の病気です。
  • AGA(男性型脱毛症)は、抜け毛や薄毛で悩む成人男性の約90%が発症している病気です。

AGA(男性型脱毛症)は早期発見・早期解決により治せる病気です。抜け毛や薄毛で悩まれている人は、AGAクリニックで相談されることをオススメします。

AGAクリニックでは無料カウンセリングを行なっており、専門の医師やカウンセラーがあなたの頭皮の状態をしっかりと確認した上で抜け毛や薄毛の悩みに応えてくれます。抜け毛や薄毛の原因が分かれば、きっと不安が大きく解消されるはずですよ。
▼無料カウンセリング予約はこちら▼

AGAスキンクリニック公式サイト

抜け毛や薄毛の本当の原因と発毛実感率99%以上の対策方法に興味がある人はこちらの記事もご覧ください。 【薄毛・AGAの原因と対策】厳選オススメのクリニックを徹底解説!

要点まとめ
  1. 体毛が濃い(毛深い)=薄毛(ハゲ)ではない。
  2. 体毛が濃くなる主な要因は「テストステロン」。
  3. 薄毛が進行する主な要因は「ジヒドロテストステロン」。
  4. 還元酵素の活性や受容体の感受性は遺伝で決まる。
  5. 薄毛で悩む人は、まずはAGAクリニックで無料相談を。
【厳選!】おすすめAGAクリニック
AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック

発毛実感率99.4%!全国51院(最寄駅3分以内)】AGAスキンクリニックは、全国に51院を展開する最大手のクリニックであり、治療実績や症例が豊富にあります。
GACKTさんや篠崎愛さんを起用したTVコマーシャル、雑誌や電車内の広告でも知名度は抜群!月3400円から始められるリーズナブルな価格も人気です。

評価(星5個中)
オススメ理由① 発毛実感率99.4%という確かな治療実績
オススメ理由② 全国で発毛専門院を51院展開!すべて最寄り駅から徒歩3分
オススメ理由③ 最安値に挑戦!月3,400円(税抜き)から始める薄毛治療

詳細ページ公式ページ

ヘアメディカルグループ
ヘアメディカル

日本初の発毛治療専門の医療機関『ヘアメディカルグループ』には、19年間で薄毛・AGA190万人の治療実績があります。その豊富な治療実績から一人ひとりの症状に合わせた最新の頭髪治療を行なっています。
また、治療費が明確で高額なローンを組む必要がないのも魅力の一つです。

評価(星5つ)
オススメ理由① 【日本一の発毛治療実績】19年間で190万人の実績は業界NO.1
オススメ理由② 【安心の明朗会計】月32,000円(税別)以上掛からない
オススメ理由③ 【最寄駅徒歩5分以内】東京・名古屋・大阪・福岡の4つのクリニック

詳細ページ公式ページ

銀座総合美容クリニック
銀クリAGA.com(gincli-aga.com)

【単院では東京でNo.1の患者数を誇る人気・安心のクリニック】銀座総合美容クリニックは、関東近郊にお住いの方に最もオススメできるAGAクリニックです。
AGA治療専門のクリニックとして常に患者さんの目線に立った運営をされています。また、患者さんの負担を理解し安心して通える治療費設定を行なっている点も魅力の一つです。

評価(星5個中)
オススメ理由① 単院では東京でNo.1の患者数を誇る人気のクリニック
オススメ理由② スタッフや医師の対応が非常によいため相談・通院しやすい。
オススメ理由③ 患者さんの負担を理解した安心の治療費設定も魅力の一つ

詳細ページ公式ページ